人気ブログランキングに参加しています。


永山則夫射殺事件|㉕イザーマン・BB覚醒・ふぶきの部屋・創価朝鮮チームとの戦い(総括編)

  スポンサードリンク  

《イザーマンの仲間、柳宿「元祖少年犯罪」の永山則夫》

「永山則夫射殺事件とは」・・・・・Wikiより

1968年(昭和43年)10月から11月にかけて、東京都港区・京都府京都市東山区・北海道函館市・愛知県名古屋市の4都道府県において、各犯行当時19歳の少年だった永山則夫が相次いで起こした、拳銃による連続殺人事件である

犯行当時19歳の永山則夫(1990年に死刑確定、1997年に少年死刑囚として死刑執行)がアメリカ海軍・横須賀海軍施設(神奈川県横須賀市)に侵入し、後に凶器として使用される拳銃を盗んだ[注 1]。永山はこの拳銃を用い、社会への復讐のため、短期間のうちに4人を射殺した。なお、被害者の年齢はいずれも当時のものである。

第1の殺人事件

1968年10月11日、東京都港区芝公園の東京プリンスホテルで、綜合警備保障(現愛称:ALSOK)に勤務する27歳のガードマンに対し2発撃って射殺した。

第2の殺人事件

1968年10月14日、京都府京都市東山区祇園町北側の八坂神社で、境内を巡回していた69歳の守衛に対し6発撃って射殺した。

第3の殺人事件

1968年10月26日、北海道函館市で、31歳のタクシー運転手に対し2発撃って射殺した。

第4の殺人事件

1968年11月5日、愛知県名古屋市で22歳のタクシー運転手に対し4発撃って射殺した。

1990年4月17日の第二次上告審判決公判で、最高裁第三小法廷(安岡満彦裁判長)は「永山が極貧の家庭で出生・成育し、両親から育児を放棄され、両親の愛情を受けられず、自尊感情を形成できず、人生の希望を持てず、学校教育を受けず、識字能力を獲得できていなかったなどの、家庭環境の劣悪性は確かに同情・考慮に値するが、同じ条件下で育った他の兄たちは概ね普通の市民生活を送っており、また上京から3年以上社会生活を送った後に保護観察措置を自ら拒否して逃避した末に連続殺人の犯行を犯していることから、生育環境の劣悪性は4人連続殺人を犯した決定的な原因とは認定できない」と判断して、永山の上告を棄却する判決を言い渡した。これにより永山の死刑判決が確定した。

以上

 

 

スポンサードリンク



 

引用が長くなりましたが、今から50年前の1968年(昭和43年)、高度経済成長のさなかに、19歳の少年が、全国を逃走しながら無関係の市民4人を月々と射殺するという、ショッキングな事件でした。

★永山は、獄中で「貧困が犯罪を生んだ」という迷言を吐き、社会の同情を買って、死刑を回避しようとしました。

永山の命式を見てみましょう。

 

四柱推命鑑定命式|永山則夫

1949年6月27日~1997年8月1日(死刑執行享年48歳)

宿命星 十二運 吉凶星
年柱 劫財 劫財 天乙貴人
月柱 食神 印綬 帝旺 羊刃 囚獄 白虎殺 咸池
日柱 正財 飛刃
時柱 偏印 比肩 冠帯 紅艶 月徳貴人

 

【午未空亡なので、月柱が空亡している】

 

月柱が空亡しているために、羊刃、囚獄、白虎殺という凶星が消え、天乙貴人も死んでしまいました。

 

永山の二十八宿は柳宿です。前の記事で述べたように、知性や教養がないと徹底的な悪人となります。永山は、高校中退で逮捕当時識字能力も不十分でした。

★永山はその意味で「悪の道」に走った典型的な柳宿だと言えるでしょう。

ちなみに、連続射殺事件を起こした1968年は19歳でした。

大運を見ると、17歳~27歳 戊辰―比肩―冠帯

事件は、1968年10月11日~1968年11月5日までに起きました。

年運は戊申です。

永山の、命式に子と辰が有りますから、申年が巡ってくると、申―子―辰の三合の成立です。

更に、大運も戊辰で辰ですから、命式の子と年運の申でまたも、申―子―辰の三合の成立です。

★この様に、「二重の三合の成立」が永山を世間を震撼させる凶行に走らせたのでしょう。

死刑が確定した1990年は40歳です。

大運は、37歳~47歳 丙寅―偏印―長生です。

 

確定日は、

・90年 庚午丁

・05月 辛巳丙

・09日 甲戌戊

で、年運の午、日運の戌と大運の寅で、寅―午―戌の三合火局が成立します。

法の厳しいさばきが、永山の「生への執着」を焼き尽くしたと言えるでしょう。

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

7 件のコメント

  • 塵どもは、永久に地獄の業火の薪になるべきです。

    人間に生まれたことをこの世が有る限り後悔し続けるといいんですよ。

  • 永山死刑囚も柳宿なんですね‼学はないけれど獄中で本や手紙を書いたりしています。イザーはいろんな犯罪者のハイブリッドですね。中一殺害の山田被告も二人殺してるし死刑でしょう。

  • 貴ブログを拝読する目的の一つに【「如何にして勝利を導くか」を学ぶ】があります。
    これは「余命」との戦いが始まって以来、徐々に意識するようになりました。
    伏見先生やダヤン塾長が持つ真髄の一つを学び取ることです。

    大切な戦いの最中、自分がするべき事は、本来、黙して前述のテーマを遂行する事であり、それもまた応援の一形態であろうと思います。少なくとも足を引っ張る様なことは避けねばならないと思っています。また、具体的に意識出来ている(だろう)事に以下の二つがあります。

    ① 「無能な味方」にならないこと:立ち位置は味方であっても、誤誘導を招くコメントをする事はしない
    ② 「無能な働き者」にならないこと:長々とコメントするが何の役にも立たず、悪影響・不快感しか与えない様な事はしない

    矛盾するようですが、①②を留意の上、長めのコメントいたします。お世話になります。
    『間違ってたら、悲しいけど「ゴミ箱」にさっさと棄ててネ!(“ゆっくり”の声)』

    ▷ 高橋洋一氏について
     現在、「対消費税」・「対徴用工」問題に関して最も正論を主張しているのがこの方ではないでしょうか。最短にてかつ最大の効果・国益を日本国並びに国民にもたらす方法を提案されていると思います。

    つい最近、初めて知ったのですが(伏見先生を始め既にご存知の方もいらっしゃると思います)、高橋氏は2009年3月に窃盗容疑にて書類送検されています。
    https://web.archive.org/web/20090501110251/http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090427/trl0904272007012-n1.htm
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B4%8B%E4%B8%80_(%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E8%80%85)
    新聞沙汰となったことは事実ですが、これは今も絶えず起こっているトランプ政権の周りで湧き出すフェイクニュースと酷似しているのではないでしょうか。

    当時は麻生政権(2008年9月24日ー2009年9月16日)で財政出動(エコカー減税やエコポイント等)はしたものの、通貨発給額は他国と比べ圧倒的に少なくデフレを更に悪化させ円高を招きました。それでなくても、「リーマンショックは日本にとって蚊に刺された程度」と高を括っていたのか、デマを言ったのか、それともやはり「坊ちゃん」は単なるア○ーだったのかは知りませんが、兎に角、初動が遅れ被害が深刻化していました。

    最近、この時の日銀総裁で中川昭一氏の朦朧記者会見を平然と眺めていた白川が本を出し、やたらと自己擁護しているようですが、財務省側が何か良からぬ事を始める前兆かも知れません。

    少しずれましたが、2009年3月は安倍内閣が倒れてから1年と半年経過しており、安倍さんは政治家とし終わっていると、少なくとも財務省側は判断していたと思います(実際は死んだふりをして再起を図っていた)。「安倍を葬り去った。中川昭一もやった。仕上げは、高橋だ。」と彼等が考えたとする事に、何ら不思議はありません。

    氏は1995年に欧米に先駆けてバランスシートを作成しています。後の小泉政権時、進言して改めてバランスシートを作成・提出し、増税の必要が無いことを説きましたが、財務官僚の天下りの為、「負債」と「資産」の資産額の方は公開を口封じされています。
    切れ者の高橋氏が本当のことを国民に知らす前に彼等が行ったのは、人間・高橋から信頼を抜き取ることです。誰が盗人の言うことを信じるでしょうか。これが狙いです。

    この時、安倍さんに相談したことは想像に難くありません。死んだふりをしていたので表立った事が無かったのでしょう。また、直前の2月に起こった中川昭一氏の朦朧記者会見から危険を察知し用心していた安倍さんが、陰から高橋氏へアドバイスと助け船を送ったのは間違いないでしょう。そして、今も尚続く二人の関係、絆があるのは、氏の無実を証明していることになっていると思います。

    もし「きのう、スーパーで万引きとスリをしました。てへぺろ」と伏見先生にコメントすれば、自分は瞬時にして永久追放、未来永劫、暗黒空間を彷徨うこと間違いなしでしょう。

    サイバー空間でさえそうなるのですから、政治家であり、ましてや総理大臣でもある安倍さん(碌でもない総理大臣は残念ながら過去にはぎょうさんいてました)が、日帰り温泉で高級腕時計と現金を盗む様な輩と関係を持ち続けるはずがありません。

    これも最近の事ですが、土曜朝の全国放送となる日テレ系番組で辛坊治郎が関西では裏番組に出演する高橋洋一氏を陰謀論者扱いしました。
    この、顔も名前もマインドも鮮人丸出しの男は、朦朧記者会見をした中川昭一氏に対しはっきりと『死ね』と言い放った上、兄と共に、消費増税しなければ日本はハイパーインフレになるというインチキ・出鱈目・煽り本を出しています。後ろにツネツネがいるので好き放題しています。これによりツネツネの立ち位置も明瞭になりますが。

    朦朧記者会見を伝えた女子アナや辛坊や白川達が、今蠢きだしたのはやはり良からぬ何かの前兆でしょうか。騙されないようにフェイクニュースを見破りましょう。
    https://www.youtube.com/watch?v=SxGO5mg_bJQ
    https://www.youtube.com/watch?v=jbray2_tuOg
    https://www.youtube.com/watch?v=lpf0wDWPer8
    ㊤はどんどん青林堂化しているDHC(気のせい?サブタイトルと出演者のみの判断による)の番組です。視聴可能時間は残り10日未満。何とかして時間を作り、是非ともご覧下さい。ゾンビ好きの上念氏が噛み付く方ではなく噛ませ犬的なのがとても滑稽ですが、注目すべきは紛うことなく高橋氏です。

    尚、1:47:47辺りで「ど文系とは全然違う」と発言がありますが、勿論これは文系出身者を誹謗しているのではなく、飽くまでも過剰な天下りの為に消費増税推進を図る財務省(ダヤン塾長の記事にある、数学脳を持たない役人が日本を滅ぼす)に対しての堂々たる宣戦布告でしょう。実戦経験、並びに、情報の量と質とその正確な分析に裏打ちされた高橋氏の自信は、伏見先生・ダヤン塾長のものと同類でしょう。

    ㊥と㊦は高橋氏が運営する動画サイトです。二本合わせて23分程です。
    これより解るのは、「徴用工」問題に関しては氏の正攻法で対処する事が大切(最短かつ最大の効果を生む)で(安倍総理も同じ考えでしょう)、自民党議員も声を上げるべきはこちらではなく「外国人労働者」のはずですが、国民を欺くつもりなのでしょうか。しっかりと観察しましょう。どの議員が「本物」かを見極めるチャンスです。

    高橋氏、伏見先生、ダヤン塾長に共通する強さの秘密が、垣間見えた気がします。

    • こすけさんへ

      いつも応援、高評価有難うございます。「余命」懐かしいですね。弁護士大量懲戒請求事件の被害者の
      佐々木亮弁護士のツィッターを見る限り、確実に刑事事件化が迫っており、年内に余命こと芳〇〇和の逮捕もあるかもしれませんね。なんせNHKが本人にインタビューしていましたから。やはり、初代、カズは、今のカズだったようです(爆)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。