政治、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など保守の目線で四柱推命の鑑定を交えながら語るブログ。

伏見顕正の政経塾と四柱推命

人気ブログランキングに参加しています。

2016年米国大統領選を斬る 要人の鑑定

【米国大統領選を斬る】①結論、次期大統領はトランプで決まり、転載フリー

更新日:

スポンサードリンク

2016年4月29日

2016年米国大統領選 トランプ対ヒラリー

f:id:fushimiakimasa:20161106233258j:plain

皆さん、お久しぶりです。自分で記事を書くのは、久しぶりになります(笑)
私事で恐縮ですが、4月は親族内で、慶事が重なりバタバタして、更新まで手が回りませんでした。
その間、無償で、寄稿してくれたダヤン氏に心から、感謝の意を表したいと思います。

さて、タイトルに書いた通り、次期アメリカ大統領は、不動産王のトランプで決まりです。
但し、外せない前提条件がいくつかあります。
① 必ず、共和党;トランプVS民主党ヒラリーの一騎打ちになる事。

★私の鑑定が、外れる場合の条件

①ヒラリーが、「パナマ文書」等、今、アメリカでメディアが盛んに報じている政治資金スキャンダルで、「政治生命」を失い、候補から外れるとき。

f:id:fushimiakimasa:20161106215902j:plain

ただ、その場合も、民主党が、短期でトランプに対抗しうる、候補を立てうるかどうか、はなはだ疑問です。

スポンサーリンク

 

現在、アメリカでは凄まじい「トランプ旋風」が吹き荒れています。

有名な「トランプ暴言録」が有ります。

(1) メキシコ国境に万里の長城を築く・・・メキシコのマフィアが夜間国境を越えアメリカ人の家を襲い、殺人、レイプ、強盗を繰り返しているからです。彼の主張に一理あります。

(2) 在外駐留米軍を全部引き上げて、核武装させ、自分の国は自分で守らせる。

彼に、知識不足が有ります。在日米軍の「駐留経費の75%は、日本政府と国民が負担しています」トランプはこの事実を知らないのです。

f:id:fushimiakimasa:20161106220022j:plain

「日本の核武装」結構な事じゃないですか。私の悲願です。涙が出るほどうれしいです。

以前に、何度も書きましたが、日本は国内に多数の原発が有ります。全国の原発から「使用済み核燃料=核のゴミ」が毎日大量に出ます。

青森県六ケ所村の「核のごみ処理場」は収容の限界に達しています。

現在の使用済み核燃料のトン数は、忘れましたが、その「核のゴミ」をのプルトニウムを「濃縮」すれば、約5千発の「原子爆弾」が簡単に作れるそうです。

この「プルトニウム濃縮技術」の原理は、簡単で、大学の工学部の大学院生でも、やれる技術だそうです。だから馬鹿民族の北朝鮮にだってできるんです。

さて、5千発の「原子爆弾」ができたとしましょう。後は「小型化」して、「核弾頭」にすれば、日本には2013年に、実験に成功した「イプシロン」というミサイルが有ります。

これは、実質、「大陸間弾道弾」ですから、先端に「核弾頭」をつければ、立派な「核弾頭ミサイル」に変身します。

私が、最高権力者だったら、その5千発は、

① 中国の全都市に向けて配備する。

② 朝鮮半島の全都市に照準を合わせて配備する。

③ ロシアの全都市に向けて照準を合わせる。

親日国、台湾に無償で供与し、中国、主要都市に照準を合わせて、配備する。

④ フィリピンにODA(政府開発援助;円借款)で、供与し中国主要都市に照準を合わせて配備する。

⑤ ベトナム・・・フィリピンと同条件

上記で、アジアでの「中国包囲網」は完成です。

★残った核弾頭はどうするか、「親日国」でロシアの脅威に圧迫されている、フィンランド、ポーランド、スゥエーデン、ノルゥエー、ウクライナ、トルコにベトナムと同条件で、売却する。

★これで、ロシアを威嚇して「ロシア包囲網」ができます。「ロシア包囲網」を作り、圧力を加えれば、「北方領土交渉」は、有利に進められます。

若い方は、御存じないと思いますが、1972年に沖縄が、日本に返還される以前は、

沖縄には「中国全土に向けた核ミサイル」が米軍によって配備されていました。

残念なのは、沖縄返還交渉の時、当時の佐藤栄作首相(安倍総理の大叔父)が「核抜き、本土並み」というキャッチフレーズで、対中核弾頭ミサイルも、米軍に撤去してもらったのです。惜しいことをしました。撤去しなければ、現在の「中国の脅威」は無かったでしょう。

しかも当時から中共は、核保有国でしたから、私としては残しておくべきだったと思います。

トランプは「日本はアメリカを守ってくれない」と言いますが、それなら、

★日米安保条約を相互防衛条約に格上げすれば良いだけです。・・・・これも、私の持論でした。

憲法改正後に成りますが、格上げして、自衛隊、そのころは国防軍になっているかもしれませんが、米国内にペンタゴンが要求する土地に基地を作り、「在日米軍」ならぬ、「在米日軍」になればよいだけです。その代り、駐留経費は、イーブンで75%は、アメリカ政府と米国民が負担すればよいことです。

★鑑定の結果もそう出ましたが、私はトランプ支持です。「日本に核保有を認める」なんて、こんな神様みたいな、アメリカ大統領、100年に一度出るかでないかのレアものです。

≪オバマとの比較≫

f:id:fushimiakimasa:20161106215050j:plain

今度、広島に来てくれるそうです。2期8年間、対日重視か対中重視か揺れた面が有りましたが、賢い人で、最後はきちんと日本を取ってくれました。

ただ、残念なのは「対日観」がやはり、「民主党的対日警戒派」でした。

日米関係がぎくしゃくするときの大統領は民主党の時が多いです。

古くは、ウッドロー・ウィルソン・・・第一次大戦後、国際連盟の創始者。

f:id:fushimiakimasa:20161106215020j:plain

常任理事国だった日本の「人種差別撤廃法案」が賛成多数で通ったのに、議長権限で廃案にした。

ご存知、フランクリン・デラノ・ルーズベルト・・・策略を用い、日本を開戦に追い込んだ張本人。

f:id:fushimiakimasa:20161106215131j:plain

母方のデラノ家は、中国のアヘン取引で財を成した一家。元々親中国、反日だった。

今、アメリカでは、ルーズベルトの歴史的見直しが行われている。

「意味もなく日本を対米開戦に追い込んだ狂人」として、終生彼を非難し続けた、フーバー元大統領(共和党)の回顧録も出版させた。

フーバー大統領曰く「日本は元々西側、自由陣営の国だった」フーバーは大日本帝国が、満洲、朝鮮でソ連の南下を阻止していたのを知っていた。

f:id:fushimiakimasa:20161106215207j:plain

大日本帝国を解体して、アメリカに何のメリットが有ったのか?

ソ連が南下し朝鮮半島の北半分を、共産化した。

中国にも毛沢東による共産党政権ができた。

その上、朝鮮戦争が起き、アメリカは結局、中朝連合軍に勝てず、半島は、

南半分しか確保できず、多くのアメリカの若者が死んだ。

ハリー・トルーマン・・・ルーズベルトの急死で副大統領から昇格。

f:id:fushimiakimasa:20161106215307j:plain

本質は国際政治に疎い田舎政治家。

日本に原爆を2発落とした張本人。2013年、孫の男子が自責の念から広島を訪れている。

ビル・クリントン・・・ヒラリーの亭主。

f:id:fushimiakimasa:20161106232106j:plain

州知事時代、訪日しまともに相手にされなかったことから反日になる。私の記憶では、在任中、外交・経済でとにかく日本を苛め抜いた男。

「属国的扱い」の「年次改革要望書」、要望と言うより、命令、を発案し突き付けたのもこの男。

それを、猿が笑ったような顔で、ヘラヘラ受け取ったのが、部落民総理の宮沢喜一。

f:id:fushimiakimasa:20161106215425j:plain

日本が、いう事を聞かないからと怒って、「半導体の製造技術」を韓国と、台湾に売ったのもこの男。韓国、台湾に追い上げられ、日本ハイテクメーカーの「日の丸半導体」は、斜陽になった。

2期8年もやって、任期中は「一日も早くやめてくれ」と祈っていました。

女房のヒラリーも、亭主と同じ、「親中反日」おまけに、皇居の徘徊老婆、堤美智子と大の仲良し。

f:id:fushimiakimasa:20161106215551j:plain

気持ち悪。未だに「性奴隷」と言う捏造語を使う。

この女が、大統領になって、日本に得は一つもないでしょう。TPPにも反対だし。

★オバマが最後にやったこと、日本が研究用にイギリスから購入していた「高純度プルトニウム」を核開発されたら困るからと、何と全部没収。

これが、アメリカの民主党歴史観「日本が核武装したら、必ず報復される」と言う自責の念と恐怖です。

上記の理由から、私は「トランプ一押し」です。

 

≪再度、私の鑑定が外れるときの条件≫

過去記事で、ダヤン氏が、寄稿してくれた「モサド把握情報(ダヤン)池田大作は2012年2月20日に死亡した」をお読みください。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/5d348404a76dee3d33d5fe91be48734c

この場合は、生年月日があてにならないので、一騎打ちの場合、ヒラリーが勝つ可能性が強いです。

次は、二人の命式鑑定です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


お勧め記事

1

2017年05月19日 今結婚すれば、必ず離婚する。下郎小室と結婚すれば更に最悪の結果に、無限拡散  眞子様 1991年10月23日生まれ(25歳) 上 中 下  宿命星  十二運  吉凶星 年柱 辛 ...

2

2015年4月3日 婚約直前まで行った福田元総理の孫 越智隆雄現自民党衆議院議員 皆さんお元気ですか? また出来てきました雅子の昔の男(笑)たたけば埃の出る女ならず、【たたけば昔の男が出る女】です。 ...

3

【小泉純一郎の実父純也(向って右、左は純一郎)、鹿児島県、加世田の朝鮮人部落出身の生粋の朝鮮人。旧姓の鮫島は自称である。朝鮮姓は不明だが、小泉が2005年4月に制定した個人情報保護法の壁に阻まれて今は ...

-2016年米国大統領選を斬る, 要人の鑑定

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.