女子高生コンクリート殺人事件総括㉒|栗田源蔵、「おせんころがし殺人事件」の命式

㉑からの続きです

≪神作と同じ「丙申―病」のサイコパス、栗田源蔵、「おせんころがし殺人事件」≫

おせんころがし殺人事件・・・Wikiより

1952年(昭和27年)10月11日に千葉県小湊町(後の天津小湊町、現鴨川市)にある断崖、通称「おせんころがし」

で起こった殺人事件である。母子3人が1人の男に強姦され殺害された。また、この事件の同一犯人の起こした合計8人の連続殺人事件の通称でもある。

 

栗田源蔵

秋田県の極貧家庭に12人兄弟の三男として誕生。栗田は両親から放置されながら成長した。

栗田は夜尿症が小学校就学期になっても直らず、学校では尿臭が原因でいじめに遭っていた。

小学3年生

小学校を中退。その後、農家に下男として奉公するものの、やはり夜尿症が原因で嫌われて追い出され、1年間に10回以上も奉公先を代わった。

19歳

徴兵されて弘前の歩兵第31連隊へ入隊するが、ここでも夜尿症が原因でわずか2カ月で除隊。この夜尿症は後の死刑執行直前ごろまで栗田を悩ませ、心身を蝕んでいった。

終戦後

北海道の美唄炭鉱で炭鉱夫となって荒くれ男たちと過酷な肉体労働の日々を過ごし、それまでひ弱で内向的だった栗田は周囲の男たちと同様の粗暴な荒くれ男となっていた。

1948年

ヤミ商売のブローカーとして生計を立てていた栗田は、三角関係のもつれから静岡県において交際女性を2人とも殺害した。

1951年8月8日

栃木県で子供を寝かしつけようとしていた主婦を強姦しながら絞殺した揚句、死姦した。

10月10日

勝浦駅において行商に出たまま行方不明になった夫を探すために偶々同駅に降り立った母子4名を誘い出し、日付が変わり翌日深夜長男と長女を断崖絶壁の「おせんころがし」にて投げ落とした挙句、主婦を強姦して背中に背負っていた次女ごと投げ落とした。

被害者達は崖の途中に止まっていたが、犯人の栗田はそんな被害者達を石で殴打し殺害した。長女だけは軽傷で隠れていたため奇跡的に生き延びることができた。

1952年1月13日

千葉県千葉郡検見川町(現在の千葉市花見川区)で主婦と叔母が殺され、主婦は死姦された。この際指紋が検出され、これにより栗田が割り出され栗田は逮捕された。

1952年8月13日、

1952年1月13日の事件で千葉地裁で栗田に死刑の判決が下された。

1953年12月21日

宇都宮地裁で他の件に関して死刑の判決が下された。

一審で二つの死刑判決を受けた初の例でもあり、後に警察庁広域重要指定事件113号が起こるまでは、この例は裁判例としては死刑を二つ宣告された唯一の例だった。

その後、控訴は取り下げたものの判決後の栗田は衰弱がひどく、再審を繰り返した。

栗田の手記「懺悔録」

「女と寝る時は叩いたり、締めたりすると、とてもいいぞ」と9歳の頃老人に言われたとの事である。栗田本人はこの書物を売ろうとしたが断られた。

1959年10月14日

栗田の死刑が執行された。

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

四柱推命鑑定|栗田源蔵

【辰巳空亡】

 

総合鑑定|異常性欲サイコパスが、シリアルキラ―となった典型的な命式。

・2個の丙と1個の辛が二重に干合を形成します。性欲の塊の干合です。

・好色の星の咸池も有ります。

・【血刃&駅馬の魔のペア】が2組も有ります。意味するところは、8人の被害者の「返り血」で、もう一つの意味は「刑死」でしょう。

 

≪印星殺の成立≫

先天の命式に、偏印が2個、印綬が1個有ります。印星殺の成立です。

≪食傷過多の成立≫

先天の命式に、食神が3個、傷官が1個で「食傷過多」の成立です。

★上記2条件が揃えば、サイコパス認定です。

 

刑の執行日の行運(大運、年運、月運、日運)をみると。

59年 己亥壬 傷官 偏官・・・劫殺

10月 甲戌戊 偏印 食神・・・劫殺、羊刃

14日 己巳丙―空亡 傷官 比肩・・・劫殺

 

1959年は傷官の年で、けじめをつけられる年でした。10月は「印星殺」を持つ人にお約束の偏印の月です。

14日は、空亡の日です。驚くべきは、年、月、日に全て、外部からの物理力の劫殺が来ていることです。

文字通り、吊るされる時でした。

★当時、国会では「死刑制度」を廃止するか否かで論争が繰り広げられていました。

しかし、その時、栗田の連続8人殺人事件が発覚して、「死刑廃止派」は敗北しました。

8人という尊い犠牲でもって「日本の死刑制度」は守られて、今も凶悪犯罪の「抑止力」として十分機能しています。

次号へ続きます。

 

 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

※人気ブログランキングに参加しています。


ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか

ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

2 件のコメント

  • 夜尿症で除隊となり、戦死しないですんだのですから、ある意味悪運が強い。ですが戦死してくれた方が、その後の事件が起きずにすんだのですから、皮肉なものですね。サイコパス遺伝子を持つ者が、不遇な幼少期~思春期を過ごすと、残忍性が牙を剥くことになりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です