人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|王族|カンボジア国王ノロドム・シハモニ、苦労人、国民の声望厚く

  スポンサードリンク  

今回は現国王・ノロドム・シハモニ陛下を取り上げます。

父王の有名なシアヌーク殿下が波乱の人生を送ったように、彼もまた苦労人です。

 

シハヌーク殿下 wikiより抜粋

 

1922年10月31日誕生
カンボジア王族ノロドム・スラマリットとシソワット・コサマック妃の息子として、当時フランス領インドシナの一部であったカンボジアのプノンペンで誕生。

1941年即位

フランス領インドシナの一部であったベトナムのサイゴン(現ホーチミン市)に留学中であったが、祖父のシソワット・モニヴォン国王(コサマック妃の父)が崩御。

請われて帰国し、18歳で即位した。

 

【カンボジアの王家】

①ノロドム王(在位1840年 – 1904年)を祖とするノロドム家

②シソワット王(在位1904年 – 1927年、ノロドム王の弟)を祖とするシソワット家

分かれ、王位継承に当たって両家の間で争われた。

1941年当時カンボジアを含むフランス領インドシナの最高実力者であったフランス領インドシナ総督ジャン・ドゥクー(英語版)の裁定により、シハヌークの即位が決定。

・ハヌークがノロドム、シソワット両家の血筋を引いている(シハヌークは両国王の曾孫にあたる)

・若年のため宗主国フランスの意向に沿うだろうという思惑があったため。

 

スポンサードリンク




 

独立宣言 フランスの撤退と独立

※明号作戦:両手を挙げて日本軍降伏するハノイフランス軍(写真)

 

フランス本土からドイツ軍が放逐され、後ろ盾を失ったヴィシー政権が崩壊。

1945年3月13日 カンボジア独立

インドシナ半島に進駐していた日本軍によってフランス軍が駆逐され、インドシナ政府が解体。

シハヌークは、隣国ベトナム(保大帝)、ラオス(シーサワーンウォン)と相前後してカンボジアの独立を宣言。

 

同年、8月15日 再びフランスが介入

日本が第二次世界大戦に敗戦。

シハヌークは3月13日をカンボジアの独立の日としながらも、ベトミンの侵略を恐れて、一旦フランスの帰還を制限つきで認めた。

そしてアメリカ合衆国を始めとする諸外国を歴訪してカンボジアの現状と独立を国際世論に訴える戦法に出た。

その結果、1949年にフランス連合内での独立が認められたが、警察権・軍事権は依然としてフランスの手に握られていた。

これに満足しないシハヌークは離宮に籠もり、「完全に独立が達成されるまで首都・プノンペンには戻らない」と宣言。

国内でも都市部を中心に独立を求める反仏デモが大きく盛り上がった。

国王の強硬な姿勢に驚いた上に、第二次世界大戦で植民地を維持し続ける国力も失ったフランスは遂にカンボジアの完全独立を認め、

 

1953年11月9日、新生カンボジア王国の発足

新生「カンボジア王国」が発足した。

歓呼の声の中、プノンペンの王宮に凱旋したシハヌークは以後、「独立の父」として国民の尊敬を集めることとなった。

 

退位・政治家へ

 


1955年3月3日

独立運動を通じて自信を強めたシハヌークは退位。

父のノロドム・スラマリットが即位。

退位後のシハヌークは「殿下」の称号で呼ばれた。

 

同年4月7日

政治団体「社会主義人民共同体(サンクム・リアハ・ニヨム、通称サンクム)」を結成し、その総裁として更に政治へ取り組みを表明。

サンクムは同年の総選挙で圧勝して国会の全議席を制し、いわば「シハヌーク翼賛体制」ともいえる政治環境の中でシハヌークは首相兼外務大臣に就任。

1960年4月に父王が崩御した後は王位を空位とし、シハヌークは新設の「国家元首」に就任して政治指導にあたった。

 

シハヌークの政策は「王制社会主義」と称されたもので、仏教の保護と王制による指導のもと、社会主義的な政策を打ち出していった。

また、外交面では厳正な中立政策を守り、冷戦の続く中、東西両陣営から援助を引き出すことに成功するなど、隣国ベトナムやラオスが戦火に巻き込まれる中、国内は平和を維持していたが、政界では左派・右派の対立が絶えず、シハヌークが必要に応じて左派の重用と弾圧を繰り返したため、ポル・ポトやイエン・サリ、キュー・サムファンといった左派の指導者はジャングルに逃れ、武力闘争に走ることとなった。

 

国外追放  米国空爆により数十万の農民が死亡、200万人が難民化

1970年3月、クーデター

ベトナム戦争中、首相兼国防相のロン・ノル将軍と

副首相シリク・マタク(シハヌークの従兄弟)などが率いる反乱軍が軍事クーデターを決行。

議会は外遊中のシハヌーク国家元首の解任、王制廃止と共和制施行を議決し、国名は「クメール共和国」と改められ、ロン・ノルが大統領に就任。

クーデターは、アメリカがシハヌークを北ベトナムや南ベトナム解放民族戦線と近い「容共主義者」と見なし、親米派のロン・ノルを支援して追放させたと言われている。

シハヌークは、カンボジア領内に南ベトナム解放民族戦線の補給基地や北ベトナムから南ベトナムへの人員物資補給路であるホーチミンルートの存在を許し、一方で1969年を通してアメリカのカンボジア爆撃を公に非難した。

 

1970年1月 アメリカの空爆とクメール・ルージュの勢力拡大

アメリカ軍と南ベトナム軍の攻撃で多数の民間人死者が出た何千件もの報告を含む政府公式白書を公表していた。

また南ベトナムのフルロも軍基地などで反乱を起こした後、しばしカンボジア領に逃げ込んでいた。

クーデター後、ロン・ノル政権は、激しい反ベトナムキャンペーンを行い、クメール領のベトナム系住民を迫害・虐殺・追放。

また、ロン・ノルはアメリカ軍と南ベトナム軍に南ベトナム解放民族戦線を追撃するためのクメール領内侵攻を許し、さらにこれまで局部的であったアメリカ軍の空爆は人口密集地域を含むクメール全域に拡大された。

これにより数十万人の農民が犠牲となり、わずか一年半のうちに200万人が国内難民と化した。

とくに東部は人口が集中する都市部なども重点的に爆撃を受けた。農村インフラは破壊され、食糧輸出国だったクメールは食糧輸入国に転落した。こうした状況はクメールの一層の不安定化を招き、クメール・ルージュの勢力拡大に有利となった。

 

ポル・ポトへの協力と幽閉生活 中国への亡命

追放されたシハヌークは、当時アメリカとソビエト連邦の両方と対立していた中華人民共和国の北京に留まり、中華人民共和国からの全面的な協力を得て亡命政権「カンプチア王国民族連合政府」を結成し、ロン・ノル政権打倒を訴えた。

 

1970年3月末 毛沢東、金日成らの説得に応じクメール・ルージュの支持者が拡大

コンポンチャムでシアヌークを支持する暴動が起きたが武力鎮圧。

当時の州知事によればこの地域だけで2~3万人の農民が共産主義の影響を受けていた。

その他タケオ・スヴァイリエン、カンダルなど諸州で同様の蜂起が起こった。

シハヌークは個人的に親しい周恩来と対立する康生が後押しするポル・ポト派をかつて弾圧したこともあって嫌っていたが、中国の毛沢東や北朝鮮の金日成らの説得により彼らと手を結ぶことになり、農村部を中心にクメール・ルージュの支持者を増やすことに貢献した。

シハヌークは名目上、統一戦線のトップではあったが、王制を始めとする封建体制の徹底破壊を目指すポル・ポトとその一派にとって、シハヌークは彼らの信念とは相容れない存在であり、両者の関係は最初から緊張をはらんでいたといえる。

 

1975年4月 アメリカのベトナム撤退と、クメール・ルージュがカンボジア制圧、シハヌークは幽閉

アメリカが南ベトナムを見捨て、インドシナ半島から完全撤退。

中華人民共和国からの武器援助を受けたクメール・ルージュは遂にクメール全土を制圧した。、

クメール共和国は崩壊し、ポル・ポト派はシハヌークを国家元首とする共産主義国家「民主カンプチア」の成立を宣言。

シハヌークはカンボジアに帰国。

この間、表向きは元の地位に返り咲いたかに見えたシハヌークだったが、実態は何ら権限を与えられず、クメール・ルージュがお膳立てした地方視察(そこでシハヌークは変わり果てた祖国の姿を目の当たりにする)以外はプノンペンの王宮に幽閉同然の身となった。

同居を許されたのは第6夫人のモニク妃と2人の間に生まれた2人の王子(シハモニ、ナリンドラポン)及び僅かな側近、従者だけであった。

 

他の家族のうち、国内に残っていた者は地方に追放され、その結果、5人の子供と14人の孫が虐殺された。

当初は、シハヌーク自身も殺されそうになったものの、中華人民共和国政府が政治的理由からポル・ポトらに圧力をかけたために殺されずに済んだ。

しかし、王宮内でもポル・ポト信奉者と化したナリンドラポンが両親を非難し続け、シハヌークは「いつ殺されるか」という強迫感も相まって、精神的に追い詰められていった。

1979年までにポルポト政権下で深刻な飢餓とマラリア、虐殺により100万人以上のカンボジア人が犠牲になったとも言われる。

 

1976年4月

国家元首の辞任が認められ(後任の国家元首〔国家大幹部会議長〕はキュー・サムファン)、以後王宮内に幽閉されたシハヌークは外の様子を知る事ができなくなり、国際社会には消息が伝えられなくなった。

 

出国へ、そして、ポルポトにより国民の4分の1が命を失う、

※ポルポト

1978年1月 カンボジア虐殺が続く

ポル・ポトはカンボジア東部からベトナム領内を越境攻撃し現地住民を虐殺した。

 

1978年12月25日、 反ポルポトのベトナム軍の侵入

ベトナムはヘン・サムリンやフン・センを指導者とする越境難民をカンプチア救国民族統一戦線として親ベトナムの軍を組織した。

そして、カンボジア国内の反ポル・ポト派とも連携し、カンボジア国内に攻め込んだ。

 

1979年1月7日 カンボジア脱出、ベトナム寄りの政権の成立によりポルポト派がジャングルに逃亡

カンボジアに侵攻したベトナム軍がプノンペンに迫ると、ポル・ポト首相はシハヌークを呼び出し、国際連合安全保障理事会においてベトナム軍の不当性を訴えるよう要請した。

シハヌークはようやく、家族や側近と共にカンボジアを出国。

 

しかしベトナムの影響を強く受けたヘン・サムリン政権(カンプチア人民共和国)が成立し、クメール・ルージュ軍およびポル・ポトはタイの国境付近のジャングルへ逃れた。

ポル・ポトは国の西部の小地域を保持し、タイ領内からの越境攻撃も行いつつ、以後も反ベトナム・反サムリン政権の武装闘争を続けた。

 

1981年9月4日 反ベトナム同盟(ポルポト、シハヌーク、ソン・サン)

ポル・ポトとシアヌークおよび右派自由主義のソン・サンの3派による反ベトナム同盟を結んだ。

 

王制復活 新憲法のもと再即位へ、そしてポルポトの死

1989年 ベトナム軍カンボジアから撤退

ベトナム軍はカンボジアから撤退

 

1993年4月から6月まで シハヌークの王子の率いるフンシンペック党が第一党に

国連の監視下で総選挙が行なわれ、シハヌークの次男ラナリット王子の率いるフンシンペック党が第一党となった。

なおポル・ポト派はこの選挙に参加せず、新しい連立政権と戦い続ける。

 

同年9月 国王に再即位

制憲議会が新憲法を発布、新憲法では立憲君主制を採択し、シハヌークが国王に再即位した。

 

1994年 クーデター未遂

クーデター未遂事件が発生したが、これを最後に国内はおおむね平定された。

 

1998年4月 ポルポトの死と平定

中華人民共和国や北朝鮮からの支援も途絶え、カンボジアの辺境にわずかに残ったポル・ポト派支配地域のみを統治していたポル・ポトが死んだことが明らかとなり、この地も平定された。

 

退位と逝去

 

2004年10月20日 ノロドム・シハモニ王子が北京から帰国

退位のために王位を継ぐ息子のノロドム・シハモニ王子(母は第6夫人モニニヤット王妃)とともに滞在先の北京から帰国。

退位した29日には8万人ともいわれる市民が集まった。

以降は自身の療養のため、数ヶ月毎に北京を訪れる生活を送っていた。

 

2012年10月15日 北京で逝去

北京で心不全のため逝去。89歳没。

 

シハヌークの国葬

2013年2月1日

一連の国葬の儀式が始まり、2月4日には日本の秋篠宮文仁親王や各国の首脳などが参列し、文仁親王はシハモニ国王やフン・セン首相を弔問した。

儀式は7日まで行われた。

以上

 

 

ノロドム・シハモニ国王

父上のシハヌーク殿下は激動の人生を送りました。

ちなみにシハヌーク殿下もフルネームは、ノロドム・シハヌークで、カンボジア王家は「ノロドム家」となります。

息子のシハモニも、「悪魔のポルポト政権時代」は、父とともに、プノンペンの王宮に幽閉され脱出して、パリに亡命し20年間、帰国できませんでした。

シハモニ王は、若い頃、プラハでバレエを習ったり、北朝鮮で映画撮影技術を習ったり、王族としては、非常にユニークな特技を持った方です。

パリ亡命中も、ダンスを教えていたそうです。

1953年

戦後初めて、父・シハヌーク殿下が日本を訪問したアジアの元首として来日。

シハモニ王は、シハヌーク殿下が日本から帰国した当日に生まれたので「トキオ」と言う愛称をつけられました。

2004年

「ポルポト勢力」が駆逐され、内戦の終結。国王に即位しました。

2010年

国賓として、来日し、今上陛下主催の宮中晩餐会に出席。

それでは、命式を見てみましょう。

 

四柱推命鑑定 命式 ノロドム・シハモニ国王

1953年5月14日生まれ(63歳)

上 中 下  宿命星  十二運  吉凶星

年柱 癸 巳 丙 偏印 傷官 沐浴 金輿禄

月柱 丁 巳 丙 食神 傷官 沐浴 金輿禄 血刃

日柱 乙 丑 己    偏財 衰 華蓋

時柱 乙 丑 己 比肩 偏財 衰 華蓋

【戌亥空亡】

 

【総合鑑定】命式通り、災厄続きの激動の人生

 

傷官が2個と、食神が1個あります。【食神&傷官過多】で、病気や災厄に遭いやすい運命です。

実際、今まで、波乱の人生でした。国王は独身であり子供はいません。

金輿禄が2個あります。この星のある男は、逆玉の輿に乗るか、美男子が多いです。

若い頃の国王は相当なイケメンです。

 

彼の二十八宿は觜宿(ししゅく)です。弁舌巧みでしょう。

 

大運を見てみましょう。

62歳~72歳 庚戌―正官―墓―戌亥空亡なので大運空亡

 

年運を見てみましょう。コメントなしは問題ない年です。

2016年 丙申―傷官・・・けじめをつけられる厳しい年でした。

2017年 丁酉―食神

2018年 戊戌―正財―空亡

2019年 己亥―偏財―空亡

2020年 庚子―正官―晦気(かいき)

★彼は、日柱の干支が乙丑なので、庚子が、晦気の年となります。

空亡ではないので、絶体絶命ではないですが、「死ぬほどの苦しみ」を味わう一年です。

ご注意されたが良いと思います。

以上

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
スポンサードリンク  
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

5 件のコメント

  • 伏見様、こんにちは

    ノロドム・シハモニ国王の命式を拝見させて感じたことを述べさせていただきます。

    吉凶星が非常にすっきりしていて、血刃に象徴されるご自身と国運が大国の思惑により翻弄されたこと、年柱、月柱という亡命時代の青壮年期に金輿禄が配されて大変モテただろうこと、日柱、時柱という晩年期に国民の敬愛を集めているだろう華蓋が配されていることを感じました。

    官星がないため、権威による支配よりも、国民からの敬愛により王としての存在が成立しているように思います。
    それと自らの生気や運を吸い出す、食神、傷官と言った漏星過多とそれを受ける偏財があり、翻弄された人生でしたが、晩年を示す時柱に我が身を示す、比肩があるため、このまま王位を全うできるのではないかと思います。

  • ポル・ポトの大虐殺から逃れて、ようやくここまで国土や良民たちが回復したのは、
    彼らのような王族たちのなかでまとめる人間がいたからだと確信を得ています。

    最近ではポル・ポトを打倒したフン・セン首相がカンボジアのために頑張っていますが、LBGTを排斥するような人種差別的な政策立てているのは、まず間違いなくポル・ポトの後援者である中国共産党等の外国勢力の干渉を非常に嫌っているのだろうと踏んでいます。

    • 伏見様 お褒め頂きありがとうございます。

       シハモニ陛下、漏星過多で生き延びて今日に至ったのは、漏星を制し、我が身を強める年柱の偏印と時柱の比肩の存在、日柱と時柱の蔵干に偏財があって、漏星の力を抜いていたからかもしれません。また日柱と晩年運を示す時柱が乙丑の繰り返しになっているところも特徴だと思います。

       乙丑己 比肩 偏財 衰 華蓋ですから、比肩>傷官>偏財というエネルギーの流れが成立し、実権は中共系のフンセン首相が握りながらも、命式上力を得ている偏財に象徴されるカンボジア国民の統合の象徴として生涯、君臨することになると思います。
      ただ陰木が陰土を抑えているので、財が十分動かず、懐は厳しいかもしれません。

      62歳~72歳は、庚戌―正官―墓―戌亥空亡なので、大運正官に命式上偏財からのエネルギーがつながりますが、正官という権威、すなわち実権を得ると、フンセン首相や後ろにいる中共と摩擦を生じますので、正官が空亡して、力を失っている方が本人にとっても国にとってもトラブルが少ないように思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。