※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※ブックマークをお願いします
閲覧不能時の緊急告知用ブログです


※電子出版に当たっての免責事項
こちらをご覧ください  

無限拡散|井沢満⑳貧困脱出プロジェクト

続きです。

《婚約テロを承知の上で6月から野合していたイザーマンとふぶき、ジュゴン、カナダの親父》

★ある常連読者で、皇室ウォッチャーの方から、連絡が有りました。

「ふぶきとジュゴンが、井沢さんのオフ会に参加しましたよ。どういう意味かしら」

私は、皇室記事の掲載を始めたころから、ふぶきの部屋というブログの評判の悪さを聞いていましたから、「井沢という男も何を考えているのかは知らないが見識の無い男だな。」と警戒感を抱きました。

6月になると、カナダ(足立区)の親父が、「エアー来日」、貸衣装を着て、着物はジュゴンに着付けをしてもらって、You tubeにバンバン動画をアップし始める。

ところが、抗争が始まると、ジュゴンは、アップした動画をと自分の過去記事を片っ端から、削除し始めました(爆)

 

《余命三年自自日記―テキサス親父―青林堂―幸福の科学プロジェクトをパクろうとした、イザーマンとふぶき、ジュゴン、カナダの足立区の親父》

余命三年自自日記―テキサス親父―青林堂―幸福の科学のプロジェクトは、今、「刑事問題化」しつつある、「余命真理教」は出版もし、活動資金は在特会神奈川支部に行き、テキサス親父は本も出版し、「テキサス親父日本事務局」も開設し、「なでしこアクション」と連携して講演で稼ぎまくっています。

政治家もポンコツですが、杉田水脈、和田政宗と二人出しています。

イザーマンとふぶき、ジュゴン、カナダの足立区の親父もそれをパクろうとしたのでしょう。

・杉田水脈⇒BB覚醒日記

・テキサス親父⇒カナダ親父

・はすみとしこ⇒ふぶきの部屋のふぶき

・千葉レイ⇒ジュゴン

予め準備した弱小芸能事務所のアラフォーのタレントをBBにして、本を出版させ、その「リアルBB」に全国で講演会をやらせ、いずれは、小池新党から国政選挙に出させる。

プロデューサーはイザーがやって、儲けはガッツリ搾取する。

ふぶきとジュゴンは、「青林堂ヘイトシスターズ」の千葉麗子と蓮見としこのロールモデルをやらせる。

チバレイのモデルにしてはふぶきはブス過ぎるけどね(爆)

そして「テキサス親父」役は実は足立区綾瀬に住んでいる「カナダの親父」

ふぶきは「天皇の母」という「不敬」極まりない韓流小説を出版して、松戸市役所のパートという「貧困生活」から脱出できる。

ふぶきの部屋の講演会の台本も、自称脚本家のイザーマンに書いてもらえる。

★要するに、昨年の抗争時の記事で、指摘した「8年間にわたるBBプロジェクト」の伏線として「ふぶきーカナダの足立区の親父の貧困脱出プロジェクト」が有ったのだ。

★そう考えると昨年5月からの、イザー、ふぶきらの「創価朝鮮工作員チーム」の連携と連動がクリアに理解できる。

 

 

《昨年の抗争が一旦終息したときのイザーマンの運気》

昨年、8月の前半で、私やダヤン氏の猛攻に一言も反論できず、抗争は一段落した。

しかし、イザーは朝鮮人の本性を現して、汚い手を使い8月15日に、デレデレ草さんのブログを潰し、22日には、私の「時を斬るブログ」を閲覧不能にした。

そうしたら、天罰を食らって、今度はBBの覚醒記録が「アカウント停止」という最も重い処分を受けた。

2017年 8月 戊申―傷官・・・劫殺(3個)

★要するに、私とダヤン氏が挑んだ「論戦」には、沈黙し、実在しないトド子に訴訟をちらつかせ、デレデレ草さんのブログを潰すことで、「眞子様偽物説」が正しいことを「純粋日本人」の世論に納得させた。

同時に、井沢満=BBの覚醒記録=トド子であるという2012年からのネット界の噂をみずから認めることになったのだ。この愚か者め。

★断っておくが、この「同一人物説」を検証することは、何ら、いかなる法律にも抵触しない。「同一人物説」を認めるのが不都合なほうが、犯罪歴を隠している可能性が高い。

憲法に保障された「言論・表現の自由」の範囲内である。

といっても、中学中退のイザーマンには、何度説明してもわからないだろう。

人生70年「耳学問一筋」の哀れさよ。

 

《2018年、私がとった戦略、傷官の年運でイザーが「死に体」になるのを待つ》

先ず、1月に放映予定だったドラマ「明日の君がもっと好き」の放映スケジュールである。

主役は、旬の過ぎた子役上がりの俳優。他の出演者もほとんど無名の役者。

知名度の高いのは、今年77歳になった三田佳子のみ。

イザーの過去の実績から、平均視聴率の10%超えは無理だと予想していたが、転ぶなら、笑いものになるほどオオゴケして欲しいと思っていた。

一番いやなのは、1月の第一週から始まって、1月中に終わること。

これでは、2月4日の節明け前なので、「傷官」の年運に入らない。

そこに朗報が飛び込んだ。初回放送が1月中旬の土曜の7話で、最終回が2月にずれ込むとの話。

私は、これで「勝った」と思った。

2月から、イザーの年運が「傷官」に変わり、しかも奴は寅卯空亡だから、寅の月=2月、卯の月=3月で、2か月の空亡に入る。

しかも、2月は印綬の月、3月は偏印の月で、「印星殺」とも重なる。

私は、固唾をのんで見守った。

果せるかなドラマは初回の4%をピークとして、視聴率はダダ下がり。

2月10日からの4回の放映が、空亡入りの放映です。

 

1話 4.3%・・・・・・1月20日

2話 3.9%・・・・・・1月27日

3話 3.6%・・・・・・2月3日・・・・節分、この日までは前年の年運

 

2月4日から節明けで、2018年のイザーの運気の傷官の年運になります。同時に2月、3月の空亡に入ります。

4話 3.4%・・・・・・2月10日放映

5話 2.6%・・・・・・2月24日

6話 3.8%・・・・・3月3日

7話 2.7%・・・・・3月10日

平均視聴率 3.47%

★凄いですね、これが、傷官の年運と、空亡、印星殺のトリプルの効果です。

ただ、同じ条件下でも、故向田邦子、市川森一、倉本聰、橋田壽賀子なら20%近くの視聴率をたたき出していたはずです。

笑うべし。自称脚本家。

 

ここまでの月運を復習してみましょう。

2018年1月 

癸丑 偏官・・羊刃(2個) 血刃 飛刃(5個)

未だ、前年の2017年の運気ですが、この月もひどい月でした。

イザーマンの命式に羊刃が3個もあります。

その柱を左に行くと、「未」が有ります。

 

《未と冲「ちゅう」または支合を形成する行運(大運、年運、月運、日運、時運)の時は不慮の事故に注意》

冲「ちゅう」とは、対極に位置する十二支(動物)で仲の悪いものをいう。

未の冲「ちゅう」は丑

「支合」とは、仲の良い十二支(動物)

未の支合は午

従って、1月は未と冲「ちゅう」が成立し、イザーは酷い目にあったはずです。

おまけに、羊刃が2個も来ています。

また、命式に羊刃のある人は、飛刃が巡ってくると、酷い目にあいます。

耳にしたところでは、幼稚な脚本の書き直しを命じられたり、出演者との不協和音という噂。

 

2月 

甲寅―空亡 印綬―印星殺・・劫殺

ドラマの視聴率は、ダッチロールを起こした飛行機の様にきりもみ式で急降下していきます。

実は、この月に、もっとイザーにとって致命的なことが起こっていました。

★当時は、未だ発覚していませんでしたが、ジャニーズ事務所のTOKIO所属の山口達也が、NHKの番組で共演した女子高生に強制猥褻を働いていたのです

 

4月 

丙辰 劫財・・羊刃

事件が発覚し、山口は書類送検されます。

山口が書類送検された日のイザーマンの運気を見てみましょう。

・18年 戊戌戊 傷官 傷官

・04月 丙辰戊 劫財 傷官

・20日 壬午丁 正官 比肩

年運、月運ともに、けじめの傷官のオンパレードです。笑えます。

 

更に、イザーマンの晦気を求めてみましょう。

日柱の干支が丁未なので、丁の干合は壬、未の支合は午で

晦気は、壬午です。何と20日の日運ではないですか?

本来はイザーマンが死ぬべきところを、山口が身代わりになって芸能生命を失ったのです。未だ書類送検ですが、この時点で、芸能界追放は決まっていたのです。

山口もイザーマンと関りを持たなければ、今も年齢相応のアイドルとして活躍していたでしょう。

 

《TOKIOファン、山口達也ファンの女性は脚本家の井沢満を許してはなりません》

この時、イザーマンはBBの覚醒記録の口を借りて、山口をかばい、被害女子高生をまるで、売春婦の様に誹謗中傷しています。

https://web.archive.org/web/20181030170100/https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/ef75c3ff95c18a9f75ea56efc4b93ffa

こんな番組に出ている子、出させている親。

男一人の部屋に、友達連れとはいえ上がり込むJK。

パンツをちらちらさせる番組に出ているような子なら・・・・・と思われても仕方がないような?

山口某の行動を擁護するわけではありません。

でも、なんだかなぁ、とは思います。示談金いくら? とつい下衆の勘繰り。

こんなことしていたら、男に「こいつ、やれる」と思われても仕方がないってこと。

あくまでも仕方がない、とJK側のしどけなさを言っているのであり、キス強要の男をかばっているわけではありません。

 

以前にも、元TBS記者に「準強姦被害」を受けたジャーナリスト志望の伊藤詩織さんを、「枕営業」だと誹謗しています。

https://web.archive.org/web/20181030171202/https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/bd2efaba74b06963653a3536635bb450

原型がないほど、顔を変えていらっしゃる伊藤詩織さんですが、レイプの事実も相当
「お直し」していて、その矛盾点や嘘を保守ブロガーのブログであばかれ、
いたたまれなくなって、海外逃亡。

不起訴になったのに、いまだ詩織さんに加害者だと言いたてられている男性のほうが精神的
レイプ被害者だと思いますけどね。

「告発後、インターネット上などで激しい中傷や脅迫を受けた」そうですが、拙ブログももし
その中の一つなら御本人でも代理人でも、こちらが書いた事実に対してもし虚偽や
見当違いがあるなら、具体的に述べて頂きたかったと思います。

レイプドラッグとされた睡眠薬のことまで、細かい検証がなされその不自然さを指摘されているのですけどねえ、詩織批判ブログの幾つかでは。

それに詩織さんの擁護者が軒並み、安倍政権憎しのブサヨってミエミエじゃありません?
なんで愛国者の擁護が皆無なんでしょ?

 

★レイプ被害者を「加害者」とまで決めつけて、何の証拠もないのに、原形をとどめないほど顔を整形したとまで言ってますね。

この伊藤詩織さんについては、ネットで「在日」だという噂もありますが、仮にそうだとしても、在日の女性だから、レイプしていい。レイプされても構わないという考えは私は取りません。

それでは、レイプ犯の多い、朝鮮人男と同レベルになるし、男として私の美学やダンディズムにあわないからです。

確かに私の普段の論調は「嫌韓」で、コメ欄にまとわりつく在日らしき女性もいますが、それと、これとは別です。

伊藤詩織さんの事件は、警視庁品川署と東京地検が立件し、元準強姦容疑者の山口の逮捕令状も、裁判所がだしていたのですから。

同じ記事は、ネタ切れなのか、イザーマンは銀蠅トド子の口を使って執拗に書かせています。

https://web.archive.org/web/20181030173344/https://blog.goo.ne.jp/todokotodoko/e/5a0f3a05d252f4bafb3948544d190c5b

イギリスにはトド子の親戚が住んでいるので大体の物価とか解るのだけれど、物価の高いイギリスで、ブランド物を身にまとい、「日本はレイプ大国で被害者は警察にも行けない」とか全く誤った日本観を振りまいている糞アマニダ♪

★この「糞アマニダ♪」の発言で、トド子=イザーマンで、かつての女性キャラ設定が嘘だということをイザー自身が暴露していますね。

また「イギリスにはトド子の親戚が住んでいる」は、前の記事で書きましたが、私が洗い出しをしたロンドン在住の「鉢物園芸愛好家」という、イザーのカマ友達で工作員です。

私が、現在調査をの進めている段階では、イザーマンは、日本に血縁者はいません。

戦後の密航背乗り朝鮮人の可能性が強い。

次号へ続きます。

 

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?