不吉な結婚|進次郎VSクリステル③

スポンサードリンク

不吉な結婚|進次郎VSクリステル③

結論から言うと「不吉な結婚」「不幸に終わる可能性が高い」

※不吉な結婚|小泉進次郎VS滝川クリステル②からの続きです。

様々な「角度」から「多面的」に解析すると総合評価はこうならざるを得ません。

理由は「四柱推命」の「いろは」の「い」から間違えた「でき婚」だからです。

 

スポンサードリンク



 

四柱推命の「基本中の基本」

①結婚は「空亡期間中」は絶対NG,「空亡に入る前年もNG」です。

http://fushimi-akimasa.sakura.ne.jp/0821/2017/11/02/921/

小泉進次郎の鑑定を読んでいただけたら、わかるように、彼は、来年から2年間の「空亡」なんですよ。

ニュースを聞いた時に、私は進次郎のことは嫌いですが「おい、おいお前だ以上なのかよ~」と呟いていしまいました。

四柱推命に興味を持ち始めて、20数年、その前の「天中殺」の期間も入れるとそれ以上になりますが、私の知る限り、空亡期間中、または前年に結婚したカップルは、芸能人等の著名人、周囲の一般人も含めて、皆離婚しています。

私自身も20代の独身期間に、空亡を経験しましたが、出会いが少なかったうえに、恋が芽生えても成就しませんでした。

 

②宿曜経で言うと、二人の相性は「破壊の関係」にある。

小泉進次郎は「張宿」で滝川クリステルは「觜宿(ししゅく)」です。

進次郎が、滝クリを破壊する関係です。

★破壊の関係でも「近距離」の場合は「腐れ縁的」に長持ちするケースも多々見られる。

しかし、進次郎と滝クリは、星と星の距離が「中距離」なので、破壊作用が強まります。

夫からのDVなどがありそうです。

現にそういう情報が既に出ています。

滝川クリステルが明かした「結婚式の夜」逸話に漂った進次郎のモラハラ臭!

http://archive.is/AjGAp

Asa-Jyo  2019年10月2日の記事

環境大臣の小泉進次郎の妻・滝川クリステルが、9月27日に放送された番組「徹子の部屋SP TVエンタメ伝説の名場面史」(テレビ朝日系)に出演。妊娠6カ月のふっくらしたお腹を抱え登場した。

(中略)

「結婚式の夜、進次郎の兄で俳優の小泉孝太郎や身内と2次会が行われ、なんとその席で結婚指輪を紛失。滝川曰く『(指輪が)ぷかぷかしてたんです。そうしたらポンって。ウッドデッキで落としちゃったんです』と告白。そこで孝太郎はもちろん、参加者総出で指輪の捜索が始まったと話していました」(前出・テレビ誌ライター)

続けて滝川は「主人もショック受けていて、ぷりぷりしていて口も聞いてくれなくなりまして」と進次郎氏は探してくれなかったと告白。指輪探しは深夜に及び、翌日の朝も探したが見つからない。そこで進次郎が「僕が見つけたら、改めてご縁があるって事だね」と話して、探しに行ったら5分後に見つかったという。

本来ならホッとするエピソードなのだが、番組を観ていた視聴者からは、翌朝まで指輪を探してもくれなかった進次郎に対し、ネット上では「小泉進次郎に底知れぬモラハラ臭を感じた」「このエピソードが一番わたしの中の進次郎株を下げました…」など非難の声が寄せられる事態に。その一方で、このエピソードによって好感度を上げたのが、兄・孝太郎だ。

「ツイッターでは、『滝川クリステルさんが指輪無くした話で思ったけど小泉孝太郎さんはいい男なんだろうな』『完全にお兄ちゃんの好感度爆上がりなんですけど』など、弟に代わって指輪を探した孝太郎に好意のコメントが殺到しました」(エンタメ誌ライター)

なんとも皮肉な結末。滝川にしてみれば、進次郎との結婚エピソードを披露しただけなのに、結果夫の評価を下げてしまうとは…。

「滝川も“未来の総理候補”と言われる男と結婚したのだから、メディアでの発言にはもっと気をつけるべきかもしれません。ただでさえ疑問視されている今後の彼の政治家人生を左右しかねませんから」(スポーツ紙記者)

ちょっとした発言も大きな波紋を呼んでしまう“ファーストレディ”候補の一言。今回の件で、滝川も学んだに違いない!?

(窪田史朗)

 

モラハラとは・・・・・Wikiより

http://archive.is/BV2gI

離婚弁護士ナビ

モラハラ夫の特徴と対策|できるだけ早く離婚する方法とは?

モラハラ(モラルハラスメント)とは、身体的な暴力ではなく、言動や態度といったモラルによる精神的な苦痛を相手に与える、DV(ドメスティックバイオレンス)の一種です。

(中略)

結婚した途端にモラハラ夫化するパターンが多く、長く付き合っていても気付きにくいものとして、離婚する理由のトップランクにその名を残すものとなっています。

小泉家にとっては「最悪のタイミング」での結婚

小泉進次郎だけではなく、父親の小泉チョン一郎も来年から「2年間の空亡」に入る。

ここで、恐らく「本邦初公開」の元総理にして「日本史上最悪の売国奴」小泉純一郎の命式です。

※④へ続きます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか


狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です