政治、政界情勢、皇室、中韓、在日問題など保守の目線で四柱推命の鑑定を交えながら語るブログ。

伏見顕正の政経塾と四柱推命

人気ブログランキングに参加しています。

民進党解党への道 要人の鑑定 野党

【民進党を斬る】解党への道⑬ 鑑定・枝野幸男

更新日:

スポンサードリンク

2017年9月26日 


人気ブログランキングに参加しています。

 

戦後大きな犠牲者や、被害をもたらせた「極左暴力集団」の多くのテロ事件は、高校の「日本史の授業」では教えない

全国の殆どの公立高等学校で使用されると見なされる、山川出版の詳説日本史Bの最新刊をチェックしたところ、驚いたことに、戦後史の中に、全く記述されていませんでしたね。とんでもないことですよ。

21世紀になって、日本が多くの問題を抱えつつも、世界第3位の経済大国でいられるのは、1960年代、1970年代の「極左暴力集団」を事実上、壊滅したからこそ、今の平穏な日本が有るのです。その陰には多くの警察や機動隊員の殉職者がいるのです。

 

スポンサーリンク




 

誰が、日本の重要な「近代史」の「極左暴力集団の事件史」を教えようとしないのか

東京大学の左翼史観の歴史学者
日教組
先ずは、教科書の選択権を持っている各県の日教組でしょう。組合員の先生たち自身が左翼で、民進党支持者なので、「戦後の左翼がらみの事件」を扱った教科書は選択しないでしょう。

★次は、東大文学部国史学科の権威の先生。

かなり昔ですが、私が東大受験生だったころは、各県の有名な受験校の歴史教科書は、世界史もそうですが、指定教科書は、山川出版でした。

東大の文化系の、歴史科目の2次試験は、論術式(今は知りません)でしたが、受験指導では、山川の日本史を、欄外も含めて隅から隅まで、完全に記憶しなさいと、指導されました。

もし今も、日本を代表する東京大学の日本史の試験の、最も最適とされる教科書が、山川だとしたら、これは「戦後近代史の重要テーマの悪意ある隠蔽」です。

そして、先ほど、戦後史の部分をぱらぱらとめくってみたら、戦後特に問題もなく、気が付いたら経済大国になっていたという流れでした。

★気になったのは安倍総理のおじいさんの岸総理の項で、「60年安保闘争」のみ触れられて、岸内閣は総辞職に追い込まれたという「印象操作的」記載になっています。

お孫さん、安倍総理をダブらせて、教科書が「倒閣工作」をやっているのでは?と勘繰りたくさえなります。

 

これからの日本を担う高校生に「教えるべき近代史」を教えなくてよいのか?

今の、公立、私立高校の、日本史の選択教科書を見る限り、絶望的です。保守有識者による「新しい教科書をつくる会」も頑張っていますが、「新しい教科書」が、事実上の全国指定教科書になるには、未だ長い年月がかかると思います。

★戦後の日本が、警察・公安が中心になって、「極左暴力集団」から国を守り、連中を如何にして壊滅に追い込んだかは、実際の当事者であった、警察キャリア官僚の佐々淳行(あつゆき)氏の多くの著作がリアルに歴史の生き証人として多くの事件を語ってくれるので、お勧めします。

Amazonで安く買えますよ(笑)

民進党と枝野と言う男を語るのに、随分遠回りしました。

しかし、読者の皆様には、もう少しの遠回りにお付き合いいただきたいと思います。

冒頭の、枝野と安倍総理の国会論戦ですが、JR東労組と革マルに言及されると、枝野はクリティカルヒットを浴びて、腰砕けになってしまいました。

安倍総理の「必殺パンチ」は、2011年に亡くなるまでJR総連に君臨した松崎明元動労委員長が、「革マル派」の最高幹部であることを指摘し、更に枝野が「革マル派」から800万円もの献金を受け取っていた事実を指摘したからです。

 

動労とは

「国鉄動力者労働組合」の略、機関士(運転操縦者)を中心として、民営化以前の国鉄に存在した幾つかの労組の一つ、思想・行動は極左で過激、

徹底した「ストライキ戦術」で勇名をはせたが、1975年の「スト権スト」に敗北後穏健化した。特に千葉動労が有名だった。

 

スト権スト

公共企業体(当時の国鉄に代表される三公社五現業;現在はそのほとんどが民営化されている)の職員は、公共企業体等労働関係法によってストライキを禁止されている。昭和29年GHQ政令201号が公労法に引き継がれた。1974年三木武夫内閣の時に「スト権の付与を求めるストライキ」を行使したが、モータリゼーションによる国鉄の影響力の低下や代替輸送手段の充実。万年赤字の国鉄と、黒字の電電公社(現NTT)の委員長の立ち位置の差による足並みの乱れから、三木総理の「スト権の脅しには屈しない」発言で国労は敗北した。

 

枝野は「極左暴力組織革マル派」の「工作員」なのか?

「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる 2010.7.17 10:52、産経新聞

民主党の枝野幸男幹事長が平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わしていたと、17日発売の月刊誌「新潮45」が報じました。

枝野氏が覚書を交わしたのは、JR東労組大宮支部の執行委員長で、警視庁公安部が革マル派のJR内秘密組織の幹部と判断している人物としている。枝野氏は覚書で

「私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します」

などとしている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110106/plc11010616210071-n1.htm

私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します。

この一文を見て分かることは、JR東労組大宮支部と枝野幸男との主従関係は、労組の方が明らかに上にあるということである。普通の場合は逆で候補者の方が上位にある。

だから、もし枝野幸男が上位になるのであれば、

JR総連及びJR東労組は、私(枝野幸男)の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します

とならねばなりません。

 

 

国鉄民営化(1986年7月6日)以降、JR各労組内で起きた「革マル派」による内ゲバ及び、他労組幹部の殺害事件

 

死亡者7名、重傷者7名となっています。目撃者の近所の住民の多くがヘルメットにガスマスク、手に鉄パイプと言う格好の数人の男が

車で逃走する姿を目撃しています。

 

「極左テロリスト集団」の革マル派に、JR東日本が事実上中枢部を乗っ取られているという事実が何故報道されないのか?

ジャーナリストの西岡研介氏に言わせると、かつて氏が週刊文春に在籍中に「JR東日本に救う妖怪」と言うタイトルで、JR総連の会長で革マル派の最高幹部、松崎明を批判する記事を載せた所、JR東日本サイドが、JR東日本の駅と言う駅のキオスクから、週刊文春を排除したことが有るそうです。

結局、文藝春秋社が、JR東日本に屈服する形になり、次号で一ページの2/3のお詫び分を掲載することにより、キオスクに再びおいてもらえるようになったそうです。

週刊誌が最も売れるのが、各私鉄の売店や、キオスクです。この事件は多くの週刊誌にとってトラウマとなっているそうです。

★要するに、枝野と言う左翼弁護士上がりの民進党議員のバックには、「極左テロリスト集団」の「革マル派」が付いており、単に選挙を支援してもらっているだけではなく彼らの工作員であり、言いなりであるという事です。

 

 

やっと枝野と言う極左政治家の解析です。

選挙区に見る極左体質

少なくとも祖父までは、栃木在住、本人も高校まで、宇都宮、大学は仙台の東北大学、親戚、親兄弟、高校までの友人も栃木にいそうなものなのに、何故選挙区は埼玉5区なのか?

私の座右の書「出身県でわかる人柄の本」祖父江孝男氏著、によると、栃木県は、全県的に「保守県」だそうです。

これでは、極左政治家は立候補できませんね。

 

埼玉5区と言う極左選挙区

「拡大さいたま市」ができて、地理的イメージがわかなくなりましたが、旧大宮市を区として、含んでいますね。

先ほどの、JR東日本労組大宮支部執行委員長と、密約(覚書)を交わした土地ですね。「革マル」のアジトかしら?

何だか、住みたくない土地ですね(笑)

枝野の肩書を見て、「あれ」と気づいたことが有ります。

 

部落解放運動

さいたま市で開かれた部落解放県共闘の第17回総会で枝野は副議長に選ばれている。

「運動」に共感する政治家は、自民党にもいますが、野党とは言え、副議長まで引き受けるとはえらい熱の入れようですね。

そう言えば、埼玉5区には「見沼区」が含まれていました。昔、埼玉の読者さんから、「見沼は怖いです」と言う情報を貰いました。

893や半島人とは違う意味の怖さと言う意味でした。

 

言行不一致

極左なのに、高校の弁論大会では「日教組批判」をやっている(爆笑)
子供の頃から政治家志望。私の経験や友人から見ると、そういう人は「概ね保守」です。

「夫婦選択的別姓」の推進者なのに、実行していない。
理由は、結婚するときに、奥さんが同姓を望んだからだとか?どうせ推進するなら、福島瑞穂と海渡雄一夫婦のように事実婚で、根性見せろよ(怒)

妻が、元C.A
労働者の味方で、左翼人権派弁護士なら、女性の職業の派手なブランドに拘らず、労組の職員の女性とか、思想も一致する地味婚をしたら~

 

極左政治家、鉄板の証明書

売国左翼ジャーナリストの田原総一郎から、過去2度にわたって献金を受けている(田原本人談)

それでは、命式を見てみましょう。

枝野幸男

1964年5月31日生まれ(53歳)

上 中 下  宿命星    十二運  吉凶星

年柱 甲 辰 戊  偏財 偏印   養

月柱 己 巳 丙  印綬 偏官   長生  暗禄 劫殺(2個)孤辰(2個)

日柱 庚 辰 戊     偏印   養   月徳貴人

時柱 乙 酉 辛  正財 劫財   帝旺  羊刃 天徳貴人 咸池(2個)

【申酉空亡】年柱と月柱の辰が時柱の酉と支合するので、解空(かいくう;空亡ではなくなる)

【総合鑑定】

「総理の器」ではない。民進党解党後は、泡沫野党の幹事長か?

・辰―酉の支合=大吉が2組もあるので、議員に成れたのでしょう。

・2組の支合が無ければ、只の左翼弁護士で生涯を終えたでしょう。小泉ちょん一郎と言う「規制緩和馬鹿」の司法改革で「法科大学院」を

作り、司法試験を優しくし、能力的に低い弁護士を、市場に大量に供給してしまいました。

親分のブッシュジュニアの日本を「訴訟社会」にしようとする企みですが、古来より日本は「和」の社会で、「訴訟嫌い」です。

「たわけ」と言う言葉をご存知でしょうか?正式には「田分け」と書くそうです。

親の死後、兄弟で相続を争って、田んぼを小さく分割してしまう、そういう愚かな倅たちを江戸時代から「たわけもの=愚か者」と読んだそうです。

★「訴訟嫌い」は、農耕民族の日本人のDNAなんです

元々「訴訟需要」の無いところに、放出された大量の弁護士、年配の弁護士の中には「生活保護」を受けている人もいると聞いています。

・貴人星は2個有りますが、市井の一庶民でもこれぐらいは普通に有ります。気になるのは、災厄に遭いやすい要人が有る事と、

・外部から物理的な攻撃を受ける劫財が2個もあることです。

・加えて、偏印が2個、印綬が1個で、印星が合計3個以上あります。

・印星の年運になると、運勢が悪い方に急ハンドルを切られます。

 

・今年の年運は、2017年;丁酉―正官で、吉運ですが、来年から2年間、2019年まで、偏印、印綬と年運が続きます。

情報によると、10月には、衆院選とか。来年の運気はもう、夏から入っていますので、選挙は意外と苦戦するかもしれません。

 

現在53歳です。

・大運は52歳~62歳;乙亥―正財―病で、十二運は強くありません。

・枝野の大運は、42歳をピークとして、後は一直線の下り坂です。

・加えて、乙亥の亥と月柱の巳が冲「ちゅう」を形成します。加えて、正財の大運ですから、命式中の印綬を剋します。

くれぐれも癌に注意してください。

 

枝野の二十八宿は虚宿です。虚々実々の駆け引きをします。

策士、策に溺れないように注意してもらいたいものです。

 

以上

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


お勧め記事

1

2017年05月19日 今結婚すれば、必ず離婚する。下郎小室と結婚すれば更に最悪の結果に、無限拡散  眞子様 1991年10月23日生まれ(25歳) 上 中 下  宿命星  十二運  吉凶星 年柱 辛 ...

2

2015年4月3日 婚約直前まで行った福田元総理の孫 越智隆雄現自民党衆議院議員 皆さんお元気ですか? また出来てきました雅子の昔の男(笑)たたけば埃の出る女ならず、【たたけば昔の男が出る女】です。 ...

3

【小泉純一郎の実父純也(向って右、左は純一郎)、鹿児島県、加世田の朝鮮人部落出身の生粋の朝鮮人。旧姓の鮫島は自称である。朝鮮姓は不明だが、小泉が2005年4月に制定した個人情報保護法の壁に阻まれて今は ...

-民進党解党への道, 要人の鑑定, 野党

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.