人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|米国暗殺史|ジョン・レノン(後)鑑定

  スポンサードリンク  

前段からの続きです。

それでは、命式を見てみましょう。

四柱推命鑑定|ジョン・レノン

1940年10月9日生まれ~1980年12月8日(40歳没)

・・・上 中 下 宿命星 十二運 吉凶星

年柱 庚 辰 戊 正官 正財 偏印 冠帯 羊刃 魁蓋(かいごう)

月柱 丙 戌 戊 傷官 正財 食神 墓  飛刃 暗禄

日柱 乙 酉 辛    偏官    絶  咸池

時柱 辛 巳 丙 偏官 傷官    沐浴 金輿禄 天徳貴人 月徳貴人 孤辰 劫殺

【午未空亡】

 

スポンサードリンク



 

 

【総合鑑定】天才を越えて「世界のアイコン」となった男の命式で「異形の命式」

★四柱推命ファンで「命式コレクター」には、応えられない命式サンプルでしょう。

★年柱の干支が「晦気(かいき)」と一致している。晦気とは私のブログの読者なら既にご存知のように、その人物が、「命を落としてもおかしくない時期」のことです。

大運から、時運(一刻=2時間)まで、該当します。登山家の植村直巳さんが、マッキンリーで消息を絶った年の、大運が晦気されていました。

★晦気を決めるのは簡単です。その人の日柱の干支を元に、出します。レノンの日柱の干支は、乙酉です。

乙を天干(てんかん)と言い、酉を地支と言います。

★天干を干合する5行に置き換え、地支を支合する支に置き換えるだけです。

解答から言うと、乙→庚、酉→辰となるので、晦気は、庚辰です。レノンは、庚辰の行運の時に、不幸に遭いやすいのです。

ところが、年柱の干支が、庚辰です。彼は、晦気の年に生まれたのです。下手をしたら死産していた可能性が有ります。

レノンのお産が、難産だったか、軽いお産だったか、レノンのお母さんに聞いてみたいものです。

ちなみに、命式中の自分の四柱に、晦気がある人。

歴史上の著名人物で、あと一人知っていますが、人間離れした凄い人です。

 

十二運を見ると、冠帯、墓、絶、沐浴で身弱です。

10月生まれの乙(草花)です。草花は春が旬なので、月令は得ていません。

一見弱そうですが、年柱に正官と正財が並んでいます。これは、財官双美といって、非常な吉兆と見ます。

レノンの民族的ルーツは、アイルランドだそうですから、昔はアイルランド名家だった家の末裔かもしれません。

レノンとヨーコの一粒種の息子が生まれたとき、二人の共通の友人のエルトン・ジョンが男の子だったので、レノンのファーストネーム、ジョンを、彼の民族的ルーツのアイルランドでは、ジョンはショーンとなるから、それを使うことにし、レノンがヨーコに、日本人男子の一般的な名前を付けてほしいといったので、太郎=タローがいいということで、ショーン・オノ・タロー・レノンと命名したそうです。

辰と酉が支合します。大吉の暗示です。

日柱の十二運が、乙酉―絶です。リンカーンを殺したブースは、戊午で60干支でさいきょうでしたが、逆に乙酉は60干支で最弱です。

しかし、絶を導くので、天才型が多いです。性格分類で行くと「感覚型」で、直感が凄いです。

メジャーリーガーのイチローや―、

 

将棋の大山康晴名人がいます。

天徳貴人と月徳貴人のペアが有るので天乙貴人に相当します。

ピンチを救ってくれる暗禄が有りました。

殺気の星、羊刃や、劫殺が有ります。飛刃が有るので意外と切れやすかったかもしれません。

金輿禄は、逆玉でしょうか。オノヨーコは、安田財閥の一族です。

 

食傷過多の成立

傷官2個と、食神1個で、食傷過多の成立です。

殺害された40歳の大運は、40歳~50歳、庚寅―正官―帝旺です。

 

運命の日の行運を見てみましょう

80年 庚申庚 正官 正官

12月 戊子癸 正財 偏印・・・白虎殺

08日 乙卯乙 比肩 比肩・・・白虎殺

PM22時50分 丁亥壬 食神 印綬・・・劫殺

 

1980年は申年でした。しかし、大運の寅と冲「ちゅう」を形成します。不吉な年でした。

12月は、不慮の事故の白虎殺が巡ってきます。

8日は、卯の日ですが、日柱の酉と冲「ちゅう」を形成します。不吉です。白虎殺も巡ってきます。

PM22時50分は、亥の刻ですが、時柱の巳と冲「ちゅう」を形成します。不吉な時間帯に、外部からの攻撃の劫殺がやってきます。

チャップマンの弾丸だったでしょう。

次は妻のオノヨーコを見てみましょう。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

2 件のコメント

  • こんばんは。備後山田村の巫女です。夫を早死にさせる女性の人相は「両眼の間が広い」もしくは「ゲジマユ」の女性と過去の伏見さまの記事で目にしました。そのことで、あることを思い出しました。地元の同級生で一番、早く結婚した男性の結婚相手がそういえば「両目の間が広い」女性でした。なんと、その女性は父を早くに亡くしていたのです。また、一番早く結婚した同級生の男性本人もスポーツの指導者をしているせいもありますが、よく怪我や病気に遭っていたのです。もしかしたら、その同級生の男性もこれからもいろいろひどい目に遭うんじゃないかと身震いしました。

    • 備後山田村の巫女さんへ

      お久し振りですね。お元気でしたか?
      過去記事覚えていてくれてありがとうございます。
      これからもコメントお待ちしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。