人気ブログランキングに参加しています。


平成皇室論総括⑭|井沢満とカナダのわがまま親爺の正体②今は井沢が書いている

  スポンサードリンク  

つながる点と線①からの続きです。

ブログはこうして乗っ取られる「カナダのわがまま親爺」の場合

2017年7月2日 カナダとBBのルンルンデート

一昨年夏、2017年7月の井沢満イザーハイノリーズ&カマーズとの「大抗争」の端緒となった「ヘタレ爺」です。

例の抗争時は、「フィリピンの殺し屋」の話を持ち出したりして、随分と粋がりましたが、私とダヤン氏の「もう爆撃」を受けたら、ブログをそっ閉じして逃亡しました。

2017年07月02日 BBの覚醒記録

タイトル 雨の靖國で、皇室について語り合いました

https://archive.is/iWG37

今日は、いよいよ都議選投票日。余計なことを書きそうで、公選法に触れそう。

なので敢えて、閑話休題的な話題を。

昨日は“不倫”デートwでした。

雨催いだったので洋服にしようかと思ったのですが海外からいらした

男性なので、浴衣ぐらいは着ておもてなししましょ、ということで選んだのが淡いアイボリー地に紫陽花と燕、そして流水柄の浴衣です。

メークの過程が「出陣」というモードに切り替えられる日毎の

儀式なのですが、着物もそうでパープルの濃淡の半幅帯の片方を肩にかけ、帯を締めていく過程で、だんだん気持ちが定まって行きます。

洋服にはない感覚ですよね。

昔の女の「覚悟」って、案外こういうところにありません?

帯を締めると、いわゆる「腹が座った」状態になるもの。

浴衣に帯締めなんて野暮なことを、と母から叱られるのですが、実家を今は離れ(近くなんだけど)、口うるさいのがいないので臙脂の帯締めなんかしてみました。全体、下駄の鼻緒まで藤色で統一したので一点を破調にしてみたく。

ネイルは、水仕事の邪魔になるので短めの爪に肌色に近いコーラルピンク・・・・薄い珊瑚色でペディキュアと同色です。

素足なので、ペディキュアも念入りに。

車を運転している最中は、下駄は他に履き替えてます。

薄紫の和傘を開いて、向かった先は靖国神社です。

蕭々と降りかかる優しい雨に潤った緑の、穏やかなたたずまい。

「みたままつり」の設営がなされている参道の石畳に下駄の音が涼しく、やはり浴衣にしてよかった、と思いました。

お会いする男性は、フィリピン人の奥様とカナダ在住の素敵なおじさまなのですが、お顔は写真でしか知らず初対面です。

BBでもブックマークさせて頂いているブロガーさんです。

▼わがまま親父の独り言,カナダで生きてます。

http://2002mar.blog.fc2.com/

おじさまから、非公開指定でデートの申込みを頂いたのです。近いうちに一時帰国するので、ぜひBBさんにお会いしたいと。

いつもなら即お断りするところなのです。

「ネットのことは外に持ち出さない」主義を貫いていて、保守ブロガーの方からのお誘いも頑ななまでに拒んで来ました。

今まで唯一の例外は、BBが支持している某政治家さんから会いたいと言って来られたときで、このときは二つ返事で出かけました。

結果、それがその後の人脈を政界含めて、某界隈の情報ゲットの人脈にまでつながって行き、情報源は明かせないながら実はわりに一次情報も多いわけです。通常のブログよりは、たぶん。

一次情報でなければ、かなり細心なデータ蒐集をして検証を重ねています。(絶対間違わないということは、ありませんが)
話が逸れました・・・・

カナダのおじさまから、対面のご希望にまる2週間も迷いながらもOKのお返事を差し上げたのは、お互いのメールに切り替えて次々にいただく文面が誠実で、それに外国暮らしというBBにとっては気楽なお相手、そして何より「体調悪しく先がそんなにないので会いたいと切望する人には会ってから逝きたいのです」という切々たる言葉に心揺り動かされたからでした。(お写真が素敵っぽいことも付加価値でしたけど)

参拝で英霊の皆さまにご挨拶を申し上げ、それから逢引きwの場、遊就館内のカフェに行ったら、すでにお待ちでした。

立ち上がって迎えてくださったおじさまは、白い麻のスーツに、日本人には珍しくタイをキリリとウィンザーノットに締めて、BBとの逢瀬のために買ったという真新しい白いパナマ帽が端然と卓に置かれてありました。

 

初対面でしたが、お互いのブログを通じその考えも思想的立ち位置も感性も承知であり、すぐ打ち解けてお話は尽きることなく、ふとおじさま

愛煙家で、ドリンカーなのを思い出し、近くの喫煙可能でアルコールも出すカフェにご案内したのでした。

皇居北の丸のお堀には、紅の蓮が幾つかほころびていて、淡い雨滴に粒立つ水面(みなも)にたゆたっていました。

「雨の匂いがするね」

とおじさま。「カナダの緑とは違うなぁ・・・・・。今カナダは短い夏の盛りで、一年中で一番きれいな季節なんだよ」

雨の匂いには植物の放つ芳香も混じっています。くちなしの香りも。そしてなんと浴衣の柄と同じ燕の姿が茂みにありました。斜めにつんざくような飛び方をする燕は目にしたことがありますが、茂みで遊んでいる姿を見るのは初めて。まして都心で!

雨空と燕って、とても似合う。紫陽花もね!

皇居が至近であることもあり、話は自ずと皇室のあれこれへと及びました。

「いつ、気づかれましたか?」

と、伺ったら、

「◯◯さん(BBの姓)のブログで、筆が皇后陛下とそれからついに天皇陛下へと及んだあの辺りと、ほぼシンクロで私も気づいたんだよ。

皇太子ご夫妻のあのていたらくは、多くの人が気づいてるけど、両陛下については◯◯さんと同じく、発想だにしないからさ」

BBは、

「ええ、でしょ? だからBBブログのある時期の記事は皇后陛下賛美、天皇陛下素晴らしいという記述があるの。『宮中にあまたの神官あり』辺りかなあ。今となっては恥ずかしいのだけど、でも日本と皇室破壊の工作員呼ばわりをされたら、ここ読んでごらん、って言えるんで、書いておいてよかったかも」

おじさまは笑ってビールをまた飲まれ、しきりに煙草をふかしながら、

「両陛下の内実に気づいたきっかけはあの皇太子殿下と、精神病の皇太子妃を延々と放置なさっていることにある日首を傾げたことからなんだよね」

「皇太子殿下が人工膀胱で祭祀がおできにならないことなんか、国のトップのほうはもちろん、両陛下はご存知なのに国民には黙って天皇に即位させようなんて、それは国民にも不誠実だし裏切りだし、何より皇祖神への不敬でしょう?」

当日の模様は、おじさまがカナダに帰国された2週間後くらいに書かれるかもしれません。日本にPCは持って来ていらっしゃらないとのこと。
帰国された頃は、べべこのことは忘れていらっしゃるかもしれませんが。

ただ、

「私が来年も生きていたら、また会いませんか」

と言って頂けたので、あるいは記憶にとどめてくださっているかもしれません。

来年、再びあのカフェで乾杯が出来ることを祈っています。BBは車なんで、ノンアルコールなんだけど。

次回は電車にして、ジンなんか付き合っちゃおうかな?(破滅型を自称なさるおじさま生き急がないで、元気でいて欲しい)

海を隔て、年齢も性別も隔てながら国と皇室への思いは一つなのでした。

(あの・・・・ネット外でお会いする例外はこれが最後ですので。出版社からのアプローチもあり、いずれ本にまとめる気になったらその方々にはお会いするかもしれませんが、まだ何も決めていません。

ランキングが今の高位をあと半年も、もし保っているようなら・・・・その時は書籍化も考えてみようと思っています。かつて書籍化の要望もたくさん、皆さまから頂いたのですが、その時はまったくその気はありませんでした。ランキングで皆さまのお支えの多さに気づいてから、考えが少し変わりつつあります)

末尾になりましたが、弊ブログを支えてくださっている皆さまに心より、感謝申し上げます。書籍化なるまで、根気が続くかどうか解りませんが。カテゴリーで高ランキングを日々保つって大変なの・・・・。

以上

このルンルンデートが、顰蹙と疑惑を買い、大炎上した。そして、BBが女性ではないことがばれた。

「カナダ爺」のラストの言葉が「エアーBB=BBの覚醒記録人格との靖国不倫ルンルンデートは「脚本」だったのです」「いずれ説明がある」でした。

そして、20107年7月19日を最後に更新が途絶えました。

★驚くことに、4か月後の2017年11月21日に再開した時には、「書き手」が変わっていた、即ち、乗っ取られた「背乗り」されたのだ(爆)

 

スポンサードリンク



 

 

カナダ「蕁麻疹」

わがまま親父の独り言カナダで生きてます

2018年12月30日の記事

https://web.archive.org/web/20181231044632/http://2002mar.blog.fc2.com/blog-entry-1272.html

タイトル 懲りない男

昨日、妻に内緒でドラッグストアーに薬を買いに行った。
買った薬はアレルギー炎症を抑える薬、10粒で16ドル、ちょっと高いと思ったが、最近、ベッドに入ると背中や太もも、首に蕁麻疹が出て猛烈に痒くて眠る事が出来ない。

勿論、原因は分かっている、腎臓や肝臓、膵臓が弱ってきているからである。
酒とたばこは厳禁といわれているのに、それを守らない生活、具合が悪くなのは当然なんだが、、、、、、、、

 

同じこと言ってる人がいますよ(爆)

井沢「蕁麻疹」

井沢満のブログ 2013年12月2日の記事

https://web.archive.org/web/20181103163057/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/4080186c4decd9e9c54996f6b7ecbe61

蕁麻疹とアステルパーム

このところ、蕁麻疹がひんぱんなので、何が原因なのか
心当たりの食品を抜いて様子を見てみたが改善せず・・・・

そんな折り、ガムなどに含まれる人工甘味料がいくつかの
弊害と共に、蕁麻疹の要因になることもあるという情報を得て
これか? と思っている。

キシリッシュが虫歯予防にいいというので、噛み始めて半年ぐらい経ち
それがくせになって、1日にずいぶん噛んでいる。

(中略)

情報を得たのは、韓国の某ネットカフェが某菓子メーカーと同じ名で
関連性は不明なのだが、そこのネットカフェに日本人が入りたければ
「竹島は韓国領土」と3度唱えねば入れてもらえないという記事で、
そこから派生した情報で、ガム内のアスパルテームのことがあった。

自分が常用しているガムの成分をチェックしたら入っていた、という
経緯である。故意に食品に関して際どい情報を流す一派も
いるらしいので、軽々に信ずることは出来ないが、しかし身体の
異常との因果関係はチェックした方がいいかもしれない。

(中略)

それにしても、虫歯の予防にと始めたガムが、今回のことを機に、
ふと気づいてみると、やたら量が増え、依存状態になっているのである。
ガムなので中毒とまでは言えないだろうが、喫煙と同じく、
何らかの心理的欠損を、埋めているなあと感じている。

調べたら歯科医師関連のガムや、自然食品系のガムで
アスパルテームを添加していないものはあったが、
依存性も出てきているようだし、止め時かと思っている。
歯磨きを丹念にするしかなさそうで、これが教わった磨き方をすると
時間も取り、面倒である。

(中略)

人体の設計ということでいえば、噛み合わせや歯並びは遺伝による
ものも大きく個人差があるので、こういうことひとつとっても人間平等というのは
実は嘘っぱちではないかと思うのだ。健康度にしろ寿命にしろ。
カルマの法則など持ちだして大局的見地から述べれば、結局平等であるという
ところに落ち着くのだろうが、気温差によるアレルギー性鼻炎にとりわけ
冬になると悩まされる私などは、何でこういう体質・・・・と思うのだが
他は健康なので、まずもってよしとすべきか。

蕁麻疹も鼻炎も、要するにアレルギーの領域で、何かの過敏症なのだろう。
蕁麻疹と鼻炎の薬が実は共用できることを、医師の話で知った。

 

井沢満のブログ 2016年6月19日の記事 アレルゲン

https://web.archive.org/web/20181113171604/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/ab3ce924d38e6ad0696ac40874c1ab11

蕁麻疹にもう半年ほど悩まされていて、その原因が解らず、
食べ物ではあり得ないし・・・・・と考えているうち

あっと思い当たったのが「椿油」です。
よろず合成のものが不得意で自然系が好きなので
髪につけるのに、椿油を使っていたのです。
水で希釈したものは、足や手にハンドクリーム代わりに
塗っていました。

まだ特定は出来てないのですが、椿油を断つと蕁麻疹の
出る頻度が低くなるようです。
椿油がアレルゲンだとすると、頭皮まで痒くなるのも解ります。
ヘアブラシにも椿油は染みこんでいるので。
普通、蕁麻疹は出ないであろう場所、足の甲まで痒くなって
いたのです。

とりあえずヘアブラシは、シャンプー剤で洗ったのですが
それだけでは足りないそうで、無水エタノールで消毒して
様子見です。

よもやと思っていたのですが、椿油、アレルギーで検索をかけると
どさどさ出てきて驚きました。

天然だから安全かというと、そうでもないことは以前インドハーブに
凝っていた頃、入浴剤として使っていたシカカイだか、アムラだか
これは、使って数分後には肌に異変が生じていたので
分かりやすかったのです。

ヘナもインドハーブですが、これを使ってそれまで無事であったのに、
突然蕁麻疹が起きた、とそのブログで書いていたのが甘利明・前大臣です。

 

井沢満ブログ 2016年12月4日の記事

https://web.archive.org/web/20181114031610/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/0989fb96ab0b3a0031b4cb367cee0aeb

タイトル 和服着る気合が入らず

・・・・・・・あっと気づいたら、術前の1日回の点眼、3日が初日だったのに、
すっかり失念。靴の処分と食事に気を取られてました。
やれやれ、初日からこれじゃあ・・・・・。

1日4回2種類点眼なんですが・・・・点眼後に5分開けてから
もう1本とややこしいんです。その他に蕁麻疹の薬が
日に2回。

やれやれ。

ただ目はおそらく年内には開放されるでしょう。蕁麻疹も快方基調ではこんな
年齢にしては元気なほうでしょう。感謝。

随分とアレルギーに苦しんでいるようですね(笑)

ここで、「蕁麻疹」という病気について正確に理解しておきましょう。

蕁麻疹とは・・・Wikiより 

蕁麻疹(じんましん、Hives)は、急性皮膚病の一つ。痒みを伴う紅斑が生じる[1]。蕁麻疹の一種に血管浮腫(クインケ浮腫ともいう)と呼ばれる病態がある。また、アナフィラキシーショックの一症状として蕁麻疹が出現することがある。

アレルギー性では、食物性、薬剤性がある。非アレルギー性には、寒冷により生じる寒冷蕁麻疹など温度や刺激によって生じるものや、日光蕁麻疹、ストレスを感じた時に生じるコリン性蕁麻疹がある。治療は一般に、第二世代抗ヒスタミン薬(第一世代より鎮静作用がない)が使われる。

「原因は分かっている、腎臓や肝臓、膵臓が弱ってきているからである。
酒とたばこは厳禁といわれているのに、それを守らない生活、具合が悪くなのは当然なんだが、、、、、、、、」

・・・・・・カナダが主張する蕁麻疹の原因

★これは、大嘘だとわかります。

私の過去記事にも盛んに登場した、同窓の精神科医にSNSで、皮膚科などの専門医に聞いてもらいましたが、カナダの言う「過度の喫煙、飲酒からくる臓器の不調に起因する蕁麻疹は存在しない」そうです。

★要するに、これは、中国朝鮮族の工作員の井沢満の「スライド」です。

「カナダの親父」が「朝からの酔っぱらい」というキャラ設定なので、「酒の飲みすぎ」を原因という台本を書いているだけです。

酒が、蕁麻疹の原因になるならば、若い頃は「蟒蛇(うわばみ)」のように大酒を飲んだ私などは蕁麻疹になるはずなのに、発症したことすらないです。

つまり、「カナダの親父」のブログは、勘のいい読者は既にわかっているように、井沢満に「乗っ取り・背乗り」されているのです。

続く

人気ブログランキングに参加しています。


※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)
 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です