人気ブログランキングに参加しています。


女子高生コンクリート殺人事件総括⑭|マスコミが報道しない理由

  スポンサードリンク  

⑬からの続きです

《マスコミは何故、湊の再犯と「コンクリ事件」について報道しないのか?》

★マスメディアが「在日と帰化人に既に制圧」されているから、「在日朝鮮人犯罪」であり「在日特権による軽すぎる量刑」

の「コンクリート殺人事件」の犯人の再犯について、敢えて報道しないのです。そして、視聴者や国民の目をこの事件から逸らす為に「日大の殺人タックル事件」でワイドショーをひっぱったり、その賞味期限が切れたら、「女子体操のパワハラ問題」で引っ張れるところまで引っ張ろうとしているのです。

民放地上波各局の、プロデューサー以上の幹部、重役、全国紙の、幹部重役に、通名を使用した在日韓国朝鮮人や、帰化人が多すぎるのです。

★普段から、逮捕された在日の犯人の名前を、本名ではなく、通名で報道しているのがその証左です。

戦前の日本本土には旧大日本帝国籍の朝鮮人が約200万人いました。

敗戦と同時に、そのうちの約150万人が、独立する祖国、半島に帰っていきました。

自発的に残ったのは、約50万人ですが、その後の、朝鮮戦争や、李承晩初代大統領による弾圧、虐殺を逃れて済州島出身者も含めて、約50万人が、密航も含めて、日本に戻ってきた。合計約100万人。

その後、帰化も続いたのか、現在の未帰化の在日韓国・朝鮮籍保有者は39万人とのこと。

従って、帰化した韓国朝鮮系日本人も含めると、約100万人でトータルは変わりません。

 

 

スポンサードリンク



 

我が家で父から聞いた話

終戦の年の昭和20年春。鹿児島市在住の、朝鮮人留学生が祖父に挨拶に来ました。

通名は広井氏だったそうです。ちなみに在日は通名に「井」の字を好みます。

井沢とか(笑)有名どころでは、在日の大物暴力団組長の町井久之(鄭健永;チョンゴンニョン)元東声会会長で、力道山の兄貴分、東声会解散後は、実業家に転身。六本木の総合娯楽ビル、TSK・CCCターミナルビルをオープン、レセプションには芸能界から先日、次男が4度目の覚醒剤使用で逮捕された女優の三田佳子が出席しました。

話を戻すと、その広井氏は、前の年、市内で、数人の同胞から脅されているところを、祖父が暴漢を一喝して救ってあげた人で恩に着ていたらしい。

広井氏「お世話になりました。来週京城に帰ります」

祖父「いい就職口でも決まったのかね?」

広井「いいえ、祖国が独立するのでその準備に帰るんです」

祖父「ええ!」

広井「日本は夏までに降伏するんですよ」

祖父「誰がそんなことを言ったの?」

広井「それは言えません。ではお元気で」

会話はここまでだったらしい。日米戦争は沖縄戦が始まったばかりで、国民は「一億総玉砕」を叫んでいた時です。

祖父は勿論、海軍に行っていた叔父も知らなかったという。誰が、一留学生にそんな機密事項を教えたのか?

昭和天皇に近い、誰か高位の軍人か、官僚しかいない。祖父は生前、よく「誰だろう?」首をひねっていました。

 

昭和20年8月15日、正午、「終戦の玉音放送」。

内地待機の陸海軍軍人、警察は、皆、虚脱状態に陥っていました。

3時間後の、午後3時、東京、名古屋、京阪神などの大都市で、朝鮮人が一斉に蜂起。

日本軍の「武器庫」を襲って、武器を奪い、口々に「俺たちは戦勝国民だ」と騒ぎ、略奪、暴行、殺人を始める。

いわゆる「朝鮮進駐軍」の走りです。9月、厚木飛行場に、占領軍総司令官、マッカーサー元帥到着。

日本陸海軍軍人に、武装解除を要求。警察官には、拳銃の供出を要求。これで、警察官は警棒しか持てなくなりました。

図に乗る、朝鮮人達は、日本全土の都市で、略奪、暴行を繰り返し、焼け跡となった駅前の一等地を不法占拠します。

これが今日本全国に広がっているパチンコ屋です。

手引きしたのは、戦前の治安維持法下で刑務所に収監されていて「終戦恩赦」で出所した日本共産党員達です。

これに対し、マッカーサーは「朝鮮人を戦勝国民として扱うように」と政府に指示しました。

民主党総理の鳩山由紀夫の祖父で、後の総理の鳩山一郎は、電車内で、マナーを注意した朝鮮人に、

殴る蹴るの暴行を受けて、瀕死の重傷を負う。

後の自民党の有力者の大野伴睦も朝鮮人に殴られて、鼻を骨折。

★そうした、「朝鮮人の蛮行」を報道していたのが、毎日新聞。ところが夜間に、朝連(後の朝鮮総連)のやくざっぽい連中が、重役の家に訪問して奥さんや、家族を脅す。

「恐怖」に屈して、毎日新聞は、朝鮮人犯罪の報道を止めるようになりました。

毎日新聞に倣い、朝日、読売等の全国紙も朝鮮人犯罪の報道の自粛を始める。

日本政府の斡旋で、約150万人の朝鮮人が、半島に帰り、数が減ると、ようやく犯罪は減少するが、この間に殺された日本人は推定で、3千人は下らないと言われています。

TV放送が始まると、新聞社傘下のTV局に、優先的に、在日朝鮮人を入社させるようになる。その典型が、毎日新聞傘下のTBS。

有名大学出身の在日社員が、テレビや、新聞社の重役に出世すると、ますます「韓国、朝鮮人批判」はご法度になる。

典型例が人気霊能者だった宜保愛子。韓国で霊視する予定だったが、飛行機から、地上を見て、「こんなおぞましい土地にはおりたくない」と拒否。

それ以降、テレビ出演の話が途絶えました。日露戦争後、朝鮮総監として赴任することが決まった伊藤博文に、親しい易占家の高嶋嘉右衛門が「地獄の穴が開いている土地に行くのはおやめ下さい」と必死に止めたのは有名な話。

田原総一郎司会のテレ朝「朝まで生テレビ」に出演した故野坂昭如が、「出演しているのは朝鮮人ばかりじゃないか」と発言したら、次から出演の話が来なくなりました。

≪元駐ウクライナ大使の馬淵睦夫氏曰く「アメリカはTV局に外国人は入社させない」≫

「外国人」という意味は、アメリカはTV局は「保守本流」のWASPで固めているということです。

私は日本もそうすべきだと思っています。理由は「治安維持」の為です。「反日」と「恨」の精神文化と、

「被害者コスプレと間違った歴史認識に満ちた」在日韓国朝鮮人は、NHKも含め民放地上波各局は

新卒では、カメラマンに至るまで入社させるべきではありません。既に、入社しているものは解雇すべきです。

「差別」「人種問題」より「日本の治安」「日本人の生命と財産の保護」と「日本固有の文化と伝統の防衛」が優先されます。

★現に、30年前の平成元年、この事件が発覚した時、TV各局は、共産党と組んで、被害少女を「不良女子高生」にする印象操作と犯人たちの擁護のキャンペーンを行ったではないですか(怒)

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)
 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

4 件のコメント

  • 飯島愛さんのように、芸能人として売れるのが目的とはいえ、Tバックで公衆の面前に出るというのは、ちょっとどうかと思っていました。宜保さんは、朝鮮の焼き物を家に置くなと言っていましたね。もっと長生きしてほしかったです。朝鮮は昔から支配者が代替わりする度に、政敵一派を理由をつけて殺していましたから、おぞましい土地というのは納得です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です