人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡2|ジョセフ・パトリック・ケネディの四柱推命鑑定

  スポンサードリンク  

それでは、ジョー・ケネディー・シニアの命式をみて見ましょう。

四柱推命鑑定 命式 ジョー・ケネディー・シニア

1888年9月6日生まれ(81歳没)

・・・上 中 下 宿命星   蔵干    十二運 吉凶星

年柱 戊 子 癸 偏印 傷官 食神    死      天徳貴人 駅馬

月柱 庚 申 庚 比肩 比肩 印綬 食神 建禄

日柱 庚 辰 戊    偏印 傷官    養  魁罡(かいごう) 華蓋

時柱 戊 寅 甲 偏印 偏財 偏印    絶  駅馬 孤辰

 

①【申酉空亡】月柱に申が有るが、時柱の寅と冲「ちゅう」を形成するので、解空(空亡が無くなる)される。

 

スポンサードリンク



 

【総合鑑定】①非常に強い命式であるが、印星殺と食傷過多が有る「ハイリスク」な命式。

①については

日柱が、庚辰―養―魁罡(かいごう)となっています。

庚辰―魁罡(かいごう)の人は、決断力に富み、激烈な性格で残忍なところが有ります。日本史、世界史ともに、著名人が多いです。

アクが強く、押しも強い性格です。

月柱の十二運に建禄が来ています。身旺の禄格(ろっかく)で、人生思い通りに成ります。

実際やりたい放題の人生でした。

日柱の天干が、9月生まれの庚(金属)です。金は秋生まれが最強ですから、月令を得ています。即ち最も旬な時期に生まれたという事です。

★命式全体の総合力は、最強の部類に属し、最後の野望が、大統領の座だったというのも納得できます。

天徳貴人が有ります。

駅馬が2個有ります。駅馬は命式が強い時はプラスに作用します。金儲けと野望の為に東奔西走の人生でした。

華蓋が有ります。芸術の星です。一時、金儲けのために、ハリウッドに進出し、映画作りをやりました。

それが、下手の横好きで、はまり込み、3作も制作しましたが、ヒットしませんでした。

ついでに女優のグロリア・スワンソンとダブル不倫の仲に成りました。

妻のマリーロズとは9人の子供を生しましたが、その後は夫の女性関係に、目をつぶる人生だったようです。

孤辰が有るので、大家族の家長ながら、実は孤独な人生だったかもしれません。

 

≪印星殺の成立≫

偏印が4個、印綬が1個あります。堂々たる「印星殺」の成立です。

 

≪食傷過多の成立≫

傷官が2個、食神が2個有ります。これも堂々たる「食傷過多」の成立です。

病気や災厄に遭いやすいでしょう。

梟雄(悪くて強い英雄)ジョーケネディーにも、印星殺が忍び寄ってきます。

 

大運を見ると、71歳~81歳が、戊辰―偏印―養で、印星の大運が来ました。

途端に「魔」が襲ってきます。

ジョーは、73歳の時に、脳梗塞を発症し、失語症、右半身不随となりました。悲痛な晩年の始まりです。

 

スポンサードリンク



 

運命の日

 

脳梗塞となった1961年12月19日の行運を見てみましょう。

61年 辛丑己 劫財 印綬・・・羊刃

12月 庚子癸 比肩 傷官・・・血刃、白虎殺

19日 丙戌戊 偏官 偏印

印綬の年の偏印の日に発症しています。まさに、印星殺です。

 

12月は傷官、けじめをつけられる月でした。

年運に羊刃が来ています。

この「殺気の星」は人が、非業の死にせよ、病死にせよ死亡するときに現れます。私は「死神」だと解釈しています。

12月には、病気の星、血刃が巡ってきます。

白虎殺も病気の意味が有ります。

言葉と行動を失い、社会的に抹殺された、ジョーに追い打ちをかけるように、2年後に次男が暗殺されます。

 

・1963年、75歳の時に次男の大統領JFKが暗殺。

 

・1968年、80歳の時に、ほぼ大統領確実と言われた、三男のロバート・ケネディが、遊説中に暗殺。

 

・1969年7月18日に有名な「チャパケディック事件」で、4男のエドワードが、「大統領の芽」を永久に失いました。

 

失語症でも、聴力は有ったジョーは、新聞等で、最後の砦、4男の、「政治生命の喪失」を知ったでしょう。

自分の息子の代、二男のJFKに続く、大統領の夢を完全に失ったジョーは、気落ちしたかのように、4か月後の11月に息を引き取りました。

丁度、印星の大運(偏印)が終わる81歳でした。

 

亡くなった日の行運を見てみましょう。

・69年 己酉辛 印綬 劫財―空亡・・・羊刃3個

・11月 乙亥壬 正財 食神・・・・・・劫殺

・18日 丁酉辛 正官 劫財―空亡

 

1969年は印星の年(印綬)でした。

このように、印星殺を持つ人は、社会的生命を失うときや、死没する日に、印星が巡ってくる傾向が有ります。

かなりの、サンプルを確認しましたが、今のところ例外は1件だけでした。

しかも、空亡の年で、羊刃が3個も巡ってきます。死神さんの「お迎えに来たよ」と言うサインです。

ジョーは申酉空亡ですから、前年の1968年に三男のロバートが暗殺されています。父親の身代わりになったようなものです。

11月に劫殺が巡ってきます。行運に劫殺が、巡ってくるときは災難に遭うと言われます。

そして、命日の18日は、空亡の日でした。

 

一代の梟雄の人生が終わりました。私はこの人に恨みは有りませんが、個人的な見解では、「百才有って一誠無しの人」だったと思います。

手段を選ばず、大富豪になったので、次は大統領の座でも狙おうかと言う感じです。しかし、大統領になって、何をやりたかったのかさっぱり見えてきません。

そして、JFK以下、3人の息子に託した夢も、アメリカのためにという気合が見えてこず、ただ、「一族の栄華」を望んだとしか思えません。

フランクリン・ルーズベルト大統領が、ジョーを政府の要職に付けなかったのは慧眼だったと思います。

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

3 件のコメント

  • 相場師で稼いだお金がここまで子孫に祟るとは本人も思っていなかったでしょうな。
    わたしのように年柱が欠乏している訳でもなく「ケネディ一族の栄華栄達」の最終目的が果たせなかったのは、
    鉢物園芸愛好家さんのおっしゃる通り、本人たちの悪徳ゆえかと思います。

    • マイアさんへ

      おっしゃる通りです。日本でいえば、西武グループを築いた堤康次郎と同じですね。
      「悪徳と悪業」で巨万の財を作り、政治にも干渉した男。天罰で70にならずに
      心臓発作で急死。遺言は「三代までは続いてほしい」でしたが、息子の義明が逮捕されて終わり。2代持ちませんでした。「堤一族」は皆、経営陣から追放されて、メインバンクから来た
      後藤社長が事実上のオーナーになっています。「堤王国の崩壊」ですね。
      康次郎が残したものは、皇居に棲みつく「美智子(2号、死亡済み)」と、鎌倉霊園の
      古墳と見紛うばかりの巨大な墓だけです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。