※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

ネイサン・チェン

羽生結弦選手の2019年の総括と今後を予想

さて、フィギュアスケートファンの読者の皆様、若干時期遅れではありますが、「日本のフィギュアスケート界の象徴」の羽生結弦選手の、昨年2019年の実績と総括を、四柱推命で、検証してみたいと思います。

また、拙ブログでは未だ取り上げていなかった、羽生選手の最大のライバル、ネイサン・チェンとの今後、北京までの戦いも予想してみたいと思います。

羽生選手の「本調子」を判断するために、主に昨年12月に行われた

➀トリノ・グランプリファイナルでのネイサン・チェンとの直接対決。

②宇野昌磨選手と争った「全日本」

を中心に検証してみましょう。

先ず、本邦初公開のネイサン・チェンの命式から

 

スポンサードリンク





 

四柱推命鑑定命式 ネイサン・チェン

1999年5月5日生まれ(20歳)

宿命星 蔵干 12運 吉凶星
年柱 食神 偏印 印綬 「囚獄&白虎殺」
月柱 傷官 傷官 偏印 寡宿
日柱 劫財 傷官 帝旺 駅馬 孤辰
時柱 偏印 劫財 傷官 帝旺 血刃 駅馬 孤辰

【子丑空亡】

宿曜経 箕宿(きしゅく)

 【総合鑑定】不慮の事故、怪我や病気に遭いやすい命式。

日柱の天干は「丁(蝋燭の日、焚火の火)で、5月初旬生まれです。

丁(火)は、暑い夏の火が旬なので、月令は得ていません。

命式の構造自体は強くないです。

また、貴人星や吉星が全く無く、

  • 「囚獄&白虎殺」のペアがあるので、不慮の災厄に遭いやすい。
  • 時柱に1個の血刃、日柱と時柱に2個の駅馬が有るので「血刃&駅馬」のペアが2組あります。

病気や怪我に縁があります。

 《印星殺の成立》

印綬が1個、偏印が3個あるので「印星殺」の成立です。

印星の行運(大運、年運、月運、日運、時運)が巡ってくると運命が暗転することがあります。

《食傷過多の成立》

食神が1個、傷官が4個あります。

病気や災厄に遭いやすいです。

《偏印倒食の「危険性」がある》

偏印は凶星で、食神を見ると「潰し」にかかります。

この現象を「偏印倒食(へんいんとうしょく)」と言います。

食神は「生命の源」なので、偏印に潰された場合、最悪死亡することもあります。

ネイサンの命式を見ると、1個の食神を「天敵」の偏印3個で既に包囲しています。

この状態で、偏印の行運(大運、年運、月運、日運、時運)が巡ってくると最悪、命を落とすこともあります。

ネイサンは、「偏印の年」「偏印の月」の大試合は苦戦するでしょう。

ちなみに、大運を見ると

30歳~40歳  乙丑―偏印―墓―大運空亡―印星殺

となっています。加えて「偏印倒食」の十年間なので、命を落とす恐れがあります。

命式中に偏財があれば「制化(せいか)」と言って、偏印の「凶作用」を抑えてくれるので、助かるのですが、彼の命式には、残念ながら偏財は有りません。

劫財が2個あります。

劫財は「財を破る」と言う意味です。

★特に、「正財」を潰します。

正財は男性にとって「正妻」を意味します。

従って、劫財の多い男性は、お金の浪費が多く、妻にDVをふるう人が多いです。

露骨な態度を現しやすい寡宿があります。

孤独の星の孤辰が2個も有ります。

★悪口ばかり言っているようですが、そうではありません。

吉星が1個も無いので、誉めようがないのです。

★強いて言えば、凶星ですが、傷官は「表現力」の源です。

私は、率直に言って、ネイサンの4回転連発や「体幹能力」は凄いと驚嘆しますが、正直言って、彼の演技の最後の高速スピンなどを見ると、高校野球の甲子園に初めて出てきたときの松坂大輔の「剛速球」の様な凄さは感じますが、演技全体を見ると羽生選手の滑りの方が「芸術点」は高いのかなと思います。

 ネイサンの「性格分類」は

日柱の干支と、十二運が「丁巳―帝旺」ですから

四柱推命|新しい性格分類の解説|日柱の十二運が「帝旺」の「自信型」の人たち

「自信型」です。

過去記事で解説したように、「自信型」の人は、成功者は「帝王」「皇帝」ですが、落伍者は「乞食同然」で吉凶の落差が激しいです。

また、能力もないのに威張りたがる人もいますが、ネイサンは「人間のできた優等生タイプ」だと思います。

★発言では、先輩の羽生選手を「立てている」し、「空気読めない発言」して「羽生選手のファン」の怒りを買うような愚かなことはしません。

その点、2年前に「口封じ」された、カザフスタンの「朝鮮系工作員スケーター」とはそもそも頭の出来が違います。

※続きます。

 

好評発売中


→アマゾンへ  

好評発売中


→アマゾンへ

関連記事と広告


 好評発売中

→アマゾンへ

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?