※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※ブックマークをお願いします
閲覧不能時の緊急告知用ブログです


※電子出版に当たっての免責事項
こちらをご覧ください  

工作員毒舌婆=アネザイチカ②年代

無限拡散|工作員毒舌婆=アネザイチカ②自ら、年齢を吐露している(爆)

※①からの続きです。

「植木等のお呼びでない」

毒舌婆

植木等のお呼びで無い (笑)

(笑)植木等を思い出して吹き出してしまいましたが、恐らくはダヤン様ら年代には知らないでしょうが往時のハナ肇とクレイジーキャッツは面白く嗤わせてくれたグループでした。当時の私は高校生でしたから私の年齢もバレてしまいますが、このクレイジーキャッツの人気者が植木等です。婆は植木等が面白くて好きでビデオ化したのを10本程持っていますがあの昭和半ばは本当に日本は今を思えば明るく将来に希望を持てるとおのおのが感じる時代でしたね。あの時代に今のようなネットがあったならとは機械に疎い婆が言う台詞では無いですがそう思いますね。植木等なら、おい小池百合子よ、お呼びで無いと喝を入れるでしょうよ。かしこ

2017-06-28 14:16:33

★「植木等のお呼びで無い (笑)」・・・・ここがポイントです。

 

ハナ肇とクレージーキャッツとは・・・・Wikiより

日本のジャズ・バンド、お笑いタレント、歌手グループ。クレイジーキャッツと表記される場合もある。

概要

1960年代に一世を風靡したコミックバンド。バンド結成時にその資金を出したのが渡辺晋であり、そのため、結成当初から渡辺プロダクションに所属した。

1955年の結成後、ジャズ喫茶での音楽ギャグで人気を博し、『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などのテレビ出演をきっかけに人気が爆発した。映画でもクレージーの出演作は東宝のドル箱シリーズとなり(東宝クレージー映画)、挿入歌として発表されたシングル『スーダラ節』『ハイそれまでョ』『ドント節』なども軒並み大ヒットを記録する。

しかし、1965年を過ぎた頃から、植木・ハナ・谷・犬塚ら主要メンバーの個人活動が多くなっていく。1971年1月に石橋エータローが脱退後、4月 – 9月末に諸事情から『8時だョ!全員集合』のつなぎとして企画された『8時だョ!出発進行』(TBS)へのレギュラー出演を最後に、グループとしての活動機会は減る。1980年代以降は、コメディアンというよりは各メンバーとも俳優としての存在感が増し、グループとしては事実上の解散状態を迎えていた。

メンバーの多くが、昭和一桁生まれが多く、世代が同じの私の父などは随分と気に入っていました。

メンバーの多くが既に「鬼籍」に入っています。

私が、小学校に上がった頃は、既に、「コントもできるコミックバンド」としては有名なドリフターズにとってかわられていました。

昭和40年代以降生まれの読者は、メンバー個人は知っていても、グループとしては知らないでしょう。

★「当時の私は高校生でしたから私の年齢もバレてしまいますが、」・・・・・全盛期は1966年前後ですから、「毒舌婆」は、少なくとも「団塊の世代」か、それより上の年齢、73歳以上でしょう。

 

団塊の世代とは・・・・Wikiより

http://archive.is/LBdph

日本において、第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代を指す[1]。焼け跡世代(あるいは戦中生まれ世代)の次の世代に当たり、第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれて、文化的な面や思想的な面で共通している戦後世代のことである。第一次ベビーブーム世代とも呼ばれる。日本経済においては第二次世界大戦後の高度経済成長、バブル景気を経験している。この用語は堺屋太一の小説、「団塊の世代 (小説)」に由来している。

 

※でれでれ草さんより。

皇室全般画像掲示板に、。。。の癖がある、ID:2UDQN5HW「およびでない」=アネザイチカか?

00:43 。。。」※アネザイチカ大先生ご降臨か?

ID:2UDQN5HW 「およびでない。。。これまた失礼しやしたー」

※植木等世代と思われ。70代か?

00:48ID:2uDQN5Hw「朝鮮ザルのセンズリ状態www」

https://archive.is/jCjfE

(中略)

… あれまあ、、 Name 名無し 19/08/16(金)00:48 ID:2uDQN5Hw No.2924092

朝鮮ザルのセンズリ状態www

00:35 ID:2uDQN5Hw 北朝鮮カルト教団創価学会員、アヘアヘの汚雅っちゃー、アタイの事さニダ、アンタも一発どう?

00:29 ID:2uDQN5Hw 奇血害の国のチョン人だものね~

 

 

 

スポンサードリンク



 

故池田勇人総理を知っている。

毒舌婆

2017-07-04 16:44:21

なるほどね

私が乙女時代の総理大臣がその池田勇人でした。

池田勇人は下等賤民の分際とは全く知らない、今のようにネットすら無かった時代ですよ。あの時代にネットが有れば下等賤民など到底なれはしなかったですよ。その池田勇人は首相在任中に言わしめた台詞にこんなのが有りました。(貧乏人は麦飯を喰え)ですって。

今にして思えばそんな下等賤民出自の馬鹿に指図されていたのですからね。あの戦が嵌められた戦でしたから余計にアメリカのユダヤ背後のGHQが憎いです。あんな者らにこれ以上日本が喰われ放題は許せませんよ。拝

 

池田勇人とは・・・・Wikiより

http://archive.is/1VxzP

日本の政治家、大蔵官僚、全日本居合道連盟創立者と初代会長。位階は正二位。勲等は大勲位。

大蔵次官、衆議院議員(7期)、大蔵大臣(第55・61・62代)、通商産業大臣(第2・7・19代)、経済審議庁長官(第3代)、自由党政調会長・幹事長、内閣総理大臣(第58・59・60代)などを歴任した。

首相在任期間は1960年~1964年です。

「乙女」を高校時代とすると、毒舌婆は、1944年(昭和19年生まれ)で、75歳前後でしょう。

 

「池田政権」の特筆すべき外交実績としては「日韓基本条約」への足固め

同じく・・・Wikiより

韓国

日韓問題に下手に手を出せば、南北朝鮮の対立が日本に持ち込まれ、安保闘争の二の舞になることを恐れ当初は消極的であった[218]。しかしケネディとの会談で「あなたにやってもらいたい」と頼まれたことと、岸ら対韓安全保障積極論者の政治的圧力の存在もあり、党内圧力の緩和と牽制のため、韓国問題にも取り組むことにした[218][219][220]

1961年11月11日、非公式で来日した朴正煕国家再建最高会議議長と会談し「対日請求権」問題を事実上決着させ、大平を外務大臣に据えて交渉に当たらせ、日韓国交正常化の早期妥結への道を開く(続く佐藤内閣で条約調印に至る)。

 

外相としての大平正芳について・・・Wikiより

http://archive.is/BJWp6

外相時代は韓国との国交正常化交渉を巡って、金鍾泌中央情報部長との間で最大の懸案だった請求権問題で合意(いわゆる「金・大平メモ」1962年11月12日)、日韓交渉で最も大きな役割を果たした政治家である

 

「金・大平メモ」とは・・・・Wikiより

1962年:金鍾泌は日本の大平正芳外相との会談で、韓国側の対日請求権を「無償3億ドル、有償2億ドルおよび民間信用供与」を提供する経済協力方式で合意に至る(金・大平メモ)

★「日韓基本条約」は、事実上池田総理、大平外相の時に合意しており、池田の「癌発見による退陣」が無ければ、池田内閣で締結されていたでしょう。

従って、当時の韓国では、日本の池田総理は「超有名人」であり、毒舌婆=アネザイチカが、韓国にいてもよく知っていたはずです。

※続きます。

 

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?