人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|米国暗殺史⑤ガーフィールド大統領の鑑定

  スポンサードリンク  

それでは、命式を見ていきます。

ジェームズ・ガーフィールド

1831年11月19日生まれ~1881年9月19日(49歳没)

・・・・上 中 下 宿命星   蔵干   十二運 吉凶星

年柱  辛 卯 乙 正官 劫財       帝旺 羊刃 天徳貴人 咸池

月柱  己 亥 壬 正財 偏印       長生 暗禄 劫殺

日柱  甲 午 丁    傷官 食神    死 紅艶 月徳貴人 隔角

時柱  庚 子 癸 偏官 印綬 偏印    沐浴 囚獄 白虎殺 咸池

【辰巳空亡】

 

スポンサードリンク



 

【総合鑑定】談合により決まった傀儡大統領に相応しい弱しく、かつ凶意を帯び災厄に弱い。

※16歳のガーフィールド大統領

十二運を見ると、帝旺、長生、死、沐浴ですから、身弱です。

11月生まれの甲(大木)です。甲は春が旬ですから、月令は得ていません。

実力というより、党内の「談合」で決まった大統領候補ですから、こんなものでしょうか?

また、正官と偏官が混在するので、官殺混合です。

偏印が有ります。

官殺混合と偏印がペアになると命式自体が凶意を孕んできます。

ケネディ大統領と同じです。

身弱だと、大病や災厄に対する耐性が弱くなります。殺気の星、羊刃と、劫殺が有ります。

不慮の事故の白虎殺が有ります。天徳貴人と月徳貴人のペア、暗禄も有りましたが、暗殺を防ぐことはできませんでした。

 

《印星殺の成立》

偏印が2個、印綬が1個有るので、印星殺の成立です。

亡くなった49歳の大運は、44歳~54歳、甲午―比肩―死で、甲午の午と、時柱の子が冲「ちゅう」を形成します。不吉です。

狙撃された日の行運を見てみましょう。

1881年07月02日

・81年 辛巳丙―空亡 正官 食神・・・劫殺

・07月 甲午丁    比肩 傷官・・・白虎殺

・02日 丁酉辛    傷官 正官・・・白虎殺2個、羊刃

1881年は巳年ですから空亡の年です。「殺意」の劫殺が巡ってきます。

7月の傷官の月運でけじめの月です。午の月ですから、時柱の子と冲「ちゅう」を形成します。不吉です。不慮の事故の白虎殺が巡ってきます。

2日の日運は、けじめの傷官です。白虎殺が2個巡ってきます。奇しくも銃弾は2発でした。

★「印星殺の例外的事例」・・・歴史上、非命に遭って、印星殺をもつ著名人には、当日の行運に、印星が現れるのが常ですが、ガーフィールドには現れませんでした。

狙撃された時刻が不明なので、時運も見れば、印星が来ていたかもしれません。

しかし、こういうケースは、偶に散見されます。

次は暗殺者ギトーを見てみます。

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

3 件のコメント

  • いつもブログを楽しみに拝見しています。
    初めてコメントしますが、体操のパワハラ問題について、
    宮川さんの告発を裏で操っているのは、池谷ではなですか?
    手本にしたのは、レスリングの栄監督追放の手口?
    宮原さんと速見コーチは男女の関係だと思われますか?
    飯塚夫妻は追放が妥当なんでしょうか?
    話題のすり替えが多いので、どこかに朝鮮人がいますよね。
    分析していただきたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。