人気ブログランキングに参加しています。


【英国王室の物語①】(前)「王冠を捨てた恋」の真相、エドワード8世

  スポンサードリンク  

故ダイアナ妃の物語に続いて、個性的な英国王室の人々を短い企画ですが、スポット的に取り上げたいと思います。

イギリス史の本を読むと、良い意味でも悪い意味でも非常に「個性的な王様」「女王様」が多く、楽しく読めます。

俗にいう「キャラが立つ」人が多いのです。「無個性」で存在感の希薄な王様は少ないです。

日本人の「英国史」を専門とする大学教授の書いた、啓蒙的な新書の類を読めば、面白すぎて、時間を忘れてしまいます。

機会が有れば、歴史に登場する、個性派の王様を「列伝的」に四柱推命で、斬ってみたいと思います。

★今回は、イギリス史に興味の無い人でも、一度は耳にしたことが有る、20世紀の有名な王様を何人か取り上げます。

 

エドワード8世 離婚歴のあるアメリカ人女性と結婚するためにたった在位325日で、退位したイギリス王、未戴冠

 

20世紀の1936年12月11日、世界を震撼させるBBCのラジオ放送が流れました。

国王エドワード8世

「私が次に述べることを信じてほしい。愛する女性の助けと支え無しには、自分が望むように重責を担い、国王としての義務を果たすことが出来ないということを。」

表面的に、受け取ると、奇麗でカッコイイ科白ですね。

エドワード8世(以下エドワード)は初婚でしたが、いわゆる「×2」のアメリカ女性と交際していました。

★ややこしい、イギリス国内法は、避けますが、要するに、もし、エドワードが結婚していたら、自動的に王妃になっていた可能性があります。このアメリカ人女性のウォリス・シンプソン(以下シンプソン)なる女性は、「王妃になる法的条件」を決定的に欠いていたのみならず、出自も含め、あらゆる要因が最悪でした。

「王たちのSEX」の著者でアメリカ人歴史学者のエレノア・ハーマンは、同国人のシンプソンの事を切り捨てるように書いています。

「成り上がり者」「スコップのような顔」等々、容赦ないですね(笑)

確かに修正したであろう新婚時の写真を見ても、逆立ちしても美人とは言えません。最も若い初婚の時の写真も、コメントは控えたいレベルです。

 

★法的に結婚は不可能で、国民も納得しない結婚を強行するまでに、すったもんだが有りました。

エドワード「シンプソンと結婚できないなら、私は国王を辞める(怒)」

ボールドウィン首相「議会が納得しません。(内心)ふざけるんじゃないよ」

エドワード、ノイローゼ状態になる。

チャーチル海軍相「あのかたは、御病気なので、退位させてあげてください」

 

★結局、英国議会は、エドワードの退位を認める「特別法」まで制定して、退位とシンプソンとの結婚を認めました。

どこかにそっくりな人がいましたね。「憲法違反の「生前退位」」を強行した人が、もう話題にするのもいやですがそうです「極東の経済大国」の皇帝(英語ではエンペラーです)のあの人です。

日本でもそうですが、この事件も報道するマスコミの思想的立ち位置によって、両極端に別れました。

①王冠を賭けた恋
②王冠を捨てた恋

恐らく①は左翼系のメディア・・・「王」の地位を捨ててまで、「愛」をとった人間味あふれる王族

はおそらく、保守系、英国国教会の祭祀長の責任を放棄した「無責任な王」と言う暗喩が含まれていると思います。
イギリスの立派なところは、「退位の特別法」が成立し、「退位宣言」をラジオで行った翌日にエドワードを国外追放したことです

「放送終了後に、王族達と最後の食事を摂った「元国王」のエドワードは、日付が変わった12月12日深夜にポーツマスの軍港から出航し、イギリスを去った。」

★私は、事実上の「追放」だと思います。立憲君主制、議院内閣制度を堅持する、大英帝国の吟持だと思います。

 

スポンサードリンク




 

当時の世界情勢;迫りくる第2次世界大戦の足音

ドイツでは、ヒトラーがナチス党の総統として、全権を握り、「再軍備宣言」。そして、「非武装地帯」とされていたラインラントに進駐します。

国際連盟が何も言わなかったために、ヒトラーのドイツ国内での威信は更に上がりました。

一方、大英帝国は、第一次大戦で、「ドイツ第二帝国」=ヴイルヘルム2世のチャレンジを受け、新興大国アメリカの参戦でやっと勝利したものの、国富を消尽し、大きなダメージを受けました。そこに復活した「ドイツ第三帝国」=ヒトラー、ナチスドイツが再びチャレンジャーの「意思」を隠そうともしなくなっていました。

★要するに、「国際情勢」は風雲急を告げていたのです。

私がボールドウィン首相の本音を推測すると、

「あなた、今、イギリスをめぐる国際情勢がどんな状況か知っているのですか?あなたが今、退位することは、王室に対する国民の信用を失墜させますよ」

と言いたかったのだろうと思います。

 

エドワード8世の退位は、「英国の王室制度」を弱体化させた

★大戦後、イギリス労働党の幹部がいみじくも言っています。

「エドワード8世の退位は、英国王室の背骨にひびを入れた」と。

 

 

父王ジョージ5世の遺言

エドワードが即位する一年前、父王、ジョージ5世が、いみじくも言っています。

「私が死ねば、エドワードは一年以内に破滅するだろう。私が望むことは、エドワードが結婚せず、後継ぎももうけずバーティー(ジョージ6世)とリリベット(エリザベス2世)の王冠にヒビが入らないことだ。」でした。

★要するに、長男の性格や資質を熟知して、「廃太子」を望んでいたことでした。

 

エドワード8世の人となり

★超美男子だが、「のり」がよく「ちゃらい」責任感の無い人。

写真を拝見すると、「超美男子」です。昭和天皇が父王ジョージ5世の戴冠式に出席した答礼として、皇太子時代に来日しています。

来日時の写真を見ると、のりにのって「飛脚」の格好で法被を着たり、鹿児島の島津家を訪問したときは鎧を着て、侍の格好までしています。

幼少時は勉強ができず、特に「数学」が苦手で、いつも補習を受けさせられて、その辛さから、祖父のエドワード7世のところでよく泣いていたそうです。

また、海軍に入れば苛めにあったりと、気の毒な面もありました。

それでは、命式を見ていきましょう。

続きます。

人気ブログランキングに参加しています。


 
スポンサードリンク  
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。