女子高生コンクリート殺人事件総括➃

スポンサードリンク

テロリスト金九の四柱推命鑑定命式

➂からの続きです。

それでは、金九の命式を見てみましょう。

金九

 

 

スポンサードリンク



 

【総合鑑定】表向きは、民族主義者、独立運動家、実像は「無学」でただただ凶暴なテロリスト集団の親玉。

・十二運を上から見ると、絶、沐浴、帝旺、衰で、日柱の十二運に帝旺が有るので、「身旺」でも、「身弱」でもない「中和」と見ます。

・日柱の天干が8月生まれの己(畑の土)です。猛暑でからからに乾いて、水不足なので旬の季節では有りません。従って月令は得ていません。

・命式の構造自体は、強くは有りません。巳と申が刑「けい」を形成します。何事も遅延の傾向の暗示です。

・この男の、「独立運動」は自力では達成できませんでした。1945年に、日本が「ポツダム宣言」を受諾して、朝鮮半島から撤退することで

「棚ボタ」で手に入ったのです。

・そして、この刑「けい」があるために、2個の天乙貴人が死んでしまいました。

 

≪命式に「三合」が組み込まれているので「パワー」が増す≫

★命式に、申―子―辰の「三合」が組み込まれています。

・このタイプの人間は、良い方向に進めば「とてつもない偉人」になり。悪い方向に進めば、「言葉で表現できないサイコパス、殺人鬼」になります。勿論、金九は後者です。

これが、19歳の時に日本人の「強盗殺人」を起こしてから、死ぬまでの50年以上、卑怯な手を使って、「独立運動」と自称した、「対日要人テロル」を繰り返した原動力です。

・冷酷の星の亡神が有ります。

・2個の戊と1個の癸が二重に干合します。非常に冷酷になります。

 

≪印星殺の成立≫

印綬が3個有ります。印星殺の成立です。

 

≪サイコパスの法則≫

➀サイコパスは「印星の日」に笑う

➁同上「三合の成立するとき」に笑う

この二つです。

それでは鴟河浦(シガホ)事件で日本人商人の土田氏を仲間数人で殴り殺し、金品を奪って逃げた日の行運(大運、年運、月運、日運)を見てみましょう。

・96年 丙申庚 印綬 傷官

・03月 辛卯乙 食神 偏官・・・白虎殺

・09日 辛酉辛 食神 食神・・・羊刃

1896年は、丙申の申年です。従って、命式中の、申―子―辰の三合ともう一組の「三合」を成立させます。

➁の「三合が成立するとき」に笑うそのものです。年運は印綬で、印星の年でした。これも➀の法則の成立です。

同時に、傷官の年でもありました。けじめをつけられて、もはや金九は当然ながら「堅気の世界」では生きていけなくなり、

「独立運動・テロビジネス」で食っていくしかなくなりました。

3月は、金九が発作的に起こした殺人事件ということもあり、予期せぬ事故の白虎殺がやってきます。

9日は、まさに、「殺気」の羊刃がやってきました。

 

≪金九は何故、同じ朝鮮人に暗殺されたのか?≫

日本軍が半島から撤退した後、無理やり独立させられた、南朝鮮に、二人のリーダーが現れ互いに敵視しました。

一人は、アメリカに、36年間亡命していた李承晩、もう一人は、中国国民党の拠点の重慶に逃げ込んでいた金九です。

二人とも、外野から騒いでいただけで、朝鮮半島の独立には「一滴の汗も血」も流していません。

しかし、大きな違いが有りました。後に韓国の初代大統領となる李承晩には、米国および米軍の支持があり、同時に思想は「反共産主義=反北朝鮮」でした。

金九は、自分達を「朝鮮独立臨時政府」と勝手に名乗り、対日戦争の唯一の「勝利国」と連合軍に認めさせようとしましたが、どの国も認めませんでした。

更に、金九は、朝鮮半島の「統一独立」を主張し、勝手に、北朝鮮の金日成と会談したりしました。

 

≪南朝鮮「親日派」の金九に対する軽蔑と恐怖≫

韓国は、独立後、アメリカの軍政と「頑迷な反日家」の李承晩により、徹底した「反日教育」を施したため、現在は「カルト的な反日国」となりましたが

独立当初は違いました。何しろ、半島の治安を守った警察官は全て、朝鮮人でした。また、全国の、公務員、行政官も皆、朝鮮人でした。

日本人の警察官や、官僚は、京城(ソウル)にある朝鮮総督府のごく一部のエリートだけでした。

★実務上、大日本帝国の、朝鮮統治の行政と治安を担っていたのは、朝鮮人自身だったのです。

しかし、日本を憎悪する李承晩は、官僚や、警察、更には、日本の教育を受けた軍人さえも全て、「公職追放」してしまいました。

すると、たちどころに、行政が機能しなくなってしまったのです。焦った李承晩は「公職追放」を取り消しました。

「親日派朝鮮人」達が、肩で風を切って、元の職場に続々と戻ってきました。

★その「親日派朝鮮人」にとって、最も目障りだったのが、偉そうに中国から凱旋してきた金九です。

「親日派」にとって、金九は只の「殺人犯」に過ぎませんでした。また自分たちは、大日本帝国に選抜され、

評価されてきたという自負もありました。

そして、金九は、日本人のみならず、数多くの朝鮮人同胞を殺してきた「殺人鬼」という恐怖も有りました。

逆に、金九から見れば、「親日派朝鮮人」は「民族の裏切り者」でしかありませんでした。

★そもそも、米軍も米国政府も朝鮮半島は、南北に分断して、資本主義体制で統治することに決めていました。

はなから「南北統一」など考えていなかったのです。傀儡政治家の李承晩も同じです。「朝鮮半島分断の固定化」ですね。

在韓米軍政府と、李承晩にとっては、金九は危険な存在であり、「親日派韓国人」にとっては、もし、金九が政権を握ったら自分達は粛清の対象となることは目に見えていたのです。

そこで、「暗黙の結論」となったのが、「金九暗殺」です。

刺客となったのは、極右で李承晩派の陸軍軍人の安 斗煕(アン・ドゥヒ)でした。

 

サイコパス・テロリストの金九が天罰を喰らった日の行運(大運、年運、月運、日運)を見てみましょう。

72歳ですから、大運は、63歳~73歳、癸卯―偏財―病・・・白虎殺が来ています。年貢の納め時の10年間でした。

・49年 己丑己 比肩 比肩・・・羊刃2個

・06月 庚午丁 傷官 偏印・・・羊刃3個

・26日 丁亥壬―空亡 偏印 正財

殺気の星の羊刃が2個も巡ってくる年でした。

6月はけじめをつけられる傷官の月でした。羊刃が3個も巡ってきます。

26日は空亡日でした。

月と日に偏印が巡ってきました。

 

≪命式に印星殺を持つ人は、亡くなった行運(大運、年運、月運、日運)に印星が来るケースが80%以上≫

印星殺を持つ人が、死亡する日は、天寿を全うした死、病死、非業の死いずれかに拘わらず「印星」が来るケースがほとんどです。

例外の方がむしろ少ないです。印星の日に、無実の人を殺しまくったサイコパス・テロリスト金九にふさわしい死に方でした。

比較対象として、金九にそっくりの、日本のサイコパス・連続強盗殺人犯(死刑執行済み)の男を見てみましょう。

次号へ続きます

女子高生コンクリート殺人事件総括⑤|西口彰事件と連続殺人犯

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか


狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

4 件のコメント

  • 勝手に名乗るという行為が、朝鮮人そのものですね。名乗ったもん勝ちです。後高句麗建国者の弓裔(といってもヤク○の長みたいなもの)も新羅王の庶子と勝手に名乗ったそうです。晩年には妻子を虐殺してます。

    • きなこさんへ

      全くその通り、「視聴率の神様(爆)」と勝手に名乗っている中国朝鮮族の自称脚本家と同じですよ(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です