滝川クリステル(4)圧倒的な命式

スポンサードリンク

滝川クリステルの研究(4)

※滝川クリステルの研究(3)進次郎と小泉家との分断成功からの続きです。

四柱推命で見る滝クリの研究、その圧倒される「パワー命式」

それでは、長いことお待たせしましたが、過去記事の三柱からグレードアップした四柱での滝クリの命式を見てみましょう。

その前に、過去記事を御覧になった方は既にお分かりだと思いますが、滝クリは日中の十二運が「絶」の性格分類で言うと「感覚型」です。

昨年2018年3月のフィギュアスケートのシリーズの時に解説しましたので、リンクを貼っておきます。

四柱推命占い|日柱の十二運が「絶」

滝クリはこの「絶」を導く4パターンのうちの一つの「辛卯」です。

 

スポンサードリンク



 

滝川クリステル

【午未空亡】

宿曜経

觜宿(ししゅく)

四柱推命鑑定命式|リスク含みではあるが相当な「パワー命式」、既に夫、進次郎を「コントロール下」に掌握している。

・日柱の十二運が建禄ですので、身旺の禄格(ろっかく)です。

・先ず、命式の構造自体が強いです。

・時柱に「凄みの星」の羊刃と「衆に先駆けて時代を切り開く星」の魁罡(かいごう)があります。

・苦難に堪え、「不安定な」業界を生き抜く力があります。

・特に、命式中に羊刃と魁罡(かいごう)が共存する人は、古来から「軍人」に向いているといわれます。滝クリは、男に生まれていたら、フランスの軍人になっていたかもしれませんね。

・「色気星」の紅艶があります。

・「恋多き女」と言うより、「前彼」と破局したら、また別の男が言い寄ってくるタイプです。

リスク要因

・年柱に正官と偏官が並んでいます。

・官殺混合で「浮気妻」のサインです。

・印綬が2個と偏印が1個あるのでお馴染みの「印星殺」の成立です。夫の進次郎と一緒ですね。

「囚獄&白虎殺」のペアが2組も有る

四柱推命の理論上、囚獄が出てくるときは必ず白虎殺も一緒に出てきます。

このペアを嫌う人は多いですが、実例で鑑定すると、一組ぐらいはたいして影響ないです。

しかし、2組以上あると危険です。

★「囚獄&白虎殺」のペアが2組も有る命式は

  • 確定死刑囚(殺人犯等)によくみられる。
  • 凶悪事件の被害者にも散見される。
  • 不慮の事故の被害者にも散見される。特に飛行機の事故に要注意です。

 

散見されるとは

http://archive.is/du6xQ

散見される

読み方:さんけんされる
ところどころに在ることが目に付くさま。「散見する」とも言う

敢えて、言葉の定義をしたのは、確かに四柱推命の「的中率」は高いですが、私の言いたいことは、それは「確率」の問題に過ぎないということです。

数学の「確率計算」であり、証券アナリストの「リスク計算」と同じです。

リスクだらけの命式を持ちながら、90代後半で「極楽大往生」を遂げた人や

「出世間違いなし」の強力な命式を持ちながら、目が出ないまま生涯を終える人もいるということです。

 

滝クリの大運を見ると

23歳~33歳

壬子―傷官―長生

傷官の厳しい10年間でした。

あれだけの美貌を持ちながら、フジの就職面接で落とされて、子会社の共同テレビの社員となりました。

『ニュースJAPAN』のキャスターで「斜め45度の美人」と人気が出ましたが、同期でフジの女子アナとなった人の6割の年収と言う低い給料で頑張りました。

しかし、辛抱した甲斐があって、次の大運で花開きます。

 

33歳~43歳

癸丑―食神―養

大運の丑が、命式の年柱の巳、月柱の酉と三合を形成します。

巳―酉―丑の三合金局の成立です。

33歳でMr.サンデーの司会に抜擢されます。

宿曜経で「破壊の関係」で最悪の相性だった安藤優子から解放されました。

今後の大運も十二運は、63歳まで弱くなりますが、「身旺の人」は大運の十二運は弱い方がバランスがとれて良いのです。

身旺の人が、大運の十二運も強いと「自爆」することがあります。

 

気を付けるべきは「飛刃の冲「ちゅう」」

命式に羊刃の有る人は、羊刃のある柱の地支と

  • 行運(大運、年運、月運、日運、時運)の干支が冲「ちゅう」または支合するとき
  • 飛刃が巡ってくるときは

思わぬダメージや惨事に遭うことがあるので要注意です。

この理論は、今年亡くなられたジャニー喜多川さんのところで詳しく解説しました。

ジャニー喜多川氏の病状と命式

再度、大運を見ると

33歳~43歳

癸丑―食神―養

羊刃、飛刃で、飛刃が巡ってきます。飛刃の冲「ちゅう」です。

三合が成立しますが、「チャンスとリスクは背中合わせ」ということですね。

 

今年から年運を見ると

2019年

己亥―偏印―印星殺

劫殺も巡ってきます。外部からの物理的な攻撃です。用心してください。

2020年

庚子―劫財

飛刃、血刃、囚獄、白虎殺

夫の進次郎と義父の小泉チョン一郎は「空亡の2年間」に突入します。

滝クリは「泥船」に乗り込むようなものです。

今、横須賀の朝鮮やくざの「小泉組」は4代の「業」と「罪」の「清算」を迫られている最悪の時期です。

進次郎の曾祖父の小泉又次郎は、大臣までなりましたが、元々は若い頃から、入れ墨を入れた「鳶職(とびしょく)」で後に、軍港、横須賀の港湾労働者をかき集める所謂「口入れや」になりました。それが、「小泉組」です。

小泉組とは・・・・・Wikiより

http://archive.is/THPeM

現在の神奈川県横須賀市で活動していた土木請負業であった。小泉又次郎は、口入れ屋家業から土木請負業の“小泉組”をつくった[1]

港湾都市から勃興した近代的なヤクザ組織の代表格としても知られている。

概要

武蔵国久良岐郡六浦荘村大道(現在の神奈川県横浜市金沢区大道)のとび職[2]小泉由兵衛が明治初期、横須賀に移住し、海軍の軍艦に石炭、砲弾、食糧、労務者などを送り込む請負師となった。

作家の宮崎学によると、明治17年(1884年)に海軍鎮守府が置かれ、軍港として急速に発展した横須賀では「軍艦に砲弾や燃料の石炭、食糧などを積み込む仲仕の組織が発達し、これを仕切る仲仕請負からやくざ組織[3]が生まれていった」という[4]

当時の横須賀では目兼の大親分と小泉組が、沖仲仕の手配師として縄張りを競い合い、博徒たちのにぎやかな出入りがくり返されていたという[5][4]。縄張り争いを制したのは、「近世以来の古い型の博徒」[4]である目兼組を抑えた新興の小泉組であり、跡目を継いだ息子の小泉又次郎(小泉純一郎の祖父)がこの帰趨を決定的にした[4]。宮崎は小泉組について、「吉田磯吉と同じ時期、同じ環境から生まれてきた近代ヤクザのひとつにほかならない」と述べている[4]

 

「グリコ森永事件」や「突破者」で有名になった宮崎学は、自身が、京都の部落系ヤクザの寺村組の組長の息子だったとカミングアウトしているから、「小泉組」についての考察は間違いないでしょう。

この本は「ヤクザの成り立ち」を「社会学的に分析」した本ですから信用できます。

★小泉チョン一郎も、その父の小泉純也も喧嘩は強くなかったけど、代議士になった初代の又次郎は腕っぷしは強かった。

成り立ちは、分裂前の神戸の山口組と同じです。

港湾があれば、船に積み荷を荷下ろしする「港湾労働者」が必要です。

そういう気の荒い連中を抑え込むには「腕力」が必要です。

自然発生的に「やくざ組織」ができますよ。

今は、横須賀は稲川会横須賀本部が仕切っていますが、小泉の家が政治家を世襲で出すのは、山口組が「田岡家」から衆議院を出すのと同じことですよ(怒)

 

フランスのパリの「典型的な夫婦像」を理想としている滝クリには、苦労の多い結婚二年目となるだろう

現在妊娠6か月ですが、見た人によると「臨月」のようにおなかが大きいといわれています。

妊娠を発表したのは「男子」であることが確認できたからでしょうが、双子の可能性もありますね。

★「フランスのパリの「典型的な夫婦像」とは、結婚しても、家事、育児は夫婦で平等に分担し、妻も外に出てバリバリと働く。

家は寝に帰る場所ではないでしょうか。

2020年

劫財の年

そして、来年2020年は、劫財の年です。一年を通して疲れが抜けきらない年です。

高齢出産ですから、妻の体力は落ちています。

進次郎は、どんなに批判されても「育休」を取り「イクメン」にならざるを得ないでしょう。

また、血刃が巡ってくるので病気や怪我に注意です。

更に「囚獄&白虎殺」が巡ってきますから、命式と合わせるとなんと3組になります。

不慮の事故の「警戒警報」です。

そして、最後は飛刃が来ます。飛刃の冲「ちゅう」です。何も起きなければよいですが。

2021年

辛丑―比肩

羊刃、血刃、飛刃

比肩の年運なので体力は戻ってきますが、不吉な星の羊刃は来るは、病気や怪我の星の血刃は来るわ、またしても飛刃が来ます。飛刃の冲「ちゅう」です。

★この2年間は、夫の進次郎は空亡ですから、あまりあてになりませんからね。

2022年

壬寅―傷官

劫殺(3個)

けじめをつけられる厳しい年です。そこに、劫殺が3個も巡ってきます。外部からの物理的な攻撃、衝撃、事故に要注意です。

2023年

癸卯―食神

飛刃、囚獄3個、白虎殺3個

食神の年ですから、普通ならのんびりできますが、飛刃の冲「ちゅう」が来るわ、「囚獄&白虎殺」のペアが3組も来ます。

このペアが、命式と合わせると5組になりますから、ちょっと想像するだに恐ろしいです。

★滝クリは、宿曜経の二十八宿は觜宿(ししゅく)です。

この星の人は、金儲けが得意です。食べるには苦労しないでしょう。

代表的な資産家には、パナソニックの創業者の松下幸之助がいます。

※まだまだ続きます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか


狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です