人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|平成大相撲大動乱|⑬3人目のモンゴル人横綱「人畜無害」な人格者、鶴竜の今後は?

  スポンサードリンク  

「貴ノ岩暴行事件」で、白鵬と並び、現場に同席した横綱として、1場所、無給となった横綱鶴竜です。

一方の白鵬は、「給料なしでやってられるか(怒)」とばかりに、因縁の相手、嘉風に負けると、あっさり休場しました。

ただ、鶴竜は、先場所まで、4場所連続休場なので、初場所は休めませんでした。「親方も進退をかける」と明言していました。

結果的に、優勝した栃ノ心に土をつけて、11勝4敗で終わったところで、「進退問題」は消えました。

https://www.youtube.com/watch?v=JIyxNu27L9c

来場所も、横綱で行けるでしょう。

 

例の暴行事件に連座した形となりましたが、私の推測ですが、この人は、「謀議」に加担していなかったと思います。

白鵬の「意」を受けた日馬富士あたりから、「お前も来い」と言われ、断り切れずに行ったのだと思います。

「同席者の証言」では、日馬富士が、貴ノ岩にひとしきり、暴行を加えた後、鶴竜に向かって「お前の躾け(しつけ)が悪いからこうなったんだ(怒)」と怒鳴られ、鶴竜は、「俺が悪かったから、もう許してやってくれ」と言って、狂乱の日馬富士を止めたそうです。

 

スポンサードリンク




 

《モンゴル力士としては異色のバックグラウンド》

旭鷲山に始まった「モンゴルの来襲」いらい、来日するモンゴル力士は、ほぼ例外なく、家庭は裕福ではありませんでした。

しかし、鶴竜は、父親が大学教授のインテリ階級の家庭でした。モンゴルの少年の家庭としては「裕福」な方でした。

家にNHKの大相撲を受信できるTVがあり、小さいころから、大相撲に憧れていたそうです。

モンゴル力士には「格闘家のDNA信仰」があり、以前、朝青龍が、相撲記者に向かって、未だ頭角を現していない白鵬について「あいつは横綱になるよ。だってあいつの親父は横綱だから」といった有名な話があります。

★モンゴルに伝統のある、そういった考えに「反発心」をもって、敢えて入門し、横綱までになった、鶴竜は立派だと思います。

 

《相撲の取り口は、オーソドックス》

朝青龍、白鵬、日馬富士らモンゴル力士に共通する、「荒々しさ」は感じられず、基本にオーソドックスで、顔だけ隠してみれば、

三役の日本人力士に見えます。不利になると「引き技」で墓穴を掘る悪い癖があるというのが共通の評価です。

 

《控えめな性格で感情を表に出すことが少なく穏やかで礼儀正しい》

育ちからくるものかもしれませんが、「人格者」のようですね。

「七福神のような顔と、実際の立ち合いでの激しさのギャップがたまらない」という「スー女」も多いようです。

それでは、命式を見てみましょう。

 

鶴竜の命式

1985年8月10日生まれ(32歳)

上 中 下  宿命星  蔵干   十二運  吉凶星

年柱 乙 丑 己 偏財 偏印      養

月柱 甲 申 庚 正財 劫財 偏印   帝旺   孤辰 亡神

日柱 辛 巳 丙    正官 印綬   死

時柱 戊 子 癸 印綬 食神      長生   天徳貴人 文昌貴人

【申酉空亡なので月柱が空亡している】

 

四柱推命 総合鑑定 横綱・鶴竜

命式の強さから見て、横綱になってもおかしくない力士。

月柱の申と日柱の巳が、支合を形成します。従って、月柱の空亡は解空します。

月柱の十二運に帝旺が来ています。文句なしの身旺です。

日柱の干支は、辛巳で、8月生まれの辛(小刀など小金属)です。立秋過ぎての、金属ですから、涼しさが始まり、引き締まる「旬」の季節です。

従って、月令を得ています。

白鵬のような「天才型」の力士ではありませんが、生まれつきの命式が強いので、稽古すればするほど強くなります。その結果が横綱です。

 

《印星が3個以上あるリスク》

偏印が2個、印綬が2個あります。印星が3個以上あります。印星の年運は、運気が悪いほうに人生のハンドルが切られてしまいます。

 

年運を見てみましょう。

2018年 戊戌 印綬

2019年 己亥 偏印

2020年 庚子 劫財

 

《引退が近い》

今年から向こう2年間、印星の年運です。怪我や休場が増えるでしょう。

特に、2019年は、己亥の亥と日柱の巳が、冲「ちゅう」を形成します。不吉です。そして、偏印の年運は悩みぬく年です。

この2年間の印星の年運を乗り越えたとしても、2020年は、劫財の年運で、疲れ切る一年です。

私は、遅くとも来年には引退せざるを得なくなるとみています。

★モンゴル横綱の「不祥事無し」の最初の引退となるでしょう。

 

彼の二十八宿は畢宿(ひつしゅく)です。

第一印象は、鈍そうに見えても、人格者で理想が高く「あく」が強くありません。

歴史上の人物では、天台宗の開祖の最澄上人がいます。

 

比較すると面白いのは、引退した日馬富士です。

彼の二十八宿は、亢宿(こうしゅく)でした。

レジスタンスの星で、歴史上の有名人物に、日蓮がいます。鎌倉幕府へのレジスタンスや、容赦ない多宗派批判で、非常に「あく」が強いです。

★鶴竜は、現在「帰化申請中」だそうですから、白鵬と距離を置けば、帰化の大前提となる「素行が善良なるもの」をクリアするので、引退後は、井筒部屋の部屋付き親方になれるでしょう。

ただ、「鳴門部屋」として独立した元大関琴欧州のように、部屋を構えるには、奥さんが、モンゴル人なので一抹の不安があります。

ちなみに、琴欧州の奥さん、鳴門部屋の女将は日本女性です。

以上

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

2 件のコメント

  • 伏見様 ガラケーでもブログがすんなりと読めるようになりました。
    過去の記事も読めて嬉しく思っております。
    このコメントも送れればガラケーでも何の問題もなくなりますね。ありがとうございました。
    ところで、霊感雑記帳で横綱の誕生日に大地震が起きたと書かれていますね。
    次は鶴竜の誕生日8月10日
    真面目で人格穏やかな鶴竜。何事もないのが一番ですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。