人気ブログランキングに参加中


・鑑定 平成・大相撲大動乱 要人の鑑定

【平成大相撲大動乱】⑧ 被害者貴ノ岩、精神的後遺症PTSDが心配

投稿日:

スポンサードリンク

それでは、例の暴行事件の当事者達の命式を見ていきましょう。

先ず、被害者の貴ノ岩です。

《貴ノ岩、人となりーWikiより抜粋》

モンゴル国ウランバートル市出身で貴乃花部屋所属の現役大相撲力士。本名はアディヤギーン・バーサンドルジ。身長181cm、体重148kg、血液型はO型、

趣味はカラオケ、ビリヤード。好物はしゃぶしゃぶ、エビ。最高位は西前頭2枚目(2017年3月場所)。

鳥取城北高校の監督がモンゴルで行った選抜テストに合格し、16歳で日本に相撲留学した。8歳で母を心臓病、来日してから3カ月後に父を肝臓癌で失う

という不幸があったが、2007年の国体少年個人でベスト4、2008年の世界ジュニア選手権で準優勝した。石浦外喜義監督によると「真面目な努力家」であったという。

当時の鳥取城北高校は毎年、貴乃花部屋で合宿をしていたため、この頃から貴乃花部屋とは縁があったと言える。

2008年11月、少年時代に憧れだった貴乃花が師匠の貴乃花部屋へ入門した

 

モンゴル時代から日本の大相撲をTVで見て、横綱貴乃花の熱心なファンだったそうです。

部屋創設以来、「外人力士」は採らない方針だった、貴乃花親方が、方針を転換して、初めて入門させた外人力士です。

「まじめな努力家」という評判に加え、両親を亡くしていた境遇に、貴乃花が同情し、「この子の日本のお父さんになってあげよう」

とまで考えたそうです。「名力士の親方の部屋には、強い力士が出にくい」というジンクスがありました。

貴乃花部屋も例外にもれず、苦労していました。創設以来9年目で、初の関取となったのが、貴ノ岩です。

その時の記者会見の動画を見ると、親方の喜びようが尋常でないことがわかります。

★現役時代から「ガチンコ横綱」で通した、貴乃花親方は部屋の指導も「ガチンコ」で通し、特に貴ノ岩には、モンゴル力士との交際を禁じました。

そんな可愛い、弟子が、日頃から嫌っている白鵬たちに暴行を受けたので、親方は激怒して、協会を通さずに警察に被害届を出したのでしょう。

それでは、命式を見てみましょう。

 

スポンサードリンク




 

 

四柱推命鑑定 命式 貴ノ岩

1990年2月26日生まれ(27歳)

上 中 下  宿命星  蔵干 十二運  吉凶星

年柱 庚 午 丁 偏印 正財     胎  天徳貴人

月柱 戊 寅 甲 偏官 食神     病  文昌貴人 暗禄

日柱 壬 戌 戊    偏官 印綬  冠帯 華蓋

時柱 己 酉 辛 正官 印綬 偏印  沐浴

【子丑空亡】

 

四柱推命 総合鑑定 貴乃岩

ガチンコで人気関取になれるが、今回の暴行事件の精神的後遺症が心配。

十二運を見ると、総合的にみて、身旺とは言えないし月令も得ていませんが、日柱の十二運が壬戌―冠帯となっています。

★強い十二運は、帝旺、建禄、冠帯、長生ですが、子丑空亡の帝旺、建禄、冠帯は最強と見ます。

従って、貴ノ岩は、日柱の十二運は最強で、貴乃花部屋第一号の関取となったのもうなづけます。

★偏印と2個の偏官が二重に干合を形成しているので、両凶星の意味が薄れ思いがけぬ大発展をします。

食神と2個の偏官が二重のパワーラインを形成します。出世する気配が濃厚です。

今回の怪我が、相撲取りとしての、致命的なものでなければ、大関まで行くと思います。

 

★凶意をはらむ命式。

正官と偏官が命式中に共存するので、「官殺混合」が2組も成立します。

官殺混合が成立する命式に、偏印のある人は、人生に一度は凶行に遭う事が多いです。

 

★印星(偏印と印綬)が3個以上ある。

偏印と印綬がともに2個あるので、印星が3個以上あります。

このタイプの人は出世する人が多いのですが、行運(大運、年運、月運、日運)が印星になると、自分の意志と関係なく、運勢が悪いほうにハンドルを切られてしまいます。

暴行事件のあった27歳の大運は、22歳~32歳 辛巳―印綬―絶で、印星の大運です。

大運が印星でなければ、もっと早く関取になっていたでしょう。

暴行事件の日の運気を見てみましょう。

2017年 丁酉辛 正財 印綬・・・・羊刃

10月 庚戌戊 偏印 偏官・・・・羊刃

25日 乙酉辛 傷官 印綬・・・・羊刃

 

★年運、月運、日運全てに印星が巡ってきます。また同様に「殺気の星」の羊刃が巡ってきます。

また、年運の丁酉、日運の乙酉、の酉が、時柱の己酉の酉と二重に酉―酉の刑「けい」を形成します。事故に注意の暗示です。

25日、当日は、傷官の日で、けじめをつけられる日でした。

 

★白鵬達に用意周到にめぐらされた「リンチ計画」に搦めとられた気の毒な一日でした。

「白鵬に殺される!」という恐怖を感じた貴ノ岩が、回復後、思いPTSDにかからないか心配です。

また、最初の診断書に有った「頭蓋骨骨髄漏液」ですが、相撲取りは立ち合いで頭をぶつけあう商売なので、ビール瓶の底で殴られた、頭の怪我の状況が心配です。

貴ノ岩関が一日も早く、元気に、土俵に復活してくれることを祈ります。

 

以上

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

こんな記事も読まれています

1

【在日特権を斬る】何故、在日を強制送還できないのか?根拠となる、1991年日韓覚書と売国政治屋 写真は売国政治屋の中山太郎 読者の方から、「犯罪を起こした在日韓国人は韓国に強制送還できないのですか?」 ...

2

ネット界の仁義なき戦い、余命三年時事日記との抗争 ※2016年03月より半年以上にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。   2012年 08月 『余命三年時 ...

3

2015年4月1日   皆さんお元気ですか? 今日は、雅子の男性遍歴②です。 その相手は2003年にイラク戦争のさなか、非業の死を遂げた外務省奥克彦参事官です。 英紙はすかさず、「犯人は不明 ...

-・鑑定, 平成・大相撲大動乱, 要人の鑑定

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.