無限拡散|デニス・テン(12)「血族」閔妃の実像

(11)からの続きです。拡散希望です。

デニステンは韓国に招かれたときに、聯合通信(れんごうつうしん)から、あなたは閔妃と同じ本貫ですよ。といわれたそうですから先祖を辿れば、血縁なのでしょう

聯合(れんごう)ニュースとは・・・・Wikiより

https://web.archive.org/web/20190705170244/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%AF%E5%90%88%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9

大韓民国を代表する通信社である。1980年設立。本社をソウル特別市鍾路区に置く。

共同通信社と協力協定を結んでおり、東京支社を東京都港区東新橋の共同通信本社ビル(汐留メディアタワー)内に置く。時事通信社とはアジア太平洋通信社機構を通じて間接的に交流がある。2005年6月には自社ウェブサイトで日本語によるニュースの提供を始めた。

★日本でいえば「共同通信」のような立場なのでしょう。

だとすれば「権威」はありますが、日本では共同通信が全マスメディアの情報コントロールを行っており、拙ブログでかつて分析した通り「皇室問題」では「ミチコ」の親族が権力を握って「情報統制」していますから、

★デニステンに、韓国でのルーツを教え、「刷り込み」をして、カザフスタン人より、韓国人として、韓国の国益のために振舞えと、極秘で指令を出した可能性はゼロではありません。

 

スポンサードリンク



 

閔妃の驚嘆すべき実像

日本では10年以上前、角田房子の「閔妃暗殺」という本が出て、史実とは違う「日程の被害者」「悲劇の王妃」という間違ったイメージが独り歩きしました。

特に、韓国では映画化もされ、悲劇のヒロイン扱いで、暗殺の下手人は日本人の浪人で、死姦までされたことになっています。

加えて、その写真も別人の美人の女官とすり替えられています。

名著、「親日派の為の弁明2」から引用していきます。

P19

かつて韓国では「閔妃のような女」といえば女性に対する最大の侮辱であったという。閔妃は朝鮮を滅ぼした王妃として人民たちの軽蔑の大勝だったのである」

 

「開化派」リーダーの暗殺

「開化派」=朝鮮の近代化を目指す官僚のリーダーに金玉均(キムオッキュン)という男がいました。

科挙=官僚選抜試験に首席で合格した超秀才です。

金玉均とは・・・・Wikiより

https://web.archive.org/web/20190705181139/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%8E%89%E5%9D%87

李氏朝鮮後期の政治家で朝鮮独立党の指導者。李朝時代後期の開明派として知られる。朝鮮の近代化を目指し、日本・中国と同盟し3国でアジアの衰運を挽回するべきだという「三和主義」を唱えた。

31歳の時、日本に遊学し、慶應義塾で福沢諭吉先生の指導を受けました。

日本の明治維新を習って、朝鮮を清国から独立させようと考え、クーデターを起こしましたが、閔妃が、清軍を介入させて鎮圧されたために、日本に亡命しました。

その後、閔妃の一味に騙されて、上海におびき出されて暗殺されました。

「朝鮮の坂本龍馬」とも呼ばれた傑物の悲劇的な最後でした。

遺体は朝鮮に運ばれ、閔妃によって八つ裂きにされるという「凌遅刑(りょうちけい)に処されました。

また、妻と娘は奴隷に売られました。

期待した愛弟子の「信じがたい悲劇的な最後」を知った福沢諭吉先生は、悲嘆に暮れ、「脱亜入欧論」を著したといいます。

有名な下りの「悪友との交友を絶ちて・・・・」は、朝鮮と中国を指していると言われます。

★福沢諭吉先生は「政敵」は死んでも墓を暴いて、死体を切り刻むといった「野獣のような心」を持った女=閔妃に、驚きと同時に深い絶望を感じたのでしょう。

切り刻まれた遺体は閔妃によって捨てられたので、金の護衛をしていた日本人が、遺髪と衣服の一部を日本に持ち帰り、福沢諭吉先生や有志達が法要を行い、青山墓地に埋葬しました。

金玉均も、日本でこそ安心して「永遠の眠り」につけるのでしょう。

 

嫉妬に駆られ、夫の高宗の妾達を次々に殺した閔妃

もう、何おかいわんやの世界ですね(怒)

呪術に凝り、自分と息子(純宗)の為に、国家予算の6倍の金を浪費した

巫俗(ふぞく)とは・・・・Wikiより

https://web.archive.org/web/20190705184442/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%AB%E4%BF%97

シャーマニズム一般を表す言葉である。 ここでは朝鮮における巫俗(ムーソク)を説明する。ムーダン(ムダン)(巫堂)というシャーマン(職業的宗教者)がクッという神を憑依(ノリ)させ、お告げを行う祭儀を行う。朝鮮の土着の信仰として、古代から現代に至るまで続いている。

 

「歴史の意思」によってクーデターで誅殺される

「歴史の意思」か「天罰」か「民衆の怒り」か、クーデターで誅殺されます。

乙未事変といいます。「きのとひつじ」の年に起きたからそう言われるのでしょう。

 

大院君派(日本側)VS閔妃(清→ロシア)

乙未事変とは・・・・Wikiより

日清戦争後、勝者である日本側の推す大院君派の勢力が強くなる。

後ろ盾となっていた清が大きな打撃を受けた閔妃の勢力は衰退していく。

閔妃は清への事大主義に代わり親露政策を更に推し進め、今度は7月6日にロシア軍の助力を得て権力奪還に成功。

反対派勢力による反感を買うことになり、日本などの諸外国から警戒された。

1895年10月8日早朝、景福宮に日本軍守備隊、領事館警察官、日本人壮士(大陸浪人)、朝鮮親衛隊、朝鮮訓練隊、朝鮮警務使らが侵入する事件が発生、その混乱の中で殺害された(乙未事変)。

長州出身の三浦梧楼公使が、クーデターの指揮を執ったと言われます。

私は、韓国制作の「明成皇后」という映画を、you tubeで見ましたが、「噴飯物」で腹筋崩壊しました。

韓国はどうしても殺害の下手人を日本人にしたいから、クーデター部隊の中に、忍者を入れているのです(爆)

何人かの忍者が、景福宮の高い塀を音もなく、飛び越えて侵入するのです。

有り得ませんね。韓国映画界のレベルの低さに驚嘆しました。

「じゃぽにか反応張」という、中国の匿名掲示板を翻訳したサイトがあって、面白いのでちょくちょく見ていますが、中国共産党の「国営映画」に「抗日映画」というジャンルがあります。

これがまた、ギャグかと思えるほど荒唐無稽で凄いです。

悪辣な日本兵を中国の老人が、手刀で真っ二つにしたり、中国のネット民がドン引きしているぐらいですから。

日本の大学に留学している中国の女学生は、休暇で帰国するたびに、クラスメートから「抗日映画」をDVDに録画してきてと頼まれて恥ずかしいそうです。

女官の中に紛れ込んでいた閔妃が引き出され、殺したのは禹範善(ウボムソン)という、李氏朝鮮の軍人でした。

そして、閔妃は死姦されたのではなく、騒ぎを聞いた朝鮮人の野次馬が集まってきて、その中の男の一人が、遺体の裾をめくったりして、弄んだのが真相です。

 

30年間にわたり、日、清、ロ三国を翻弄してきた閔妃が死んで、日本は日露戦争に踏み切れた

「親日派の為の弁明」の著者の金完燮(キムワンスプ)氏は、同時代の清の西太后と並べますが、残忍さ、あくどさ、どん欲さを見ると閔妃の方が上に見えます。

 

日露戦争後に登場するデニステンの高祖父が閔肯鎬

閔肯鎬(ミンゴンホ)とは・・・・Wikiより

李氏朝鮮末期、大韓帝国の軍人、義兵隊長・独立運動家。本貫は驪興閔氏。

父は閔致鳳、母は原州袁氏。1898年、30代にして大韓帝国軍人となり、鎮衛隊原州歩兵第5大隊の高城分遣隊附や春川分遣隊附勤務。

1900年正校、翌1901年には特務正校(特務曹長、准尉に相当)となったのち、歩兵第5大隊本隊附[1]

1907年、高宗が退位し、大韓帝国軍の各部隊に次々と解散命令が下される。かくして8月2日に第5大隊にも解散命令が下されたが、3日後の8月5日、大隊長の洪裕馨参領が出向している間に大隊長代理の金徳済正尉、孫在奎参尉、韓甲復正校らと武装蜂起し、警察署などを襲撃する。

江原道地域で募兵して義兵を起こし、関東一帯で多数の日本兵を射殺した。

李殷瓚が楊州市で義兵を起こした時に加わり、関東軍倡義大将になって100回の戦功を立てた。

1908年2月28日、雉岳山で日本兵の不意の襲撃を受けて逮捕される。

翌日2月29日、部下の義兵らが救出作戦を起こし、奪還されることを恐れた日本軍により射殺された。

死後1962年に建国功労勳章単章が授与された。

家族家族は安重根の助けで、豆満江を渡ってロシアに逃れた。

家族はカザフスタンに住み、玄孫(孫娘の孫にあたる)のデニス・テンはソチ冬期オリンピックで銅メダルを獲得している。

次号へ続きます。

 

 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

※人気ブログランキングに参加しています。


ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか

ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

2 件のコメント

  • 明成皇后は引いてしまうくらい顔が怖いですね!ドラマの明成皇后のあらすじをネットで見てみたら、なんとミチコという人物も登場していましたww

    • きなこさんへ

      恐らく世界史上最も凶悪な女権力者ですね。自己保身と私欲のために、日本、清国、ロシアの3大国を騙して
      引きずりまわし、政敵や、夫の妾を情け容赦なく殺しまくり、墓を暴いて、死体を切り刻み晒しものにした「人面獣心」の女ですが
      李氏朝鮮の権力抗争だけではなく、古代以来の朝鮮王朝の権力抗争ではごく普通のことだったのです。

      閔妃は、「女子高生コンクリ殺人事件」の犯人を女にして、権力を持たせたようなものです。あいつら4人も在日朝鮮人でしたね。

      それにしても「ミチコ」には笑えましたねww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です