人気ブログランキングに参加中


新台湾論

【新・台湾論①】台湾及び澎湖諸島に対する「潜在主権」は未だに日本にある

投稿日:

スポンサードリンク

台湾及び澎湖諸島に対する「潜在主権」は未だに日本にある

漫画家の小林よしのり氏が2000年に「台湾論」を出しているので、タイトルに「新」を付けました。

ただ、今から16年前と比較して、「台湾経済」は様変わりしていますので、書く価値は有ると思いました。

16年たっても変わっていないのは、「台湾国民」の強い「親日感情」です。

私自身は自他ともに認める「親台湾派」であり、「愛台家」です。

そのきっかけとなったのは、多くの人と同じ、あの2011年の「東北大震災」の200億円を超える世界トップの義捐金です。

心からの感謝とともに、台湾のことが気になって仕方なくなりました。

面積が九州の85%しかない、可愛い「葉っぱ」の様な形をした国が、「不景気」と「失業者の増加」の中で、同盟国アメリカよりも

多い金額の義捐金をプレゼントしてくれた。喜びとともに一種の「衝撃」でした。

★実は、台湾の日本に対する寄付は今回が初めてではありません。

何と今から百年以上前の1904年、日露戦争中にも軍艦建造の寄付を全国に募ったところ、台湾も寄付してくれて、その額は東京、大阪に次いで3位でした。当時台湾は日本の事実上の「植民地」でした。

当時はまだ朝鮮半島は、日本の領土ではありませんでした。

台湾は明治新政府が日清戦争に勝って、清国から割譲を受けた初めての領土でした。

興味津々で2013年には、台湾にツアーで行ってきましたが、「最高」でした。

地元の人から直接浴びる「親日オーラ」に圧倒されました。

有名な故宮博物館は、イナゴの様な大陸の中国人観光客に阻まれて、展示物をよく見れませんでしたが、

宿泊したホテルを朝チェックアウトするときに、清掃係の女性から日本語で、「おはようございます」と声をかけられて驚きました。

後でガイドさんに聞くと、台湾の人は、大陸中国人、韓国人と日本人の区別がはっきりできるそうです。

日本人に対するポジティブなイメージが、観光客の中から日本人を自然と見分けるそうです。

★当時は、親中政権の馬英九総統の時代で、台湾が今にも中共に併呑(飲み込まれる)されそうで、帰国しても心配で、台湾の政情を逐一チェックしていました。

しかし、2016年1月の総統選で、「親日反中」の蔡英文女史が圧勝したときは感激しました。

★私の偽らざる心境は、できれば、1972年に「祖国復帰」を果たした沖縄の様に、日本に戻ってきてほしい。

それが無理ならば、「台湾共和国」と言う国名で、独立して、かつての英連邦の様に、共に「天皇」を抱く密接な関係国として

ドイツ連邦の様に、「日本連邦」を構成してもらいたいと思っています。

 

スポンサードリンク



 

≪台湾及び澎湖諸島に対する「潜在主権」は未だに日本にある。≫

1951年の「サンフランシスコ講和条約」で、日本は、台湾、千島列島、南樺太に対する「全ての権利」を放棄しました。

しかし、台湾を含めて各々の地域を「何国」に「割譲」するとは一切書いていません。

従って、「国際法上」は今現在も「連合国」の管理下にあるということで、台湾の帰属は「未定」と言うことになります。

日本軍及び、日本官民が引き上げた後に、連合軍総司令官のマッカーサー元帥が、日本列島の軍政で手いっぱいだったので、

中国国民党の蒋介石に「台湾島」に進駐するように指示しました。

その後、中国大陸を支配していた蒋介石は中共の毛沢東と「国共内戦」に完敗して、敗残兵とともに台湾に逃げ込んできました。

そして、台北に首都を置く「中華民国」を勝ってに名乗りました。

その後、今に至るまで、台湾は「中華民国」と言う国名で、世界22か国と国交を結んでいますが、

これは、単に国民党が台湾を「実効支配」しているだけで、「中華民国」と言う「国名」も「国民党」と言う政党も

なんら「法的正当性」を持ちません。

★同じように、北方領土を含む、千島列島全島と南樺太も、ソ連からロシアが「実効支配」しているだけで、講和条約で、「ソ連に割譲する」とは一言も書いていないので、私は対ロシアとの領土返還交渉も四島に拘らずに、千島列島全島と南樺太を対象に交渉すべきだと思います。

★ちなみに朝鮮半島は独立させるとなっているので、連合国は韓国のみを独立国として承認して、朝鮮半島北部は金日成率いる「朝鮮労働党」が世襲で「実効支配」しているという解釈です。

 

≪「中華民国」と「国民党」には国際法上の正当性はない≫

第二次大戦中の1943年のルーズベルト、チャーチル、蒋介石の三者「カイロ会談」における「カイロ宣言」では戦後処理として、台湾及び、澎湖諸島の帰属を中華民国とすると謳っていますが、蒋介石の「無能さ」を知悉していたチャーチルはそもそも、会談に蒋介石を呼ぶこと自体を反対していました。

しかも、チャーチルは、中国大陸の「香港と九龍半島」の権益を確保する強い意志が有ったために、宣言文へのサインを拒否しました。

その為、ルーズベルトも蒋介石もサインできませんでした。そのまま新聞発表したので、三国の最高権力者の誰もがサインしていない。

「単なるプレスリリース」用の「メモ書き」に終わり、国際法上は何らの「法的根拠」は有りません。

「カイロ宣言」は対日最終処理案の「ポツダム宣言」に継承されましたが、「法的根拠」のない、「カイロ宣言」を引き継いだ「ポツダム宣言」にも当然「法的正当性」は有りません。従って蒋介石率いる「中華民国」の台湾領有とスターリン率いるソ連の、千島列島及び南樺太の領有にも「法的正当性」は無いのです。

★要するに「カイロ宣言」及び「ポツダム宣言」はともに無効で正しいのは「サンフランシスコ講和条約」のみと当然の帰結となります。

★加えてソ連邦と言う国は「米ソ冷戦」に破れて滅びていますから、敗戦国ソ連の継承国にすぎないプーチンのロシアは

「対日平和条約」を結びたいなら、自ら、千島全島と南樺太を放棄することが「筋」だと思います。

 

≪台湾の日本復帰を求める「台湾民政府」≫

台湾に「台湾民政府」と言う政治集団が有ります。メンバーは流暢な日本語を話す台湾の「日本語世代」です。

この人たちの主張は「我々は日本人だ」「台湾は祖国日本に復帰すべきだ」です。

You Tubeで動画が確認できますが、大勢で靖国神社に参拝して、皇居に訪れて、遥拝したりしています。

★究極の目標は「大日本帝国の再興」だそうです。

彼らが2006年に、アメリカ連邦高裁に「台湾は未だに連合国の支配下にあり、無国籍であり、台湾の「潜在主権」は日本にある」と告訴しました。

2009年、アメリカ連邦高裁は「台湾は国際的に承認された正当な政府が無い為、国民は政治的な煉獄(れんごく)にある」と言う判断を下しました。

この判決は中国国民党の台湾での「権力集中」と「実効支配」を否定するもので、台湾に対する「日本の潜在主権」を認めたものです。

連邦高裁は上告しなかったので、この判決は確定しました。

 

【台湾の人種構成と言語について】

人口2300万人の台湾は、出自で分けると、本省人と原住民と外省人に分かれます。

本省人とは、50年間の日本統治時代からいた平地住民で、全体の86%を占めます。

原住民は、山岳地域の居住者で、20世紀まで「首狩り」をしていました。比率は2%です。

外省人は、国共内戦に敗れて大陸から逃げ込んできた蒋介石配下の中国国民党の軍民で12%を占めます。

本省人は「福建系」の人と「客家系」の人に分かれます。各々比率は73%と13%です。

福建系の人は「閩南人(びんなんじん)」と呼ばれ、現在の福建省の海岸沿いに住んでいましたが、所謂漢人ではなく、東南アジア系の人種です。

門構えに「虫」を入れた漢字など、漢民族が多人種を馬鹿にしてつけた名前です。

「客家人」は、古代中国の黄河流域に住んでいた人々が、北方の遊牧民に圧迫されて、中原(ちゅうげん;黄河流域)を追われ

ジプシーの様に中国大陸を南に南にと移動して、現地人とも融和せず、独自の文化と集団を守ってきた人で、後に、東南アジア各地にもわたっていきました。

アジア圏では優秀な著名人が多くいます。台湾の李登輝元総統、蔡英文現総統、鄧小平国家主席、シンガポールのリークワンユー首相

「中国のユダヤ人」と言うイメージです。

中国は明朝と清朝の時代は、「海禁策(かいきんさく)」を取り、大陸外の島々への移住を厳しく制限してきました。

特に台湾へは男性の移住しか認めませんでした。台湾の平野部に移住した閩南人と客家人の男性は、平野部に住んでいた原住民の女性と結婚して

混血していきました。原住民の女性は蠱惑的(こわくてき)な美人が多く、混血がすすむにつれて、美人や美男子が多くなります。

台湾を代表する美人女優、リン・チーリンなどがその典型です。蔡英文現総統も祖母は原住民です。

★この婚姻状態について「台湾には祖母はいるが祖父はいない」と言われます。父方の祖父は中国大陸にいるからです。

★原住民の人達は、昭和天皇が「高砂族」と命名しましたが、言語学的に「オーストロネシア系」と呼ばれ、マレーシア、ボルネオ、ニューギニアの原住民と人種的に近いです。

 

太平洋の日米戦では、彼ら「高砂族」の若者が多数志願して「高砂義勇隊」を結成し日本軍を助けてニューギニア戦で勇敢に大活躍しました。

「ジャングル戦」に不慣れな日本兵を助けて、裸足で密林を駆け回り、米軍を苦しめました。

この時、高砂族の兵士がニューギニアの原住民と話したら言葉が通じたそうです。

太平洋戦線で、日本軍をフィリピンから駆逐した米軍は、次は台湾に来襲すると大本営は読んでいましたが、台湾をスキップして

いきなり、沖縄に襲来しました。一説によると高砂義勇隊の勇猛さに手を焼いた米軍が、台湾を避けたと言われています。

言わば、大英帝国陸軍の傭兵として勇名をはせたネパールの「グルカ兵」とよく似た存在です。

彼らは、勇猛にして日本に忠誠心が強く、生真面目でした。

★余談ですが、ニューギニア戦線で、台湾の高砂義勇兵士と朝鮮兵の人間性の違いが如実に表れたエピソードが有ります。

ある時、参謀が飢餓に苦しむ、前線の部隊に、おにぎりを届けるべく、朝鮮兵と高砂兵を派遣しましたが、二人ともいつまでたっても帰還しないので

下士官に見に行かせると、高砂兵は飢餓のため餓死していました。おにぎりには一切手を付けずに絶命していました。

一方の朝鮮兵は、座り込んで、届けるはずのおにぎりを無心で食べていたそうです。

★原住民は部族ごとに言語が違いますが、他部族間で会話をするときは、共通語は「日本語」でした。

彼らは今でも、多くの仲間が戦死したために、定期的に日本に来て、靖国神社に参拝しています。その時の決まり文句は「おお~い来たぞ」だそうです。

英霊は靖国に眠るという事をちゃんと知っているのですね。

 

≪原住民と日本人との明確な血縁関係≫

原住民パイワン族のDNAと日本人、特に九州人、沖縄人のDNAの塩基配列に共通性が確認されています。

台湾南部の遺跡から大量の「縄文式土器」が発掘されました。原住民は「縄文人」の子孫だったのです。

原住民の男性がはく「褌(ふんどし)」は日本の男性もはきます。九州人の私の祖父も生涯、褌を愛用していました。

このことから、古代、台湾と沖縄、奄美諸島、九州は陸橋でつながっており、縄文人だった原住民が北上して、九州まで来ていたことが確認されています。

また、黄文雄氏(文明史家)によると、太古にオーストロネシア語族は、台湾から出発し日本南部、東南アジア、南米のインディオまで人種を広げていったことが言語学的に証明されるそうです。

★このように、台湾は多人種、多言語国家で、多様なエスニックグループ国家です。

 

続きます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


こんな記事も読まれています

1

2015年10月21日   皆さんお元気ですか? 今日は東宮様です。皇室問題に影響力の強い方から順に、再検証していきます。今上陛下は、「女帝様(皇后様)」の尻に敷かれてハッピーな方なので、順 ...

2

2015年11月07日 皆さんお元気ですか? 小和田恒が私に意地悪して、いえ、別に脅しが有ったとかそういうことは、全くないです(笑)しかし、なかなか死んでくれないのが、私にとっては非常にストレスなんで ...

3

台湾及び澎湖諸島に対する「潜在主権」は未だに日本にある 漫画家の小林よしのり氏が2000年に「台湾論」を出しているので、タイトルに「新」を付けました。 ただ、今から16年前と比較して、「台湾経済」は様 ...

-新台湾論

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.