人気ブログランキングに参加中


・鑑定 要人の鑑定

四柱推命占い鑑定|政治家|ラオス国家主席 ブンニャン・ウォーラチット

更新日:

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。今回はラオスの国家主席を取り上げてみます。

ラオスはインドシナ3国(ベトナム、ラオス、カンボジア)としてフランスの植民地でしたが、大東亜戦争の日本軍の侵攻で、フランス軍を駆逐して、他の2国同様独立しました。

ただ、1945年の日本の敗戦後、フランスが戻ってきて「再植民地化」を試みましたがこれが第一次インドシナ戦争を勃発させベトナムは、対仏戦争、カンボジアはシハヌークの「反仏世界遊説」で独立を勝ち取りました。

ラオスは、フランス連邦内の「ラオス王国」として名目上独立しました。

1953年、フランスとの協定で「完全独立」しましたが、以後パテトラオとの内戦や、ベトナム戦争に巻き込まれ苦労しましたが、1975年の北ベトナム軍によるサイゴン陥落でベトナム戦争が完全終結すると王政を廃止し「ラオス人民民主共和国」を樹立しました。

ブンニャンは「ラオス人民革命党」の「党首」=「国家主席」=「首相」だそうです。

 

永世中立国・ラオス人民民主共和国

 

ASEAN加盟10か国中唯一の内陸国。面積は日本の約63%に相当し、国土の約70%は高原や山岳地帯である。

北は中国、東はベトナム、南はカンボジア、タイ、西はミャンマーと国境を接する。永世中立国。

(wikiより)

 

ラオスの歴史

ラーンサーン王国時代

ラオスの歴史は、中国南西部(現在の雲南省中心)にあったナンチャオ王国(南詔国)の支配領域が南下し、この地に定住者が現れた時代に始まる。

王国滅亡後の1353年

ラーオ族による統一王朝ラーンサーン王国がファー・グム王(英語版)により建国。

その勢力は現在のタイ北東部やカンボジア北部にまで及んだ。

ラーンサーンとは「100万のゾウ」という意味である。昔、ゾウは戦争の際に戦車のように使われていたため(戦象)、この国名は国の強大さを示し近隣諸国を警戒させた。

18世紀

ヴィエンチャン王国・ルアンパバーン王国・チャンパーサック王国の3国に分裂。

それぞれタイやカンボジアの影響下に置かれ、両国の争いに巻き込まれる形で戦乱が続いた。

 

フランス植民地支配時代

19世紀半ばフランス人がインドシナ半島に進出し始めた頃には、ラオスの3国はタイの支配下にあった。

1893年に仏泰戦争

ラオスの王族はフランスの力を借りて隣国に対抗しようとしたため戦争が勃発。

その結果、ラオスはフランスの保護国となり仏領インドシナ連邦に編入された。

 

第二次世界大戦中

日本がヴィシー政権との協定により占領。フランス領インドシナは日本軍の明号作戦によって解体。

1945年4月8日

日本の協力のもとで、独立宣言。

 

第二次世界大戦後

1946年

第一次インドシナ戦争が勃発。フランスは仏領インドシナ連邦を復活させるため進軍。

1949年

ラオスはフランス連合内のラオス王国として名目上独立した。

 

1953年10月22日

フランス・ラオス条約により完全独立を達成。

独立後、ラオスでは右派、中立派、左派(パテート・ラーオ)によるラオス内戦が長期にわたり続いた。

1973年

アメリカがベトナムから撤退、

1974年

三派連合によるラオス民族連合政府が成立。

1975年

南ベトナムのサイゴンが陥落すると、12月連合政府が王政の廃止を宣言、ラオス人民民主共和国を樹立した。

 

ラオス人民民主共和国時代

 

1977年12月

在ラオス日本大使館杉江清一書記官夫妻殺害事件が発生。

反政府派による政治的犯行を示唆する発表がラオス国営放送から成された。

1979年、

中国共産党と関係断絶。

1980年

タイと国境紛争。

1986年、

新経済政策(チンタナカンマイ)を導入。

1987年

タイと国境紛争(タイ空軍機1機が撃墜される)。

1988年

タイとの関係正常化。

1989年

カイソーン首相の中国公式訪問、

1990年

李鵬首相のラオス公式訪問で、対中関係の改善。

1991年

憲法制定。ラオス人民革命党の一党独裁体制維持を確認。

1992年2月

タイと友好協力条約を締結。

同年7月

ベトナムとともに東南アジア諸国連合(ASEAN)にオブザーバーとして参加。

同年11月21日

カイソーン・ポムウィハーン国家主席(ラオス人民民主共和国の初代最高指導者)死去。

1997年7月23日

東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟。

2006年4月30日

投票の第6期国民議会(一院制、任期5年)選挙の結果選出された国会議員115人のうち114人はラオス人民革命党の党員で、非党員は1人。

同年6月

第6期国民議会第1回会議において、ラオス人民革命党書記長で軍出身のチュンマリー・サイニャソーンが国家主席に、ラオス人民革命党政治局員のブアソーン・ブッパーヴァンが首相に選出。

2007年6月、

アメリカに亡命したミャオ族の元王国軍将軍とアメリカ軍退役少佐によるクーデター計画が発覚。

関係者はアメリカ司法当局により局外中立違反で逮捕された。

2010年12月23日

第6期国民議会第10回会議の閉会式において、ブアソーン首相は任期途中で辞任し、国民議会議長のトーンシン・タムマヴォンが新首相に就任した。

2016年3月

第8期国民議会総選挙により、ブンニャン国家主席、トンルン首相体制となった。

以上 wikiより抜粋編集

 

ブンニャン・ウォーラチット

1937年08月15日 

南部のサワンナケート県タパントーン郡に生まれる。

1952年から

革命運動に参加し、左派軍事勢力パテート・ラーオに入隊。

1975年12月2日

ラオス人民民主共和国が建国されると、ブンニャンは国軍となったラオス人民軍(建国当初はラオス人民解放軍)で勤務。その後、大佐まで昇進。

ベトナムに留学してハノイ大学で経済学の学位を習得し、さらにホー・チ・ミン国家政治学院を卒業したブンニャンは、帰国後、政界に転進。

1982年4月

第3回党大会で党中央委員に選出され、同年、故郷のサワンナケート県の知事に就任する。

1986年11月 党内序列第15位

第4回党大会では中央委員に再選。党内序列第15位まで昇進。

1991年3月 党内序列第14位

第5回党大会でも中央委員に再選され、序列第14位となった。

1993年

ヴィエンチャン特別市市長に就任。

 

政治局員時代

1992年

党議長となったカムタイ・シーパンドーンは自身の基盤である軍部を重用し、軍出身者を中心に党政治局を形成していった。

1996年3月

第6回党大会で党政治局員に昇格し、序列第7位となる。副首相に就任。

1999年から

財務大臣を兼任し、通貨安やインフレーションの収拾に貢献して実績を挙げた。

2001年3月

第7回党大会で政治局員に再選され、党内序列第6位に進んだ。

同年3月27日

首相に就任した。ブンニャンの首相在任中、ラオスは企業活動、宗教、移動の自由など、いくばくかの制度の自由化が進んだ。

2006年3月

第8回党大会では世代交代が図られ、革命第一世代のカムタイ・シーパンドーンが党議長を退任し、後任の最高指導者として第二世代のチュンマリー・サイニャソーンが党書記長に就任した。

ブンニャンは政治局員に再選されて序列第4位に。

同年6月8日

国民議会第6期第1回会議で首相を第三世代のブアソーン・ブッパーヴァンに譲り、国家副主席に転任した。

 

書記局員時代

2011年3月 党内序列第3位

第9回党大会で政治局員に再選、書記局常任に選出され、序列第3位となる。

同年6月15日

国民議会第7期第1回会議で国家副主席に再選された。

 

党書記長時代 党内序列第1位、国家主席へ
2016年1月

第10回党大会で政治局序列1位、書記局序列1位となり党書記長に就任。チュンマリーから最高指導者の地位を継承した。

同年4月20日

第8期国民議会第1回会議においてチュンマリーの後任として、国家主席に選出された。

 

 

命式を見てみましょう。

四柱推命鑑定 命式|ブンニャン・ウォーラチット

1937年8月15日生まれ(79歳)

上 中 下  宿命星  十二運  吉凶星

年柱 丁 丑 己  傷官 正財 冠帯 天乙貴人

月柱 戊 申 庚  偏財 偏官 絶 駅馬 亡神

日柱 甲 戌 戊     偏財 養 寡宿

時柱 戊 辰 戌  偏財 偏財 衰 金輿禄 華蓋

【特記事項】申酉空亡なので月柱が空亡している。

【総合鑑定】可も無し不可もなしの命式。2017年が人生の区切りになりそう。

月柱が空亡している人は生家からの援助がなく、結婚後も波乱が多いと言われますがこの人についての情報がきわめて少なく、的中しているかどうかはわかりません。

空亡のせいで天乙貴人は死に、月柱の星も全て死にます。

残った星では偏財が3個もあります。

偏財の多い人は金持ちが多いので中国共産党幹部の様に不正蓄財しているのではないでしょうか?

 

彼の二十八宿は箕宿(きしゅく)です。ヤクザっぽい粗暴な星です。

 

大運を見てみましょう。

72歳~82歳 庚子―偏官―沐浴・・・どうという事のない大運です。しかし偏官なので

かなり忙しいでしょう。

 

年運を見てみましょうコメントなしは問題ない年です。

2016年 丙申―食神―空亡

2017年 丁酉―傷官―空亡・・・けじめをつけられる厳しい年が空亡されているので

人生の一つの区切りとなるでしょう。

以上

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

こんな記事も読まれています

1

【在日特権を斬る】何故、在日を強制送還できないのか?根拠となる、1991年日韓覚書と売国政治屋 写真は売国政治屋の中山太郎 読者の方から、「犯罪を起こした在日韓国人は韓国に強制送還できないのですか?」 ...

2

ネット界の仁義なき戦い、余命三年時事日記との抗争 ※2016年03月より半年以上にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。   2012年 08月 『余命三年時 ...

3

2015年4月1日   皆さんお元気ですか? 今日は、雅子の男性遍歴②です。 その相手は2003年にイラク戦争のさなか、非業の死を遂げた外務省奥克彦参事官です。 英紙はすかさず、「犯人は不明 ...

-・鑑定, 要人の鑑定

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.