※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください     

新自由主義の兵隊・河野太郎③破壊工作

スポンサードリンク


「離婚届」の押印廃止とオンライン化は「偽装離婚」という犯罪を誘発するだけです

※続きです。

■元芸能人の羽賀研二が「刑務所」に逆戻りする羽目となった「偽装離婚」

・・・・・・Wikipediaより

2017年1月、羽賀は妻と離婚した上で所有する16物件の不動産の名義を財産分与という形で元妻に譲渡したが、このことについて捜査当局は偽装離婚による財産隠しにあたると判断、2019年1月に強制執行妨害罪で羽賀と元妻を逮捕し、同年2月に起訴した。2020年3月18日に那覇地裁は羽賀に懲役1年6か月、元妻に懲役1年6月執行猶予3年の判決をそれぞれ言い渡した[10]。羽賀は判決を不服として福岡高裁那覇支部に控訴した。

2020年9月10日、福岡高裁那覇支部は、懲役1年6か月の一審判決を破棄、羽賀に懲役1年2か月の実刑判決を言い渡した。また元妻に対しても刑を減軽し、懲役1年2か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。10月5日、羽賀が最高裁への上告を取り下げ、懲役1年2か月とした福岡高裁那覇支部の判決が確定したことが報じられた。これによって再び沖縄刑務所に収監され、服役することとなった。

 

「羽賀研二未公開株詐欺事件」の様に、既に「実例」も有ることから、「離婚届の押印廃止とオンライン化」まで突き進んだら、今後は、羽賀の「偽装離婚」の手法が「外国人犯罪集団」によって組織的に横行するようになるでしょう。

勿論、その時は被害者は我々「日本人」です(怒)

 

《結婚、離婚を頻繁に繰り返す日本人はほとんどいない、ましてや「人生哲学」として一生独身で過ごす人もいるのが実態です》

芸能人ではよく結婚と離婚を繰り返す人を見ます。

私が知っている範囲では、俳優の故三國連太郎が4回結婚しています。

その三國連太郎にしても90年の生涯でしたから、単純に平均しても90÷4回=22・5で、23年に一度の最寄りの役所での手続きです。

■「押印廃止とオンライン化」が必要な人は、毎月「結婚と離婚を繰り返す人」ですよ。

そんな日本人いますか?いるわけないでしょう。馬鹿馬鹿しい(怒)

 

《「押印の廃止」は公文書と私文書の偽造、変造という刑法犯罪を誘発し、組織内では「押印という上司のチェック」を不要とするので「事務ミス」を頻発させるだけです(怒)》

民間企業でも役所でも、「書類の決裁」の際に、上席者(直属の上司)が、部下から上がってくる書類や伝票類に「認印(みとめいん)」を押します。

組織によって「承認印」とか「検印」とか様々な呼び方があるでしょうが、あれは「無意味な儀式」でも「無駄なアクション」でも有りません。

上席者は、部下(または担当者)からあがってくる、公文書、私文書、伝票などの帳票類に記載されている内容に、間違いがないか、不正はないか「チェック」して、決裁後、自分より上位の管理職に回したり、社外(顧客や監督官庁)に出すときに「責任の所在」を明確にするためのものです。

 

《押印を廃止したら「組織内の他部署」や「取引先」「監督官庁」が受け取ったときにその「公文書または私文書類」の責任が誰にあるのかわからない(怒)》

私が某一部上場企業の管理職だった頃、それほど昔では有りませんが、所属部局の最高責任者が「押印」したものでないと受理しないのが監督官庁のスタンスというか常識でした。

「国債の決済」関係の日本銀行への提出書類の場合、もしミスが有れば、「社長名と社長の押印付きの始末書を提出せよ」というのが日本銀行からの要求でした。

幸い、私の在任中は、「その悲劇」は起きませんでしたが、実際に過去に遭った例として社内に「恐怖伝説」として残っていました。

 

《河野太郎は「どや顔」をする前に「行政事務の押印を廃止」したら、その効果として日本経済が一年後に何パーセント経済成長するか、「公約」として経済成長率の数値目標を示すべきだ(怒)》

■菅義偉国家主席―竹中平蔵ら「反日新自由主義者」の狙いは、「押印の廃止」により、霞が関の実質的な「実務の担い手」の国家公務員試験Ⅱ種採用者(ノンキャリア組)の人たちの「大量リストラ」です。

そして「ノンキャリア組」を大量に解雇した後は、竹中平蔵率いるパソナの派遣社員を送り込んで、パソナがまた一儲けして、竹中の取締役会長の役員報酬も倍増が狙えます。

霞が関の中央省庁とその外局、地方の財務局などの「地方支分局」で働くノンキャリアの皆さんは早急に「知り合いの野党議員」に訴えて国会で野党に追及させた方が良いですよ。

 

※続きます。

中国傀儡政権・菅内閣➃新自由主義の兵隊・河野太郎

スポンサードリンク

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?