※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※ブックマークをお願いします
閲覧不能時の緊急告知用ブログです


※電子出版に当たっての免責事項
こちらをご覧ください  

2021年政局を斬る①4・25ヒロシマ反新自由主義革命

4・25 ヒロシマ反新自由主義革命

2021年(令和3年)4月25日の参院広島再選挙の結果は【4・25反新自由主義革命】として、後世の歴史に永遠に刻み込まれる日となるでしょう。

4月25日、北海道、長野で衆参補欠選挙と、参院広島再選挙が行われました。

北海道は収賄罪で起訴された吉川貴盛元農水省の辞任に伴う衆院補欠選挙

長野は羽田雄一郎参院議員のコロナで急死に伴う補欠選挙

広島は「大規模買収事件」の河井案里辞任に伴う参院補欠選挙でした。

 

《最初から2敗が確実だった衆参補欠3選挙》

北海道は「政治とカネ」の汚職スキャンダルで辞めた吉川貴盛の補欠選挙。

元々、吉川は選挙に弱い上に、選挙区は「赤い大地」の北海道、自民党は早々と独自候補を出さずに「不戦敗」を決め込みました。

長野は、コロナで急死した羽田雄一郎参院議員の補欠選挙。

立憲民主党は実弟の羽田次郎を候補に据えました。

1. 肉親による弔い選挙

2. 世襲選挙

3. 実父の羽田孜元首相の築いた「羽田王国」という強固な地盤

自民党は何とか候補を立てましたが、元々勝ち目が薄い中で、予想通りの展開でそのまま負けが決まってしまいました。

北海道、長野とも当日の投票が締め切られた午後20時とほぼ同時に、「当確(当選確実)」が打たれました。

 

《勝って当然、絶対に負けが許されなかった参院広島再選挙》

参院広島選挙区は、広島全県で定数は2人です。

■自民党結党以来の保守王国

現在の岸田派宏池会の創設者の、池田勇人元総理、宮澤喜一元総理の地元でもあります。

自公連立が成立して以来の過去の得票率を見ると、自公票と革新票(立憲民主党+共産党)の比率は、自公票が革新票の最低1・5倍の開きがあります。

今回、野党立憲民主党は、共産党との選挙協力が出来ましたが、基礎票の1・5倍の開きを埋めるのは容易ではないと見られていました。

基礎票の1・5倍の開きというのは前回選挙2019年の参院選で言うと約16万票の差です。

その為、河井案里の失職が明確になって以降、自公候補に対して、野党統一候補の擁立も遅れました。

 

■選挙期間中の自民党への逆風と予想通りの結果

結果的に野党統一候補の宮口治子が(37万860票、得票率48・36%)

自公候補の西田英範(33万6924票、得票率43・93%)を、3万3936票差で、破り当選しました。

※続きます。

2021年政局を斬る②出口調査で判明していた敗因

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?