人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|フィギュアスケート|キムヨナ③朴槿恵の運命はキムヨナの未来

  スポンサードリンク  

②からの続きです。

★最近は、肖像権の侵害を盾に、韓国から削除要請で数が減りましたが、秀逸な「キムヨナ八百長検証動画」が有ったのでご覧ください。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

≪異常人格;練習妨害についての虚言≫

Wikiより

 

韓国のフィギュアスケート選手の金妍兒(キム・ヨナ、当時18歳)が韓国のテレビのインタビューで大会のたびに練習を妨害されたと発言したことにまつわる騒動である。

2009年3月14日、韓国のテレビ局のSBSが金の練習を日本選手が妨害したと報じたことから騒動が始まった。

放送後、韓国国内で日本選手が批判され、日本でもこれに反応してファン同士の感情対立に及んだ。

3月23日までに日本と韓国両スケート連盟の調査結果と金の釈明により、日本選手による妨害疑惑は否定された。

番組担当のレポーターの証言によると、日本選手が妨害したと報じられたのは韓国国内での反日感情を煽るのが目的であったことが判明した。

その後、興奮状態のキムを落ち着かせるために、練習用のリンクでは、キムと日本選手団を分離した。

しかし、2010年2月のバンクーバーオリンピックの際には韓国スケート連盟のチョン・ジェウン理事が「エストニアのエレーナ・グレボワが金の練習を妨害した」と発言している。

その直後にグレボワのホームページが炎上し、グレボワがホームページ上で謝罪する事態となった。

転載以上

 

★グレボア選手を加害者に仕立て上げたのも、キムと韓国スケ連の虚言であり、策謀ですね。無実のグレボア選手にも「呪いの韓の法則」が発動したのです。

 

キムヨナの性格分類は日柱の干支と十二運を見ると、癸酉―病で「感情型」です。

感情型の性格の人を一言でいうと、感受性が強く、潔癖主義の理想主義者です。

騒音、雑音が苦手、また雨の日は外出したくなくなる人です。何故なら、傘を差しても濡れて汚れるからです。

羽生君も感情型です。本番前の練習滑走ですから、このタイプの人は余計に、神経質になるのでしょうがそれは、一緒にリンクを滑る他の選手も同じです。お互い様でしょう。

しかしキムヨナは異常です。

私はこの一連の騒動に、キムヨナに、世界でも韓国人にしか見られない「火病」という、民族のDNAに由来する精神疾患を感じます。

韓国の成人男女の70%は皆、遺伝的に統合失調症の因子を持っているといわれます。

 

 

≪本人自覚無しのマナー違反≫

バンクーバー直後の、トリノの世界選手権で、キムは浅田真央に完敗し、銀に終わりました。

会場では「真央コール」がおこりましたが、日本のテレビ局は音声をカットしました。

一方では金妍児にたいするブーイングがおこりましたが、日本のテレビ局はこれもカットして放映しました。

直後の記者会見で、キムは、未だ着席していない浅田選手の椅子に荷物を置いていました。

遅れて浅田選手が着席して、発言を始めると、急にスマホをいじりだします。

それをたしなめる様に、凝視するフィンランドのラウラ・レピスト選手と目が合うと、睨みつけ唾を吐きました。

≪キムヨナの五輪憲章違反疑惑≫

キム自身がイメージキャラの契約をしている韓国の「J.ESTA」という宝石会社の商品を、キムヨナはSP、FS、表彰式、エキシビジョン、そして全ての会見において、着用していました。

J.ESTAは、「五輪で使われたアクセサリー」として、バンクーバー開催記念中に、サイトを更新して販売していました。

ここで、「五輪憲章違反疑惑」が起きたのですが、結論は、キムヨナ自身が口に出して宣伝しない限りは、五輪憲章違反に抵触しないそうです。

「疑わしきは罰せず」というスタンスでしょうが、私は「甘い」判断だと思います。

むしろキムヨナだからこそ当局は、見逃したのかもしれません。キムヨナ陣営は甘い御沙汰を見越して、逆手にとって、汚い商売をしたのです。

韓国人全般に言えることですが、キムヨナは特に「倫理学」の学習が不可欠でしょう。

 

≪キムヨナの整形疑惑≫

 

ジュニア時代からの、写真を並べると、毎年、微修正の整形をしていることがわかります。

本当に実力が有るなら、子供のころの「韓国の農村顔」のまま、オリンピックに出ればよかったのです。

しかし、執念深く整形を続け、おまけにバンクーバーは「ど厚化粧」とつけまつげで、007の指ピストルをやってしまいました。

これは、「五輪憲章違反」に抵触しないのでしょうか(笑)?

 

カタリナビット曰く「女子フィギュアは、女性の美しいからだと色気よ」ということだったら、韓国を除く、世界中の女子が「親からもらった顔」で勝負しているのに、一種の「身体的ドーピング」だと思います。

★私は、整形をしないで(おそらくは)オリンピックを戦った荒川静香選手と、鈴木明子選手に「あっぱれ」をあげたいです。

★世界中から満遍なく嫌われるキムヨナ

言うまでもなく、「汚い八百長」と「性格の悪さ」「素行の悪さ」でその正体は、母国韓国の一部と世界中で生理的嫌悪を浴びています。

純真な子供が嫌うのだから、「悪魔」並です。

 

≪結論;キムヨナは五輪史に「黒歴史」を残した女≫

韓国は、サッカーワールドカップを私物化して汚点を残したように、フィギュアスケートもまたサムソンと韓国が私物化し汚点を残しました。

 

「国民の妹」とか呼ばれて、韓国人ともども、調子に乗っていたけど、私の見立てでは、「韓国」という国は、もうじき滅びます。

マクロ経済学でいうと、「経済三主体」は「負債超過=赤字」です。

先ず、政府が赤字、今でも日韓スワップの再開を狙っているので要注意。

次、民間経済、韓国の民間経済とは、数個の財閥が、90%以上を占め、残りは奴隷中小企業です。

そのサムスンを筆頭とするすべての財閥が赤字、サムスン財閥の子会社のスマホで有名なサムスン電子のみが売り上げ増、経常利益増ですが、株主の50%が、欧米の投資ファンドなので、最終利益の半分は、外資に持ち出され、韓国国内に残されません。

最後の主体は、「家計部門」ですが、これも各家庭が債務超過=借金漬け、理由はクレジットカード夫妻です。

韓国の家計を赤字にしているカード会社、貸金業者が、オリックス、ソフトバンクなどの「在日企業」であることが皮肉です。

そして、対日貿易赤字、サムスンのスマホ、ギャラクシーは京都の村田製作所の電子部品無くては、全く機能しません。

ちなみにこれは、アップルも同じです。

ですから、サムスン電子が、輸出を増やし、トータル的に貿易黒字を増やすと、比例して対日貿易赤字が増えるのです。

これを「日韓の鵜飼い経済」と言います。勿論、日本が鵜匠で韓国が鵜です。

 

≪慢性的な、経済のパフォーマンス(実績)の悪さに、ソウル周辺で、土地バブルの起きる異常さ≫

先日、元在日の月山明博こと李明博元大統領が、汚職で逮捕されました。パククネも懲役24年の判決を受けました。

1948年の独立以来、歴代の大統領が、ことごとく、経済政策に失敗して、後任大統領に付け回しをしてきた結果です。

トランプの「腹次第」で、半島有事も確率が高くなっているのに、何故、38度線の休戦ラインに近い危険なソウル近郊の地価が上がり、不動産バブルが起きるのでしょうか?

有事の際には、ソウルは真っ先に「火の海」になるところです。

★私は、現状の不可解な「ソウル近郊の土地バブル」は、韓国の「亡国の兆し」だと思います。

 

平昌五輪誘致のための看板となった金妍児でしたが、国家的な予算をつぎ込んで誘致した五輪も結局は失敗です。韓国の観光産業すら利することなく、冬五輪の黒歴史になりました。

そもそも五輪誘致が国益になったのは昔の話。今は、歯を食いしばって誘致しても、施設は廃墟となり、莫大な借金だけがのこるのが今の現状です。

ただでさえ衰亡に向かっている韓国に、サムソンと組んで亡国の種を国土に撒いた金妍児。

キムヨナは「国民の妹」から「亡国の妹」であることに、いずれ韓国民は気が付くでしょう。

かつて、国父と国母とよばれた朴夫妻の長女で韓国では「姫」として扱われていた朴槿恵も、あの通りです。

国民の妹とよばれた金妍児も、将来はないでしょう。

以上

 

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
スポンサードリンク  
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

4 件のコメント

  • キムチと懲役24年クソババアと同じと見るとは流石伏見先生。
    キーセンもパククネと同じ独房にいれてやればいいのです。
    そして、あと1000年日本恨み続けて歴史の一部になるか、
    ダヤン氏がおっしゃっていたように、ずっと南北で小銃を撃ち合い続けていればいい。

    いずれにせよあの国に未来は映らない。

    • マイアさんへ

      キムチナとキムチナを買春したISU会長チンクゥワンタをしょっ引いて
      国際法廷で裁かなくてはなりませんね(怒)

  • 頂点をきわめた者が、後年、国民の怒りを買って惨めな状態になるのは、半島のお約束ですね。小金を貯めたら悪事が暴かれる前に何処かへ移住した方がいいんじゃないでしょうか。

    • きなこさんへ

      そう、「半島の法則」ですね。しかし、キムチヨナは
      どこの国へ移住しようと「ボッチ」ですよ(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。