※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※ブックマークをお願いします
閲覧不能時の緊急告知用ブログです


※電子出版に当たっての免責事項
こちらをご覧ください  

美智子皇后|正田家再家系調査③|中国版Wikiが語る正田富美

※正田家再家系調査②からの続きです。

美智子皇后|正田家再家系調査③|

傍証・中国版、Wikipeiaが語る、正田富美は、母無し子、転載フリー

昨晩の記事のバックアップデータとして、皇后の母、正田富美の中国版Wikiを下記にコピペしました。中国語の得意な方は、是非読んで翻訳して頂けると有り難いです。

中国語は高校の時に習った「漢文」と構造は同じですから、私でも確認できる箇所があります。

①最も重要だと思われるのは、本人のWikiにもかかわらず、父親の、副島綱雄の記載しかないことです。中国人も調査した結果、母親の情報が取得できなかったのだと思います。

②兄弟の記載もありません。不自然だと思いますが、やはり、兄弟の情報が得られなかったのだと推測します。

③佐賀名門は、佐賀下級武士の間違いです。多久藩という2万石の小藩で、しかも家老でも何でもない家が、名門というのは笑止です。中国人が調査しに来た時に、富美本人が大ぼら吹いて名門ということにしたのでしょう。

④>出生於中國上海,在滬生活十六年・・・は上海で生まれて、16歳まで中国にいたということだと思います。

⑤>通中文・・・は中国語ペラペラと言うことでしょう。

⑥>在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。・・・は、双葉高等女学校の「礼拝」で正田英三郎の母と知り合い、19歳で結婚したと言うことでしょう。帰国後3年でよく卒業できたなと思います。卒業したとは、書いてありませんが。

 

スポンサーリンク

 

正田富美子[编辑]

维基百科,自由的百科全书

跳转至: 导航、 搜索

副島富美子

副島

富美子

出生

明治四十二年 1909年

逝世

昭和六十三年 1988年(78–79歲)

親屬

夫 正田英三郎

子 正田巌

正田修

女 皇后美智子

安西恵美子

其他親屬 女婿:明仁

外孫子:仁親王、秋篠宮文仁親王

外孫女:田清子

外曾孫子:悠仁親王

外曾孫女:愛子內親王、真子內親王、佳子內親王

正田富美子(舊名副島富美子,1909年~1988年),日本今上天皇明仁的皇后美智子的母親,出身佐賀名門副島氏。丈夫是前日清製粉集團的名譽會長正田英三郎。

早年生活[编辑]

出生於中國上海,在滬生活十六年,通中文。父親副島纲雄是日本「國策會社」理事,也是「江商」上海支店店長。1923年9月歸國,居東京,就讀麴町雙葉女子高等學校。在雙葉高女的「禮拜」集會中,為正田英三郎的母親相中,19歲完婚。

婚姻生活[编辑]

富美子與英三郎婚後曾旅居國兩年,在柏林生下長子,返日後又陸續添了一男兩女。美智子皇后是她的長女。她曾被社交圈譽為「有明治時代古雅端莊氣質的貴夫人」,但卻因為女兒美智子入宮而飽受精神折磨。在美智子婚事發佈後,就有旁系皇族與舊

華族群起攻擊她在上海生活的經歷,又不斷有消息傳來美智子在宮中受到欺壓,身心重創。為了杜絕莫須有的抹,富美子幾乎未再涉足社交圈。

參考資料[编辑]

• 齊濤。《美智子與雅子》。台北:台灣商務印書館,2006年。

取自“https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=正田富美子&oldid=33452404”
分类:
• 佐賀縣出身人物

以上

 

※④へ続きます。

美智子皇后|正田家再家系調査➃|最終検証・正田美智子入内に正当性無し、家系調査、母方、信憑性無し、拡散希望

 

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?