※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください     

囚獄&白虎殺|織原城二

スポンサードリンク


英国人ホステス・ルーシーブラックマンさん事件の織原城二(おばらじょうじ)

小原は、慶應義塾大学付属高校に受かるほど頭がよく、実家は資産家で、今も数十億の資産を持っているそうです。

ルーシーブラックマンさん事件とは・・・・・Wikiより

http://archive.is/EmUeP

2000年7月に神奈川県逗子市でイギリス人女性ルーシー・ブラックマンが強姦されて死亡した事件。

西暦が2000年に代わる、所謂「ミレニアム」の頃に起きた有名すぎる「猟奇事件」です。

2000年

7月1日 –

元英国航空乗務員で、ホステスとして六本木で働いていたブラックマンが、友人に連絡後に行方不明になった。3日には、男からブラックマンの友人に電話があり、不審に思った友人が警察に捜索願を出した。ブラックマンが失跡した直後の7月5日ごろ、被疑者がこのマンションを訪れて管理人とトラブルになっているところや、スコップを持って海岸を歩いているのが目撃されていた。

8月22日 –

ブラックマンの妹が記者会見し、1万ポンド(当時160万円)の懸賞金をかけて有力情報の呼びかけを行った。9月下旬には、警視庁捜査一課と麻布署が被害者が勤めていたクラブの常連客で不動産管理会社社長の男を捜査していることが明らかになった。また、ブラックマンの周辺で新たに外国人女性二人が行方不明になっていることも発覚した。

10月12日 –

別件の準強制わいせつ容疑で被疑者が逮捕された。後日、神奈川県三浦市内の所有するマンションの一室やモーターボート付近の海岸などを警察が捜索した。

11月17日

同容疑者が再逮捕された。東京地検は同日、ブラックマンに対する準強姦罪で被疑者の男を東京地裁に起訴した。警視庁はDNA鑑定のため、ブラックマンの家族に毛髪の提供を要請した。

2001年

1月26日 –

オーストラリア人女性に対する強姦致死容疑で再逮捕された。
2月 – 被疑者のマンションから近い三浦市内の海岸にある洞窟内で、地面に埋められた浴槽内で遺体がバラバラに切断された状態で発見された。

裁判

その後、被疑者はブラックマンを含めた10人の女性(日本人4人と外国人6人)に準強姦をし、そのうち2人の女性(ブラックマンとオーストラリア人女性)を死亡させたとして東京地検から東京地裁に起訴された。審理は2000年12月の初公判から2007年4月の判決まで61回に及んだ[1]。

被疑者は他9事件については1人の致死罪を除いておおむね認めた。しかしルーシー・ブラックマン事件については、検察側が死亡したとする時間の直前に自分のマンションの部屋でブラックマンと会ったことは認めたが、裁判時には死亡していた知人が関与した可能性を示唆した上で無罪を主張した。

詳細を知りたい方は、Wikiで読むか、下記の本がお勧めです。

東京駐在のイギリス人ジャーナリストの作品です。

イギリス人らしく、冷静でいながら、事実を積み上げて、淡々と語っていく様は、稀代の「猟奇事件」を興味津々で最後まで一気に読ませてくれます。

「情報取集力」に長けたイギリス人らしく、加害者で主人公の、織原の生い立ち、家庭環境まで掘り下げて、徹底的に調査したうえで、事件の本質を抉り出しています。

御存知の方も多いと思いますが、織原は、大阪出身の在日二世で親の遺産で「超」のつく資産家です。

既に日本に帰化していますが、この本が邦訳された2015年は、今と違って未だ、韓国の力が強く、著者や出版社の下に様々な嫌がらせや脅迫があったそうです。

外国人ジャーナリストだから、ここまでかけたのだと思います。

・小原は、複数の案件で訴追された

・ルーシーさんの件では無罪になった

・小原の家からルーシーさんを車に乗せて連れて帰ろうとしたが、ドラッグを欲しがったので、与えたら死んだ。ルーシーさんの身体を損壊し死体遺棄したという共犯者がアリバイを証言した人間が出てきた。その人物は不審死した。

・小原は、定期的に、寿司10人前を頼んでいる。

・複数の人間がかかわっていたのではないかという、疑惑もある

・関係ないが、一部のネット民の間で、小原が小柄な某男性皇族ににていることが話題になった。

・獄中にいながら、数十億の資産を持っている。それを利用して、ジャーナリストを尾行したり、恐喝したりしていたらしい。

事件の異様さに比して「読後感」は意外とすっきりします。翻訳家の力量も有ると思いました。

それでは命式を見てみましょう。

 

スポンサードリンク



 

四柱推命鑑定命式 織原城二

1952年8月10日(67歳)

【午未空亡】

宿曜経 奎宿(けいしゅく)

総合評価|午未空亡なので時柱が空亡するが、日柱の子と時柱の午が冲「ちゅう」を形成するので解空(空亡が解けること)となる。

日柱の天干は、8月生まれの戊(山の土)です。

真夏の真っ盛りで、土が乾いてしまうので、月令は得ていません。

その意味で、命式の構造自体は弱いです。

★「ダークエネルギー」は命式中の三合だけで、比較的弱い。

「囚獄&白虎殺」のペアが2組ある。

それでは事件の経緯を時系列的に行運(大運、年運、月運、日運、時運)を見ていきましょう。

事件が発生して逮捕されたのが47歳です。

事件発生の大運

40歳~50歳

壬子―偏財―胎

「囚獄&白虎殺」が来ました。羊刃も2個きます。

逮捕、収監される運命にあったようです。

被害女性をレイプ、殺害(織原は殺してはいないと主張している)した日は

事件発生の日

2000年

庚辰戊 食神 比肩・・・・・血刃

7月

壬午丁―空亡 偏財 印綬・・・羊刃4個

1日

庚申庚 食神 食神

庚申の「申」が命式中の三合と重なり、三合が2組できます。

この「ダークパワー」が凶行に走らせたのでしょう。

逮捕された日

同年の10月20日です。

10月

丙戌戊 偏印 比肩・・・・血刃

12日

癸卯乙 正財 正官

刑が確定

無期懲役が確定したのが58歳の時です。

大運は

癸丑―正財―養・・・・羊刃2個

織原の晦気(かいき)は、日柱の干支が戊子なので、癸丑です。

従って、大運自体が「晦気」となっています。

下手をすれば、命を落とすか「社会的生命」を失う10年でした。

判決日

2010年

庚寅甲 食神 偏官

「血刃&駅馬」のペアが3組も来ました。

絶体絶命です。

庚寅の「寅」が命式中の「申」と冲「ちゅう」を形成するので「凶意」が増します。

12月

丁亥壬 印綬 偏財・・・・劫殺

7日

辛卯乙  傷官 正官・・・・けじめをつけられる厳しい日でした。

上記の著書によると、織原はIQが180もある怪物で、あれだけの「準強姦」「死体損壊」をやりながら、裁判では「無罪」を狙って、弁護団を叱咤していたそうです。

ついて行けなくて、弁護人を降りた弁護士も多かったそうです。

奇妙なことに、織原が刑事訴追された多数の「準強姦」「及び致死」の中で、ブラックマンさんの案件だけは「証拠不十分」で無罪となりましたが、無期懲役を逃れることはできませんでした。

その辺の「スリリングな法廷闘争」は「黒い迷宮」に活写されていますので興味のある方は是非お読みください。

※続きます。

 

スポンサードリンク

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?