人気ブログランキングに参加中


中韓との「歴史戦」終了

【預言】④中韓との「歴史戦」は日本の勝利で決着し、来年には話題にも上らなくなる

投稿日:

スポンサードリンク

f:id:fushimiakimasa:20160809192103j:plain

しかし、アメリカでは、最近【歴史学の大転換】が起きています。

スポンサーリンク

 

それは、

① 日本を開戦に追い込んだルーズベルトは狂人だ。
② 対日戦は無意味であり、大日本帝国を解体したのは失敗だった。

という【歴史観の大転換】で、知識層だけではなく、一般市民にも広がりつつあります。

 

理由は、ルーズベルト大統領の前任のハーバート・フーバー大統領が、戦後「同じ西側である日本を戦争に追い込んだルーズベルトは狂人だ」と発言し、回顧録にも詳細を書いたからです。

フーバー大統領回顧録は家族の反対もあって、長らく公開されませんでしたが、昨年やっと発行されました。まだ邦訳版が出てないのが残念です。

 

ある種戦後70年間の【アメリカの反省】でもあります。従って、今後中国がいくら、「南京大虐殺」を叫ぼうにも、アメリカは中国を相手にしないと思います。

それに、中国は最近ぶち上げたAIIB(アジアインフラ投資銀行)構想で、どうしても日本の資金力が必要なのです。安倍さんが訪米前のバンドン会議で、習近平主席と珍しく首脳会談を行いましたが、習近平からの強い要請で実現した首脳会談だったそうです。狙いはただ一つ日本のAIIBへの参加の要請です。麻生財務相を始め、日本政府は未だ渋っています。

要するに中国にとってはAIIB構想は、【日本という鯛】を釣り上げるための大きな仕掛けだったのです。

 

利にさとい中国人が、金にもならない「南京大虐殺」にいつまでもこだわるでしょうか?

私は、習近平は実利を取って、「歴史問題」を取り下げて、日本のAIIB参加を執拗に誘ってくると思います。

 

結論としては、「歴史戦」は今回の訪米ですでに決着したのです。日本が圧勝して、来年には話題に上ることも無くなるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

こんな記事も読まれています

1

【在日特権を斬る】何故、在日を強制送還できないのか?根拠となる、1991年日韓覚書と売国政治屋 写真は売国政治屋の中山太郎 読者の方から、「犯罪を起こした在日韓国人は韓国に強制送還できないのですか?」 ...

2

ネット界の仁義なき戦い、余命三年時事日記との抗争 ※2016年03月より半年以上にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。   2012年 08月 『余命三年時 ...

3

2015年4月1日   皆さんお元気ですか? 今日は、雅子の男性遍歴②です。 その相手は2003年にイラク戦争のさなか、非業の死を遂げた外務省奥克彦参事官です。 英紙はすかさず、「犯人は不明 ...

-中韓との「歴史戦」終了

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.