人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|米国暗殺史⑥(後)暗殺者ギトー

  スポンサードリンク  

前段からの続きです。

ストーカーから暗殺者へ

1881年7月2日

ボルチモア・ポトマック鉄道駅でガーフィールド狙撃の時を待つ。

妻とロングブランチで休暇を過ごそうとしたガーフィールドが駅に入った時、背後から近付き2度銃撃。

2弾目が第1腰椎を貫通するも脊髄には通らなかった。

ギトーは群衆に取り囲まれる中、「俺は支持者の中の支持者だ。これでアーサーが大統領になったぞ!」と零したという。

殺人未遂罪で逮捕。

 

スポンサードリンク



 

09月19日

狙撃より11週間後、ガーフィールドが死去。

 

10月14日

ギトーは政府から、殺人罪で正式に起訴された。

 

11月14日

ワシントンDCにて、裁判が開始。

ギトー側の弁護士

弁護士は、レイ・ロビンソンとジョージ・スコヴィルであった。

しかし、ギトー自身は弁護士資格を有する事もあり、自らが弁護を行うと頑なに主張する事となる。

精神鑑定医のエドワード・チャールズ・スピツカの鑑定

「今の所、 精神異常以外の何物でもない」のは明らかとの言葉を残す。

この状態は「先天的な脳の奇形」に拠るものと考えたのである。

ワシントンD.C.の弁護士・ジョージ・コークヒル

「彼は私より精神異常では無い。ギトーは何ら気が狂っていない。世間の前で格好良く、打算的な悪党で、洗練されたゴロツキの如く振る舞ったに過ぎなかった。本当は詰まらなくて、純粋で単純な人間。結局はその単調さに飽き、何か他の種類の興奮や悪評を求めて、事に及んだのである。」

 

被告から奇人へ

ギトーの奇行をマスコミが書き立てセンセーショナルをまきおこす

ギトーの奇行が話題になった。

・判事や証人、検察官の他、弁護団にさえ悪罵を投げ付ける、

・陳述書を叙事詩の形式で纏める、

・傍聴人の中からランダムに選び法的助言をせがむ、

・ニューヨーク・ヘラルドに至っては自伝を口述し、「30歳未満の可愛いクリスチャン女性」を募集する広告まで出稿。

・大統領にした事によって給料が増えたのだから、釈放してほしいとの内容を書き綴った手紙を新大統領アーサーに送付。

・「医者がガーフィールドを殺したのであり(医療ミス)、私は撃っただけ」ともと漏らしている

・釈放後の計画として説教をして回ったり、1884年の大統領選挙に立候補する計画を立てていた。

マスコミがセンセーショナルに面白おかしく書き立て、ギトー自身が2度も暗殺未遂事件に遭遇するも、大衆の憎悪を買った。

公判から処刑まで、ワシントンDCの南東にある聖エリザベス病院に入院。

獄中で処刑を待つ間、自ら犯した暗殺についての弁護や裁判の講評についての手記が、後に出版された

1882年1月25日

死刑が求刑。

判決文が読まれると、陪審員に向かって「お前らは皆低級で、申し分の無い馬鹿野郎だ!」と喚き散らした。

ありとあらゆる卑語を言い募り、警備員に抱えられながら独居房に消えていった。

 

死刑囚ギトー

再審を求めたものの訴えは棄却。

6月30日

ワシントンD.C.で絞首刑に処せられた。

暗殺事件発生から1年目を迎える2日前であった。

処刑を前にしても、傍聴人や記者に微笑んだり手を振ったりし続け、正に最後まで注目の的であるのが幸せであったと言われる。

処刑台に進んだ時も、最後の要望として、獄中で書いていた『私は神の元へ行く』という詩を暗唱。

元々は詩を歌う時にオーケストラに演奏してもらう予定であったが、その要望は却下された。

 

命式を見てみましょう。

チャールズ・ギトー

1841年9月8日生まれ~1882年6月30日(40歳没

・・・・・・上 中 下  宿命星    十二運 吉凶星

年柱    辛 丑 己 偏官 偏財 偏印 衰   華蓋

月柱    丁 酉 辛 食神 偏官    絶  囚獄 白虎殺 血刃

日柱    乙 亥 壬    印綬    死  駅馬

時柱    庚 辰 戊 正官 正財 偏印 冠帯 羊刃 月徳貴人

【申酉空亡】月柱に酉があるが、時柱の辰と支合するので、解空する。

 

【総合鑑定】身弱な大統領を暗殺した身弱な暗殺者。

十二運を見ると、衰、絶、死、冠帯ですから、身弱です。9月生まれの乙(草花)です。草花は春が旬ですから、月令は得ていません。

2個の偏官と1個の食神が有ります。食神と偏官のパワーラインが2組成立します。大きなことをしでかすでしょう。

辰―酉の支合が有ります。暗示は「大吉」です。この大吉が、何をしでかすかは解釈の分かれるところです。

囚獄が有ります。その通り、収監されました。

血刃と駅馬の魔のペアが有ります。絞首刑の暗示でしょうか?

 

《印星殺の成立》

印綬1個、偏印2個で、印星殺の成立です。

刑の執行された40歳の大運は、40歳~50歳;壬辰―印綬―冠帯で、印星の大運でした。

執行日の行運を見てみましょう。

・82年 壬午丁 印綬 食神・・・羊刃

・06月 丙午丁 傷官 食神

・30日 庚子癸 正官 偏印・・・羊刃

1882年は印綬の年運でした。羊刃と血刃も巡ってきます。

6月はけじめをつけられる傷官の月運でした。

30日はお約束の偏印が巡ってきています。

ギトーは、テロリストというよりは、心を病んだストーカーでした。

リンカーン大統領暗殺事件とくらべ、暗殺された大統領も暗殺者も矮小化し劣化した感があります。

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

2 件のコメント

  • 連続する災害にやるせなさを感じます。皆様方のご無事を祈るばかりです。

    本ブログ、去る7月8日の記事、【四柱推命占い鑑定|高円宮絢子と守屋慧|①人物像と懸念される結婚の未来】を読み返しました。
    何としてでも、『悪夢の平成』の最後を見届けなければならないと思っております。

    本記事、>リンカーン大統領暗殺事件とくらべ、暗殺された大統領も暗殺者も矮小化し劣化した感があります。
    自分も同じく米国史に汚点を付け加えた程度に感じます。

    《四柱推命・亡国の命式》のシリーズは、正しく、四柱推命に打ち込まれてきた伏見先生の
    集大成であることに間違いないでしょう。
    シリーズ、『ケネディ家の人々』一つとっても、これを骨子にして長編ドラマを作成すれば
    良作が出来るはずです。高視聴率の可能性大!
    勿論、「本」は重要ですから、くれぐれも脚本家選びは慎重に(笑)。

    同8月16日の【四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|ベトナム戦争史㉕アメリカの敗北の原因】
    では
    馬渕睦夫氏の名著『国難の正体』を引用しつつも、独自の見解、

    >ニクソン対ケネディの大統領選において、犯罪性の高い負の家系のカルマをもつケネディではなく、ニクソンが勝っていれば、仮にニクソンの背景にロックフェラーのような国際銀行家がいたにせよ、ずいぶんアメリカの運命は、変わったのではないかと思います。

    を示されています。

    馬渕元大使と異なるから駄目なのではなく、違うからこそ素晴らしいと思います。

    同8月29日の
    【四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|米国暗殺史②暗殺者ジョン・ウィルクス・ブース】は

    現時点における、本年の最高傑作ではないでしょうか。

    ▷念の為ご用心を
    本ブログが政治ランキング1~50位から後退するのと同時に、2つのブログが50位内にランクインしました。
    一つは「銀蠅」、もう一つは、これも恐らく「イザーマンのブログ」でしょう。何せ「余命本」を推奨するほどですから。

    これらとは別に、馬渕睦夫氏を称賛するブログがあり、そのコメント欄に「もう一つ」の
    ブログ主が投稿し、互いのブログを紹介し合っています。
    「称賛ブログ」は米国在住の邦人で、使用サーバーは要注意のFC2です。

    「ありゃりゃ、これって、台湾の南にあるカナダ?、日本人という朝鮮人!と同じ設定。バレバレだね」

    5位をキープ出来なくなって、10位以内に変更し、その余剰金で2つのブログを上昇させ、馬渕元大使を餌に(怒)読者をだまし罠に嵌める。
    同様の設定に、同様の手口。
    おかげで、ニュータイプに覚醒出来たかも?

    『見えるぞ。私にもエラが見える!』 (笑)

  • こすけさんへ

    身に余る高評価有難うございます。頑張って記事を書いた甲斐が有りました。
    貴重な「アラーム」有難うございます。御明察です。銀蠅オカマが更新を止めたのが、今年の1月11日。
    イザーマンが、大失態を晒した視聴率5%未満ドラマ(爆)「明日の君がもっと好き」の台本の書き直しに忙しくなったころです。その後は、皇室掲示板の制圧に全精力を注入するも、住民に返り討ちに遭って撤退(笑)
    やることがなくなったので、銀蠅オカマを「しれっと」更新始めたのです。BBも銀蠅も、コメ欄は、「人生負け組脚本家イザーマン」が自作自演しています。やっつけ仕事で作ったハンドルネームばかりでもろばれで笑っちゃいます。ちなみにBBコメ欄恒例の「言論リンチ」も筋書きありきの「プロレス」です。「BBの覚醒罪記録」の正しい読み方は、あの盗作記事とコメ欄を「一体」として読むことです。そうすれば、全体が「ど素人の書いた台本」であることがわかります。ある意味、これから脚本家を目指す若い人にとっては、BBの覚醒罪記録は良い手本になります。「こんな脚本を書いていたら仕事がなくなりますよ」という逆神ですね。イザーマンが拙ブログの順位を押し下げるために、「ダミーブログ」を次々と投入していることは前からわかっています。一つは「進撃の庶民」、ネーミングのセンスの無さがイザーマンそのものです(爆)しかも「反安部左翼」ですからイザーそのものですよ。
    賢い読者は決して読まないようにしてください(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。