人気ブログランキングに参加中


チャイナファイブ 中国 要人の鑑定

四柱推命占い鑑定③|胡錦濤(後)|命式鑑定、運気が弱い、クーデターは成功するのか?

更新日:

スポンサードリンク

四柱推命鑑定 命式、胡錦濤・運気が弱い、クーデターは成功するのか?

※この記事は2016年08月に、goo『時を斬るブログ』に掲載したものです。

それでは、胡錦濤の命式を見ていきましょう。

胡錦濤1942年12月21日生まれ(72歳)

上 中 下  宿命星  十二運  吉凶星年柱

壬 午 丁 偏財 印綬 帝旺 羊刃 月徳貴人 囚獄 白虎殺月柱

壬 子 癸 偏財 正財 胎 飛刃 月徳貴人 囚獄 白虎殺 隔角日柱

戊 申 庚    食神 病 文昌貴人 暗禄 孤辰 駅馬時柱

壬 子 癸 偏財 正財 胎 飛刃 月徳貴人 囚獄 白虎殺

【寅卯空亡】

 

スポンサードリンク



 

【総合鑑定】来年2017年「習近平打倒の団派クーデター」どころか、自分自身が危ない。運気が弱すぎる

月徳貴人が3個もあります。天乙貴人が1個あるレベルでしょうか。人生のかなりの災厄を払ってくれているでしょう。

1個の印綬と2個の正財が2組の【正財と印綬のミスマッチ】を形成します。

やっとつかんだ幸運の女神の前髪が、指の間から抜けていく運命です。

その具体例は

① 折角、国家主席だった10年間、長老の江沢民が意地悪して、党と軍の実権を胡錦濤に渡しませんでした。言わば「傀儡の国家主席」だったのです。

② 自分の後継者に同じ団派の李克強を推すも、またもや江沢民に妨害されて、次期国家主席の座を習近平に取られてしまいました。

③ そして、来年「2017年の団派クーデター」は成功するでしょうか?私は、習近平VS団派の闘争は、良くて「相討ち」に終わり、胡錦濤を倒して「団派(黒幕は胡錦濤)の天下」にはならないと思います。

確かに在米のチャイナウォッチャーの陳破空氏の予想は、共産党党大会の日程や、胡錦濤が自分の子分達を大量に政治局に送り込んでいるなど、将棋で言うと、「完全に勝つための布陣」ができていますが、何せ、今年、来年の胡錦濤の年運は最悪なのです。

 

≪暗殺の恐れ≫

年柱に羊刃が有ります。羊刃が有る年柱の午に対して、月柱の子、時柱の子が、二重に冲「ちゅう」を形成します。子午の冲「ちゅう」です。
★このように羊刃のある柱に対して、他の柱から冲「ちゅう」が形成されると、暴漢に襲われやすくなります。

 

【具体例】

① 1975年、時の三木武夫総理が、自衛隊の観閲式の最中に右翼に殴られました。

② 1979年、時の大平正芳総理が、外出から帰り、官邸前で、公用車から降りたときに暴漢から殴られました。

胡錦濤の場合は「チベット大虐殺」をやっているのだから、チベット人にとっては「殺人鬼」です。チベット人に殺されても不思議ではないでしょう。

 

≪中国権力者の常識を裏切らず愛人は多数いる≫

1個の丁と3個の壬が三重に干合します。木化する。淫迕の合で、性欲の塊です。

 

≪異常に「切れやすい」性格≫

切れやすい星の飛刃が2個もあります。私もこんな命式は初めて見ました。逆上して「チベット大虐殺」をしたのもうなづけます。

 

≪権力闘争に破れ監獄行きも≫

囚獄が2個もあります。政敵に権力闘争で敗れて、「監獄行き」になる暗示です。

 

≪不慮の事故、特に飛行機事故に注意≫

白虎殺が3個もあります。

同じくこんな命式始めてみました。飛行機事故で死んだアメリカの俳優オーディー・マーフィーが白虎殺が2個ありました。

政敵から航空機に爆弾を仕掛けられるかもしれません。

上記の「不安要因」を危険な局面を救ってくれる暗禄1個でカバーしきれるのか疑問です。

 

胡錦濤の二十八宿は、井宿です。

男性は上昇志向、出世欲の強い人が多いです。

ちなみに星宿の習近平との相性は【安・壊の関係】で破壊縁と最悪です。

加えて、胡錦濤が習近平を破壊します。

この二人は、当初、共通の敵、江沢民の勢力を弱体化させるためにタッグを組みましたが、その後の習の「団派を馬鹿にする」発言で険悪となり、現在に至っています。

 

胡錦濤の大運を見てみましょう。

66歳~76歳 己未―劫財―衰・・・・疲れ果てる10年です。

76歳~86歳 庚申―食神―病・・・のんびりできる10年ですが、その時共産党が有るかどうか疑問です。

 

彼の今年以降の年運を見てみましょう。

2016年 丙申 偏印

一年を通して悩みぬく年です。おまけに、年運の偏印が、命式中の食神を潰します。偏印倒食です。命を落とす可能性すらあります。囚獄も巡ってくるので、政敵に破れて「粛清」され、監獄行きとなるかもしれません。

 

2017年 丁酉 印綬

今までのツケを払わされる厳しい年です。「クーデター」の成功は微妙ですね。
私は、習近平派との相討ちになると思います。
2017年以降の年運を見ても無意味だと思います。
何故なら、共産党の権力者や長老が自滅していく様子が、ひたすら見えてくるだけですから。

以上

次号に続きます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

こんな記事も読まれています

1

【在日特権を斬る】何故、在日を強制送還できないのか?根拠となる、1991年日韓覚書と売国政治屋 写真は売国政治屋の中山太郎 読者の方から、「犯罪を起こした在日韓国人は韓国に強制送還できないのですか?」 ...

2

ネット界の仁義なき戦い、余命三年時事日記との抗争 ※2016年03月より半年以上にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。   2012年 08月 『余命三年時 ...

3

2015年4月1日   皆さんお元気ですか? 今日は、雅子の男性遍歴②です。 その相手は2003年にイラク戦争のさなか、非業の死を遂げた外務省奥克彦参事官です。 英紙はすかさず、「犯人は不明 ...

-チャイナファイブ, 中国, 要人の鑑定

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.