※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※ブックマークをお願いします
閲覧不能時の緊急告知用ブログです


※電子出版に当たっての免責事項
こちらをご覧ください  

小泉研究|2009年参議院選⑧売国都市『横須賀』

小泉研究|2009年参議院選⑧

売国都市『横須賀』

【掲載写真は、大学時代の小泉純一郎(右端)、これ以上ないほど、民族的な特徴が顔に表れている。有名な強姦事件を引き起こす1,2年前だと思われる】

皆さんお元気ですか?

いよいよ、投票日は今週末の8月30日(日)です。

私は、もう昨日「期日前投票」を済ませてきました。

勿論、投票は、選挙区は地元の民主党候補、比例は民主党です。

【まともな日本国民】である愛読者様たちもこのシステムを活用することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

さて、先日、この【衆院選を斬る】シリーズの第2回で、【小泉―竹中―奥田;売国勢力】が狙う次なる標的は、国民健康保険の民営化=廃止、をやりましたが、結構反響がありました。

今、アメリカのオバマ大統領が、全国一律の国民健康保険制度を導入しようと頑張っていますが、野党共和党(ブッシュ派)の激しい抵抗にあって苦労しています。

皆さん、これは、決して他人事ではないですよ(怒)
アメリカの共和党(特にブッシュ派)は、

★国民の生命よりも、保険会社の利益の方が大切なんです。

オバマが万が一暗殺されたり、失脚して、共和党が再び政権をとれば、国内の「国民健康保険制度導入運動」を暗殺や謀略やあらゆる手段を使って叩き潰して、
その勢いをかって次は、日本に矛先を向けてくるのは明明白白です。

国民を守るための大きな社会保障制度は、一度廃止されると、再建するのは非常に困難です。

「期日前投票」を活用し、自分と、自分の家族を守るためにも、今度の選挙で、【小泉―竹中―奥田売国ライン】につながる自民党の政治家を一人残らず落選させましょう。

 

 

最近のマスゴミ選挙報道の豹変(ひょうへん)の真の狙いと、裏にある【地デジ利権】について

先週から、朝日新聞を皮切りに、読売、日経と、競い合うかのように、「民主党圧勝か、自民は半減も」と言った、手のひらを返したような【民主党寄り→政権交代促進】の記事を書いています。

私もびっくりしましたが、一部には
(1) 自民党とつるんだ「褒め殺し」だろう
(2) 国民に「保守バネ」「危機バネ」を働かせて、民主党に圧勝させないためだろう。
等々諸説出てネット上でも議論されています。

この、マスゴミ連中の態度豹変についての私の見方は、

(1)「褒め殺し」でも謀略でもなく、【マスメディア(TV&新聞)の自民党から民主党への寝返り】
(2)民主党に対して【恭順の意(きょうじゅんのい=ごめんなさい)】の表明。
の2点が連中の本音だと思います。

マスゴミは、われわれ【まともな国民】の怒りが吹き上げる“風”の予想以上の突風にビビってきたのです。

最近、流行りの「歴女(れきじょ)」だったら、天下分け目の関ヶ原の戦いで、西軍と東軍の激闘を松尾山の陣から高見の見物を続けていて、最後に家康にビビって、東軍に寝返ったの小早川秀秋の心境によく似ていると思います。

「民主党政権成立したら、2005年の郵政イカサマ選挙のねつ造報道と、その後も【小泉構造汚職政治】を擁護し続けてきた偏向報道は不問に付してね、その代わり、今度は思いっきり民主党よりの【逆偏向報道】してあげるから!!」
ってところでしょう。

(1) の「褒め殺し」ではないとみる根拠は、

マスゴミは民放キー局と資本系列の全国新聞は、当然ながら同じ方向の論調をとります。

同一資本ですからね。

特に、新聞はもう何十年にもわたって、「国民の活字離れ」から、販売部数を落とし続けて、経営はどこも苦しいです。

特に、万年赤字の産経新聞などは、フジテレビが利益を供給している「生命維持装置」を外せば、数か月で倒産するでしょう。

新聞メディアが、同じ資本系列のTVメディアと逆の論調をすることは、現実問題としてあり得ないと思います。

現に、「人気ブログランキング」を見れば、【バカウヨ(右翼気取りの馬鹿なブロガー)】や【ネトウヨ】達は、民放各局の選挙報道は、自民の足を引っ張る報道をしていると、カンカンに怒ってますよ(笑)

一番、やり玉に挙げられていたのは、TBSの「総力報道、The News」での、「民主党党旗作成事件」の扱いです。

バカウヨ達は、この事件での、後藤健次キャスターの民主党への叩き方が足りない、

街頭演説でこのことをしつこく言い続けた麻生総理の発言を「このようなネガティブキャンペーンに頼らざるを得ないところに自民党の今の窮地がよく現れている。」と言った編集の仕方が気に食わない等々で怒っているのです。

私は、後藤キャスターの仕切りとTBSの編集方針は、しごく、まっとうで公正な選挙報道だと思います。

系列全国紙の毎日新聞は、先日「民主320議席の勢い」と見出しを打っています。

もし、毎日も加わったこの「民主圧勝」の大合唱の狙いが「褒め殺し」ならば、TBSの後藤キャスターは、局上層部からの指示で、例の事件について、【真逆の仕切りと編集】をやったと思います。

 

従って、私の結論としては

★マスゴミは、自民党=小泉売国勢力を見限って、なりふり構わず、民主党に寝返ったのだと思います。

その根拠に【地デジ利権】があります。

2011年に完全移行が決まっている地デジは、★民放キー局と総務省の国民に対する、何のメリットもない【押し売り】です。

 

ある専門家に言わせると、

(1) 日本の地デジ方式は、世界の通信技術に逆行する旧式な技術

(2) CSのようにネットとの融合の可能性を拒否する技術

だそうです。

世界の趨勢(大きな流れ)は、CSによるネットとの相互乗り入れ、融合です。

しかし、日本の推し進める地デジは、そもそもHTML方式に適合しないなど、自ら、ネットとの融合の可能性を、最初から拒否しています。

今や、インターネットの世界的隆盛とともに、ネット広告が増え、逆に民放キー局の広告収入が激減しています。

マスゴミ民放キー局にとっては、「ネット」は天敵です。

2011年の地デジ完全移行でもって、未来永劫、自分たちの広告収入利権の中に「ネット」が入ってこれないようにする狙いです。

そうすれば、莫大な広告収入と、今までどおりの【情報独占&情報操作】ができる。

今、石川県の選挙区で落選目前の、森喜郎が総理のときに、CSに決まりかけたので、マスゴミは総力を挙げて森を叩いて退陣させました。

次に総理になった、小泉は、使えるアナログテレビを強制的に潰して、コンバーターを全額国民負担で購入させる、この国民に余計な負担を強いる【地デジ方式】を喜んでOKしたそうです(笑)

話は長くなりましたが、マスゴミは、民主党政権になって、この悲願の【地デジ利権】を中止させられたくないのだと思います。

「その為には何でもします!」というところでしょうな(笑)

民主党の鳩山代表や岡田幹事長の心配する「有権者のバランス感覚」=「保守バネ」&「危機バネ」も、私はそれほど心配する必要はないと思います。

日本人は、元来保守的な国民性です。
それは、神武天皇以来3千年、「革命らしい革命」がなかったことでもわかります。

★今回の政権交代が、その意味では日本史上初の、【栄誉ある無血革命】になるでしょう。

私の知っている限り、過去に「保守バネ」&「危機バネ」が作動したのは一度だけです。

1980年のやはり、真夏の衆議院選挙で、選挙中に当時の大平正芳首相が、心筋梗塞で急死して、国民の間に、「保守バネ」&「危機バネ」が働いて、選挙前の予想と逆に自民党が圧勝しました。

選挙前は、有名な「主流派(大平・田中)VS反主流派(福田・中曽根・三木)の40日間抗争」と言う党内抗争があって、政治は空転し国民は、自民党に呆れていました。

解散により、解散前より自民党は議席を減らすと見られていました。

ただ、当時の自民党はしっかりと、保守本流の田中派と大平派が国民の為の「結果平等でやさしい保守政治」をやっており、国民から信頼されていました。

それを悉く邪魔していたのが、小泉純一郎が属していた万年負け犬派閥の福田派です。

国民が信頼し評価もしていた大平総理が急死したので、何でも反対する野党社会党より、【田中&大平の保守本流自民党】でなくてはならないと、判断したのです。

しかし、今、その安心して頼れる保守本流の自民党はもう存在しないのです。

自民党の看板は掲げていますが、あれの実態は【小泉朝鮮労働党】です。

私もそうですが、今国民は、民主党の中に【かつての本当に信頼できる保守=保守本流の自民党】を見ていると思います。

★従って、私は、「保守バネ」&「危機バネ」が働くことはないと思います。

慢心せずに、陣営の気を引き締めることはよいことだと思いますけどね。

 

例えて言えば、

「自由民主党」と言う、創立50年の歴史を誇る一流料理屋がありました。

料理のメニューは実に豊富で、富裕層の求める高級料理も、生活が楽ではない人が求める庶民料理もありました。

庶民料理は、料理屋は儲かってないんじゃないかと思えるほど「良心的で優しい価格」でした。

ところが、2005年の9月に、良心的だった経営陣は追い出されて、新しい経営者は、アメリカ資本に支持された「冷酷な前科十犯の横須賀の朝鮮人」でした。

その男は、「料理屋「自民党」は利益が少ない」と言って、生活の苦しい人たちに好評だった「良心価格の庶民料理」を何の相談もなく廃止してしまいました。

「文句があるのなら、高級料理を食え!」ということで、泣く泣く食べてみると、アメリカの「ブッシュ精肉店」から大量輸入した「病気で死んだ牛の肉」を食べさせられました。

ところが、自動車会社の社長や銀行の頭取たちには、「病気にかかってない厳格な検査を経た牛肉」を庶民料理並みの格安価格で提供したのです。

生活の苦しいお客さんも、今までの客の8割を占める中流で保守的なお客さんも、「もう安心して食べられた料理屋「自民党」は無くなったのね」と諦めて、2度と通うことは無くなりましたとさ・・・

まあ、それにしても、未だに神奈川11区で当確予想となっている小泉ジョンウン進次郎と【売国横須賀市民】には呆れますね。

かつて、小泉は織田信長を気取りましたが、小泉と【売国都市横須賀】こそ、織田信長が今の世に生きていたら、真っ先に「焼き討ち」されなければならない【平成の比叡山延暦寺】です。

その売国都市は、4代にわたって、暴力団と朝鮮人の混血児一家を、【横須賀の王として教祖として】盲従しています。

【横須賀の小泉氏朝鮮王国】の憲法

(1) 絶対に、汗をかいて働かない、永久に日本国民の血税を吸血鬼のように代々吸い続ける→その為に露骨に世襲を続ける。

(2) 宗教は「日本人憎悪教」です。何よりも、日本国民を一人でも多く不幸にすることが教義です。

(3)最終目標は、【皇室を無力化】して倒し、横須賀を首都として全国を支配して、【日本をフィリピン化】することです。

【横須賀の小泉氏朝鮮王国】の産業

(1) 配下の「広域暴力団稲川会」による、【北朝鮮経由の覚醒剤等麻薬】の販売

(2) 配下の「広域暴力団稲川会」による、と管理売春です。

恐ろしく、腐敗しています。

今まで散々日本国と日本人を不幸にしてきて、今後も、進次郎を当選させて、更に日本人を不幸にしていこうとする【売国都市横須賀】は、織田信長に全山焼き討ちされた当時の比叡山延暦寺そっくりです。

小泉朝鮮王の配下で手足のように動く、稲川会とその構成員は、さしずめ当時の悪名高い「僧兵」達にあたるでしょう。

どうやら、【小泉組+稲川会】は何でもありで、進次郎を当選させるつもりのようです。

しかし、万が一当選したとしても、もう自民党は消滅寸前です。
今まで、小泉氏朝鮮4代の犯罪に目をつぶってくれた警察や司法も今後は容赦しなくなるでしょう。

今まで「小泉氏朝鮮!マンセー!」だったマスゴミも、今度は逆偏向で、ちょっとしたことでも思いっきり叩き始めるでしょう。

どの道、われわれ【まともな日本国民】は、【売国都市横須賀】をどんな方法によるにせよ、完全に克服することなしには、日本の将来は開けないでしょう。

以上

小泉研究|横須賀在住X氏の証言①

 

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?