人気ブログランキングに参加しています。


ダヤン出版|「諜報塾①陰謀論の世界」の出版のお知らせ

  スポンサードリンク  

読者様待望の、片目のダヤン氏の諜報論の本の出版です。

鬼才の縦横無尽の頭の切れを心行くまで、ご堪能ください。

片目のダヤンの諜報塾

そこで、世の中の誤った「ユダヤ支配史」「陰謀史」「暗黒史」を是正すべく、真実を語ります。

この地球上、セファルジー系ユダヤ人の「ロックフェラー」や「ロスチャイルド」財閥が間接支配しているのではなく、下記の一族がもう一つの見えない「ピラミッド」を形成して完全支配しているのが現実です。(中略)

 人種的には、ゲルマン系・ラテン系の混血です。従って、地球の影の支配者やプランナーには、アングロサクソン系・ユダヤ系・ロシア系・アジア系・アラブ系が一切、混入していないのが大きな特徴です。

『1-1 世界に繋がるヤフオク事件の驚愕の正体』より

※この本は、2015年~2016年04月の期間に、「伏見顕正の時を斬るブログ」へ寄稿した記事を編集したものです。

目次

第一章

1-1 世界に繋がるマネロンの輪

1-2 地名とアルファベッドの伝える、世界覇権戦争の痕跡

1-3 池田大作は2012年2月20日に死亡した

1-3 正田富美のもう一つの顔、ロックフェラーの代理人、

1-4 堤家と皇居の関係

1-5 国宝財産売却とマネーロンダリング疑惑

1-6 「国家財産横流し」の構造

第二章 諜報界マトリクス

2-2 諜報マトリクスと「余命三年時事日記」の正体

2-3 諜報界マトリクス(Espionage Matrix)・四分割

第三章 去りゆく諜報員・質問の回答と読者への最後のメッセージ

3-1 質問の回答と読者への最後のメッセージ

3-2 インテリジェンス・マスター(諜報部員)になるための英語テスト

第四章・ダヤンレポート2016.04

4-1 ダヤンレポート

4-2 ①日本は国際競争で勝ち残ることができるか?

4-3 ②イギリス植民地政策の源流を探る」について。

4-4  ③インドのカウンター・テロリスト(対テロリスト対策)

4-5 エピローグ

4-6 読者の皆様へ、帰国のご挨拶

第五章・読者様への回答

5-1 読者様への回答①

5-2 読者様への回答②

5-3 読者様への回答③

5-4 読者様への回答➃

5-5 読者様への回答⑤

5-6 読者様への回答⑥

5-7 読者様への回答⑦

5-8 読者様への回答⑧

5-9 読者様への回答⑨

5-10 読者様への回答⑩ 三菱の特殊性!?

第六章

6-1 明るい話題を

6-2 中国の国営会社「ギリシャ・ピレウス港、第二埠頭買収」

6-3 ヨーロッパの新聞から北朝鮮を読み解く

6-4 新規ビジネス!?

6-5 株式投資の極意かも!?

6-6 某朝日新聞記者は消された!?

6-7 もう一人の中国スパイ

6-8 東京(日本)のイギリス化!?

6-9 実家の話の続き

あとがき

以上

寄稿|ダヤン氏|片目のダヤン諜報塾・第一巻の紹介

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。


※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)
 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です