人気ブログランキングに参加しています。


寄稿|片目のダヤン|(続)柴又三丁目女子大生殺人放火事件(転載禁止)

  スポンサードリンク  

下段からの続きです

【エピローグ】

貴殿に会って、小林順子さんの霊を弔った12月27日の晩から翌朝の28日に掛けて。私は、奇妙な夢を見ました。暗闇の中で、黄土色のレインコートを着用した男。私は咄嗟に彼に向って鋭利なジャックナイフを投げ、見事に循環器系の中心部にある「心臓」に突き刺さりました。すると、その男はそのジャックナイフを心臓から抜き取り、もう一人の男の心臓も刺した。やはり、犯人は2名だったのです。

万が一、小林順子さんが生きていれば、2019年の今年、彼女は44歳の誕生日を迎えたことでしょ。私のカンと経験知が正しければ、彼女は中学や高校で生徒に英語を教えるのではなく、大学教授兼新進気鋭の「比較言語学者」に成っていたでしょ。本当に残念です。何とか、その意思を後世の者に伝えるのが私たちの役割かもしれません。

丁度、イギリス人の言語学者グレゴリー・ヒューズ著作「英単語の歴史」で記したように英単語は、「アングロ・サクソン系言語」「ノルマン・フレンチ系言語」と「ギリシャ・ラテン語系」の三要素で成立しています。彼女なら、絶対的に日本語も「平仮名」「片仮名」と「漢字」の3つ要素で成立していることを逸早く見抜き、素晴らしい著作本を世に出したことでしょ。例えば、小林順子著作「英語と日本語は同じ三要素」とか。

具体的には、アングロ・サクソン系言語が平仮名で、英単語は(fair/word)。ノルマン・フレンチ語系は片仮名で、英単語は(beautiful/term)。最後のギリシャ・ラテン語系は、漢字が該当し、英単語は(attractive/lexeme)。これを纏めると、英語と日本語の三要素は、互いに反復していることが判ります。

Fair-Beautiful-Attractive

Word-Term-Lexeme

それ故、私は「本所見」が本事件解決の糸口になった際、当該懸賞金の一部と私の電子出版(アマゾン・キンドル・ダイレクト・パブリッシング)の著作「片目のダヤンの英語塾(上下巻)」の印税収入の一部を殺人事件被害者遺族の会(宙の会)を通じて、「比較言語学者を目指す女子学生」の基金の設立に向けて助力したい所存です。

なお、上記の「片目のダヤンの英語塾(上下巻)」の紹介を記します。今年、9月から開催されるラクビーのワールドカップと来年の東京オリンピックに向けて、不特定多数の外国人が我が国を訪問します。実は、日本人が英語を話せない理由は、上記の3要素と同様、3つしかありません。①外国人を異常に美化する②自分の発音と文法を異常に気にする③数学と英語の勉強法は極めて同じ。

そうです。この3つの単純なことに気付けば、誰でも英語が話せるのです。これこそが日本全国約29万人の警察関係者の方々及び、ご家族の方々の合計58万人全員に是非とも読んで戴きたい積極的な理由です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

本所見(原稿)の入力を終えて、私はALB(オールマン・ブラザーズ・バンド)の楽曲「エリザベス・リードの追憶」(In memory of Elizabeth Reed)を聴きながら、ワイルドターキーをストレートで飲んでいました。すると、楽曲のリフレイン(サビの部分)で、小さな声を書斎の空間から感じ取ったのです。

(Thanks a lot for writing about my incident!)

「私の事件について書いてくれてどうも有難う!」

もっとも、私のツッコミは、

(When did you learn American Spoken English Expressions?)

「いつ、米語表現を学習したの?」

小林順子さんはまもなく、天国で成仏するでしょ。合掌。

本事件の早期解決と事件初期の50名前後の態勢を切に望みます。

以上

 

スポンサードリンク



 

 

【この事件所見(報告書)の余波・アフターマス(aftermath)】:

7日の木曜日の午後、私のスマホが見知らぬ電話番号を点滅して、鳴りました。出ると、中年男の声で、「亀有警察署のXXXと申します。突然のお電話で恐縮ですが。本日、お会いすることは可能でしょうか?」ウ~ン困った。毎週、火曜日の夕方は、顧問先の会社に行くことになっている。さて、どうするか?しかし、私は即決してこの刑事と会うことにした。直感で、「縁起が良い」と思ったから。英語では、(augur well)*。でも、場所が遠いのが玉にキズ。日本橋駅に出て、都営浅草線と京成押上線を利用して、一路「京成高砂駅」へ。ここから、タクシーに乗車。

*対語の「縁起が悪い」は、(augur ill)。因みに、トランプの暗殺確率を現在、オッズ化した㌫で、その倍率を表示している不気味な米国サイト名は、この(AUGUR)。

約束の6時半を過ぎてしまったけど。亀有警察署の玄関で、この刑事と相棒の方がお出迎え。先方曰く、「XXXXさん(私の名前)ですか?」上記の「所見」には、私の顔写真等の添付は無かったけど。刑事のカンでしょ。それで、3人は3階の応接室へ。民間の会社と比べると、かなり貧相だけど。それなりの安い複製画が壁に掛かっている。

 

因みに、私の学生時代。

付き合った女性は全員、美大生だった。この多感な影響かもしれないが。ロックミュージック同様、かなり絵画にも詳しいと、自負。その理由は、絵画を一瞥すると、即座に「油性」「リトグラフ」や「シルクスクリーン」の違いや画風の違いも瞬時で判るから。また、画家の国籍も大抵、判る。なお、自慢ではありません。

年配の女性署員が私だけにお茶とコーヒーを運んでくると、直ぐに会合が始まった。「XXXXさん(私の名前)、一読させて戴きました!」これを発言したのは、私に電話を入れた中年刑事。年齢は40代後半って感じ。もう一人の相棒は、40代前半くらい。

「率直に申し上げて、この所見は凄いです。辣腕検事が執筆した以上の取り調べ調書と云っても、過言ではありまでん。それと、この所見に基づいてホシ(犯人)を検挙できた際には、犯罪懸賞金と警視総監賞が貴殿に授与されます」

 

 

ここからは、私の最終学歴と就労経歴の聞き込み。

中年刑事の質問に私が答えると、そのすべてを相棒の40代前半男がメモに書き取る。ちょっと、刑事ドラマっぽい。何処かで、録音しているかも?それから、面白い質問も受けた。「XXXXさん(私の名前)、このような広範囲な見識と高度な分析力は、どこで学んだのですか?」

ここで、私が「外資系企業に長く在籍したので、偶々です」と答えると。中年刑事は、こんな話をした。「仮に、XXXXさん(私の名前)が居た会社に100名の新人社員が入社したとしましょう。でも、アナタのレベルに匹敵する者は全体の1人か2人。そうです。アナタは先天的にアタマが良いのか?それとも、後天的にアタマが良くなったか?の何れかです」

これは私にも判らない。勿論、私に昔接触したモサドエージェントに訊いてくれとも言えないし。そこで、私は話題を変えるべきこんな質問を中年刑事にした。「このホシ(犯人)は、いつぐらいまでに検挙されますか?」すると、彼は考えることもなく「かなり、早い時期です。勿論、今日明日でないことは確かですが」と、言い放った。やっぱりネ!

それと、この犯人が検挙されると、TV画面で「ニュース速報」のテロップが流れること。もう一つは、オバカなマスコミが殺到するのでこの所轄の亀有警察署に容疑者が連行されるのではなく、本庁こと桜田門とか。数えきれないカメラフラッシュを浴びる洗礼は、朝鮮人にとって日本人から最高の贈り物!個人的には、コイツ(容疑者)を裸足で歩かせたい!マハトマ・ガンジー顔負けかも?それと、イザーマンが裸足で公園を歩く練習は、とてもイイかも?理由は、刑務所内のボケ防止。では、片目のダヤン

以上

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

1 個のコメント

  • 非公開希望さんへ

    貴重な情報提供有難うございます。
    井沢満も枕を高くして寝てられませんね(爆)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。