※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

金王朝と小泉家②国父・金日成=金聖柱 

《横須賀小泉家4代と北朝鮮の縁》

※①からの続きです。

北朝鮮金王朝3代を語る場合、元総理の小泉純一郎の祖父小泉又次郎に遡る小泉家4代を避けて通ることはできません。

「成りすまし金日成」こと金聖柱が、満州で「匪賊」として「凌奪」の限りを尽くして暴れまわっていたころ、

後に、日本人総理として「初訪朝」した小泉純一郎の「家」と朝鮮半島の「奇縁」がクロスし始めます。

昨年、元女子アナの滝クリと結婚して、妻の「素材を生かす夫育成術」で「総理の芽の消えた」小泉進次郎のシリーズで、

彼の曾祖父の「入れ墨もの」の小泉又次郎について触れました。

 

滝川クリステル(4)圧倒的な命式

 

政治家に成る前の小泉又次郎は、連合艦隊の本拠地の「軍都」横須賀港の、「荷役稼業」を請け負う「小泉組」の「組長」でした。

該当記事の解説で書いた通り、「部落出身のヤクザの組長の息子」であることをカミングアウトしている作家の宮崎学の調査通り、

「小泉組」とは、成り立ちが、神戸港の港湾労働者を束ねて拡大した「山口組」と同じヤクザです。

 

小泉又次郎

http://archive.is/RtO4w

入れ墨があったことから「いれずみ大臣」「いれずみの又さん」などの異名をとった。神奈川県平民[2]。

 

又次郎は、1865年生まれ、維新の三年前です。

職を転々としながら、「小泉組」の経営と、県議として「普選運動」に異様な執念を燃やしましたが、

その時の又次郎の言葉で記録に残っているのが

 

「特権の牙城(がじょう)から民衆を睥睨(へいげい)[31]していた特権階級を正義、平等の一線まで引き下ろす[30]。

それとともに虐げられた下層階級の地位を正義、平等まで引き上げる[30]

 

でした。

「虐げられた下層階級の地位を正義、平等まで引き上げる[30]」・・・いい言葉ですね~

「部落解放同盟」の主張と一致する点が強いですね。

ちなみに「御生誕の地」と公認されているのは

 

略年譜

• 1865年(慶応元年)

6月10日(5月17日 (旧暦)) – 武蔵国久良岐郡六浦荘寺分村大道(現在の神奈川県横浜市金沢区大道2丁目)に生まれる。

 

横浜市金沢区大道町2丁目となっています。

Googleストリートビューで見ると「小泉又次郎生誕の地」というのが有ります。

 

 

そして、すぐ近くに「白山神社」が有ります。

「新平民」だった可能性が高いですね。

※続きます。

 

好評発売中


→アマゾンへ  

好評発売中


→アマゾンへ

関連記事と広告


 好評発売中

→アマゾンへ

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?