※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください     

噂|習近平国家主席が緊急入院手術①

スポンサードリンク


「習近平国家主席、脳動脈瘤で緊急入院手術」の「噂」について

新刊本の原稿書きをしながら、ニュースをチェックしていたらびっくり

【速報】習近平氏、脳動脈瘤で入院治療 – 看中国 /

YouTubeで配信されている中国語の時事番組チャンネル「路徳(ルードゥー)社」によると、中国共産党の習近平総書記が脳動脈瘤の治療のため入院しているという。このニュースは確認されたという。

「路德社」の報道によると、習近平氏は入院前に国家緊急危機管理室を設置し、許其亮氏(中央軍事委員会副主席・空軍上将)、丁薛祥氏(中国共産党中央弁公庁主任)、朱学峰氏(習近平氏の秘書)、習遠平氏(習近平氏の弟)で構成されているという。しかし、王岐山氏(中華人民共和国副主席)と中国共産党中央委員会の6人の常任委員は含まれていない。

(翻訳・藍彧)

 

スポンサードリンク




 

《現時点では「裏が取れない」ので、飽くまでも「噂」の段階と断っておきます》

中国共産党から弾圧され、幹部の多くがアメリカに亡命している「法輪功」の人たちが、「自前」で「反中共」のチャンネルを、you tubeに持っている大紀元時報や、日本の東北大学の大学院で経済学の教授を務めながら、「反中共」チャンネルを運営している張陽氏ほどの「知名度」の無い「路徳(ルードゥー)社」なので、「習近平、脳動脈瘤で緊急手術入院」の情報は、飽くまでも「未確認情報」ながら、どこまで「信憑性」があるかどうか、私なりに検証してみたいと思います。

 

大紀元時報とは・・・・Wikipediaより

米ニューヨーク拠点のエポック・メディア・グループが発行する多言語メディア。中国の新興気功団体である法輪功の関係者が中心となって発刊している。

報道スタンス

基本的な報道スタンスはあらゆる方面から中国共産党を批判する反共主義である。

法輪功の関係者が立ち上げたため、特に中国大陸における法輪功迫害問題(例:米国議会における343号決議案、及び大量虐殺罪と拷問罪で江沢民元中国国家主席がスペインおよびアルゼンチン裁判所で民事告訴された件)等について報道している。

他にもチベット民族、ウイグル民族やモンゴル等の少数民族に対する虐殺や人権蹂躙に関する問題、中国共産党員の国外スパイ活動、中国の電子戦及びエレクトロニック・ハラスメント問題、中国の環境問題、及び中国民主化運動等について報じている。

近年には進化論、同性愛、フェミニズム、環境保護運動、グローバル化などを共産主義の陰謀と名指して批判している。また、アメリカのトランプ大統領の熱狂的な支持団体でもある。大紀元はトランプ大統領を反共のキーパーソンとみなし、「ディープステート」に関連する悪事を喧伝してきたと報じた。

★私はブログで「中国問題」について書くようになってからは、you tube の「大紀元」は必ず見てきました。

当初は「新唐人テレビ」と言っていましたが、正確には「大紀元新唐人グループ」なんですね。

「新唐人テレビ」で報道された、中国の「内情」は信憑性が高く、しばらくしたら、必ず、日本の信頼できるチャイナウォッチャー達が、検証して「ファクト」として書籍化してきました。

 

《「習近平緊急入院」の情報がネット空間に流される15時間前、日本時間の29日午前8時ごろにアップされた「習近平国防法成立」のニュース》

「習近平国防法」の成立…強国・強軍を目指す法改正が意味するもの

(近藤 大介)

| 現代ビジネス | 講談社

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/78875

 

この内容については後で触れます。

脳動脈瘤とは

https://www.yokohama-shintoshi.jp/brain/miharetsu.html

未破裂脳動脈瘤が見つかった患者さまへ

未破裂脳動脈瘤について

未破裂脳動脈瘤とは破裂前の脳動脈瘤です。脳動脈瘤とは脳動脈の血管壁が薄くなったりもろくなることで、そこが膨らんで血液が入り込みコブのような形状になります。このコブのことを指します。

脳動脈瘤の原因は残念ながら解明されていませんが、高血圧や喫煙、遺伝などが関連していると考えられています。また、この脳動脈瘤が破裂するとくも膜下出血となります。くも膜下出血は脳卒中の中でも最も予後が悪いといわれており、約1/3の方は死亡、約1/3の方は後遺症を生じ、残りの約1/3の方しか社会復帰できない恐ろしい疾患です。

 

症状

脳動脈瘤が破裂した際の典型的な症状として、「これまでに経験したことがないような激しい頭痛」がありますが、未破裂脳動脈瘤のほとんどは無症状のことが多く、脳ドックや検査で偶然に見つかるケースが多いです。大きさや部位によっては周辺の神経を圧迫することで、例えば視野障害や複視や呂律障害といった症状がでる場合もあります。

 

手術適応

必ずしもすぐに手術が必要なわけではありません。一般的には、約5㎜前後以上の大きさの脳動脈瘤については、治療を前向きに検討することを推奨されています。しかし、部位、形状、年齢、健康状態、家族背景など患者様のあらゆることを加味したうえで治療の適応を判断する必要があるため、専門医の受診をお勧めします。

★最初は「脳動脈瘤」と聞いて、ピンときませんでしたが、「くも膜下出血」のことなんですね。怖い病気です。「自覚症状(激しい頭痛)」のでた患者さんで、手術後、社会復帰できるの人がたった1/3ですから。

「必ずしも手術は必要ありません」と書いていますが、習近平は「手術」をするということなので、日本では、「開頭手術」となります。

※緊急入院手術に関しては、現時点では「裏が取れない」ので、飽くまでも「噂」の段階と断っておきます。

※続きます

鑑定|習近平国家主席が緊急入院手術②

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?