人気ブログランキングに参加しています。


女子高生コンクリート殺人事件総括㉗|最後に、エドモンド・ケンパーと安倍首相への嘆願

  スポンサードリンク  

「丁丑―墓」タイプのサイコパス、アメリカ人のシリアルキラ―、エドモンド・ケンパー≫

エドモンド・ケンパー・・・Wikiより

アメリカ合衆国の連続殺人者。

人物

身長206cm 体重140kg 知能指数は140前後。

カリフォルニア州バーバンク生まれのケンパーは、小さいときから猫をいじめるなどといった動物虐待を行っていた。

境界性パーソナリティ障害の疑いのあった母親は、ケンパーが妹をレイプすることを恐れて彼を狭い所に寝かせた。

1964年8月27日

当時15歳だった彼は、憎しみもなく好奇心から祖母を銃殺し、祖父をも殺す。カリフォルニアの精神病院に1年間入院した。

1972年5月7日

ヒッチハイカーの女性2名を殺害して、切り取った頭だけを自宅に持ち帰った。

同年9月14日

15歳の少女を殺害した。翌年1月8日には18歳の学生を殺し、2月5日には更に2名を殺害する。

1973年聖金曜日、

寝ていた母親をハンマーで撲殺し、頭を切断。

ダート盤にする前に、ケンパーは彼女の頭とオーラルセックスを行った。それから母親の声帯を取ってディスポーザーに捨てたが、機械がうまく作動しなかった。

その後、ケンパーは母親の親友も殺害。3日後に自ら警察へ出頭した。最終的には、ケンパーにより合計で10人が殺害されたことになる。

1973年、

第1級謀殺で有罪となった。本人は死刑を望んだが、終身刑となった。

以上

 

スポンサードリンク



 

 

エドモンド・ケンパー

1948年12月18日生まれ(69歳)

・・・上 中 下  宿命星    十二運  吉凶星

年柱 戊 子 癸 傷官 偏官    絶

月柱 甲 子 癸 印綬 偏官    絶

日柱 丁 丑 己    食神    墓   飛刃

時柱 壬 寅 甲 正官 印綬 紹介 死   劫殺2個、月徳貴人、孤辰、駅馬

【申酉空亡】

 

【総合鑑定】渡邉そっくりの命式

十二運を上から見ると、絶、絶、墓、死でこれ以上なく弱いです。

月令も渡邉と全く同じパターンで、得ていません。命式の構造は最弱です。

丁と壬が干合します。性欲の塊の命式です。飛刃が有るので切れやすいです。ここまで、命式が渡邉そっくりで笑っちゃいます。

2個の偏官と食神、それと印綬がパワーラインを形成します。この力で、あれだけのことをやってのけたのでしょう。

 

≪食傷過多の成立≫

食神が1個、傷官が2個で食傷過多の成立です。他人を殺めることが自らにも災厄をもたらすことになります。

 

祖母を理由なく殺害した日の行運(大運、年運、月運、日運)を見てみましょう。

・64年 甲辰戊 印綬 傷官

・08月 壬申庚―空亡 正官 正財

・27日 戊申庚―空亡 傷官 正財

けじめをつけられる傷官の年と日でした。

月と日の申と年の辰が、命式の2個の子と申―子―辰の三合を4組成立させます。この男も例外なく「サイコパスは「三合が成立する日」に笑う」の典型例でした。

 

《サイコパス達は更生しなかったし、湊以外の3人にも再犯、再再犯の危険性が高い》

★4人の犯人の達の「量刑」は被害者と遺族に償うには「不当に軽すぎ」て、また全員サイコパスなので「少年法」の趣旨である「更生」がそもそも不可能でした。このままでは、被害女性は浮かばれないし、遺族も癒されることは有りません。

「名古屋アベック殺人事件」では、被害カップルの双方の片親が、心労のために急死したと聞いています。

刑事裁判には、「冤罪」を防ぐために「再審」という門戸が開かれています。

過去に例は有りませんが、その逆で、「少年法」で保護されて、「不当に量刑が軽く」かつ「更生に失敗」した場合は、もう一度、裁判をやり直し、極刑も含めた妥当な刑罰を再度課してもよいと思います。言わば「逆再審」とも呼べるもので、裁判のやり直しです。

 

《4人のサイコパス達が完全に罪を償うまでは、「昭和」も「平成」も終わらない。被害者と遺族は浮かばれないし、国民の再犯に対する「恐怖」が消えることもない》

★「コンクリート事件」の裁判のやり直し、所謂「逆再審」の可能性について、法務省の刑事局の担当者に質問したところ「法的に議論は可能です」という回答をいただきました。

★但し、「いわゆる人権派」の猛烈な抵抗が予想されるので、今上陛下が、憲法違反の「生前退位」を押し通したように、安倍政権に「特例法」の立法でで早急に対応してもらいたいと思います。

私は、下記の文例で、官邸メールを送ったので、賛同していただける読者の方はご協力いただきたい。

拝啓 安倍総理殿

拝啓

安倍総理殿

「少年法」の実効性が無いことが証明されたので、平成元年発生の「「女子高生コンクリート殺人事件」の裁判のやり直しを命じる「刑事訴訟法特例法」」の制定をお願いいたします。

同時に、この事件に党として、組織的に深く関与した、日本共産党幹部と、「反社会的弁護活動」を行った加害者側の弁護士全員、国民の納得のいかない判決を下した裁判官、

及び加害者の父兄全員を国会に「証人喚問」して彼らの責任を、国民の目に見える形で、徹底的に追及してください。

尚、犯人4人については、フィリピン等海外逃亡を阻止するために、超法規的な「予防的拘束」を捜査機関に命じるようお願いします。

もし、早急に立法化していただけたら、来年の、党一地方選、参議院選挙等、全ての選挙で私は自由民主党に投票することを確約いたします。

                                                    敬具

 

 

人気ブログランキングに参加しています。


※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)
 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

4 件のコメント

  • 伏見様、工作員対応お疲れ様です。この事件の被害者やご家族はもちろん、ご友人の衝撃や悲しみを思うと、量刑はあまりにも軽すぎますな。

    • yukaさんへ

      労いの言葉有難うございます。この事件の被害女性のお葬式の動画がyou tubeに残っています。
      クラスメートの号泣する姿に涙を禁じえません。
      ご冥福をお祈りします。

  • 不当に軽い量刑のやり直し裁判は制度化した方がいいですね‼コンクリ事件の犯人以外でも、死刑相当なのに無期懲役になってるのもいるでしょうし。官邸メールします。

    • きなこさんへ

      ご協力ありがとうございます。
      「永山基準(殺人1人まではセーフ)」の廃止もメールもよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です