人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|ジャクリーンの妹、リー・ラジヴイルの数奇な人生

  スポンサードリンク  

読者様からリクエストの有った、故ジャクリーン・ケネディの実妹、リー・ラジブィルの鑑定をアップします。

★コメント欄から

こんばんは。もし可能でしたら、ジャクリーヌの実妹、リーも鑑定していただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

http://www.fujingaho.jp/lifestyle/lee_radziwill_160801

 

≪管理人の完全な「死角」にいた人物≫

迂闊にも全く知らない人物でした(笑)

学生時代から、ケネディ家関係の本は、そこそこ読んでいて、知識もそれなりにあるつもりでしたが、この女性については全く「視角外」でした。記事を書くにあたっては「ケネディ家の女たち」等の参考文献を読んでからの方がベストでしょうが、時間に余裕がないため、読者様が教えてくれたサイト等から、情報収集し、纏めました。

参考にしたのは、上記サイトと

http://www.elle.co.jp/fashion/pick/Lee_Radziwill15_11

等々です。
スポンサードリンク




 

≪人となりーWikiより≫

リー・ラジウィル・ロス(Caroline Lee Bouvier Canfield Radziwill Ross,  )は、ソーシャライト(社交界の名士)。

ファッション アイコン、(ファッションリーダーのこと)としても知名度がある。

★実家の苗字、ヴーヴィエの、後の3個のラストネームは、彼女が、3回結婚し3回離婚した元夫のラストネームです。

アメリカ東海岸のサウサンプトン生まれ。ジャクリーン・ケネディ・オナシスの実妹で二人姉妹。

ブーヴィエ夫妻の次女として生まれ、両親の離婚後は母親に引き取られる。

姪っ子の元駐日米国大使キャロライン・ケネディの名前は、”キャロライン”・リー・ブーヴィエ・ラジウィルにちなんで名付けられた。

 

ミス・ポーターズ・スクールからサラ・ローレンス大学に進み、姉ジャクリーンと共にパリに遊学。

1962年3月、アメリカのファーストレディーとなった姉ジャクリーン・ケネディとイギリス、インド・パキスタン訪問に同行する。

出版王の息子マイケル・キャンフィールド、

ポーランドの大貴族ラジヴィウ家の末裔であるスタニスラス・ラジウィル、

そして映画監督ハーバート・ロスとの結婚・離婚(1988年 – 2001年)と、三回の結婚生活でも知られている。

 

1959年3月19日、二度目の夫であるポーランド大貴族のスタニスラス・ラジウィルと”略式結婚”した。

リー自身もキャンフィールドとまだ夫婦だった1957年からスタニスラス・ラジウィルと交際していた。

なお、リーとスタニスラス双方とも敬虔なカトリック信者だったが、キャンフィールドとは1962年と、その後すぐに婚姻無効が宣告されたのは、義兄ジョン・F・ケネディのおかげだったとのこと。

その後、この夫婦も1974年に離婚が成立した。

1988年9月23日、彼女の三度目の夫ハーバート・ロス(ロスにとっては二度目の妻となるが)とは、2001年に離婚ののちロスはすぐに亡くなった。

また、ロスとの結婚後、ジョルジオ・アルマーニと意気投合。彼女の社交界の人脈で「GIORGIO ARMANI」のPRに動いた。

2003年「Happy Times」を出版、自らの半生を綴っている。2008年、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を受章した。

2009年、雑誌「Elle Décor エル デコ 」2009年秋号において、居住するパリ16区とニューヨーク5番街の2つのアパルトマンが特集された。

2013年3月、ガーディアン紙で「五十代以上のベストドレッサー50人」の一人に選ばれた。

2013年6月、ソフィア・コッポラの映画「The Bling Ring ブリングリング」やロスとの私生活のことについて、コッポラからインタビューされた。

以上

 

★引用が長くなりましたが、実に「ダイナミック」な人生」ですね(笑)

しかも、未だ御存命です。

参考サイトで、興味を引いたエピソードは、

ギリシャの海運王、オナシスを姉のジャッキーに「略奪」されたこと(笑)

笑ってはいけませんが、彼女は、2番目の夫の、ラジヴィルと婚姻中に、オナシスと不倫の中になり「財産目当て」かどうかは知りませんが、本気でオナシスと結婚するつもりだったらしいです。

★ところが、姉をオナシスに紹介されたために、世界の大富豪の愛人をジャッキーに略奪されてしまいました(笑)

 

≪姉に支配され、意地悪された人生≫

有るときは、ジャッキーに結婚を妨害され、彼女の死後は遺産目録から外される。

★など、など・・・・本当にご苦労様でした。

それでは、命式を見てみましょう。

 

四柱推命鑑定 命式 リー・ラジヴィル

 

1933年3月3日生まれ(85歳)

・・・上 中 下  宿命星  蔵干  十二運  吉凶星

年柱 癸 酉 辛 正財 傷官      死   咸池

月柱 甲 寅 甲 偏官 偏官      長生  劫殺

日柱 戊 辰 戊    比肩 正官   冠帯  紅艶

時柱 己 亥 壬 劫財 偏財      絶   亡神 孤辰 駅馬

 

【戌亥空亡なので時柱が空亡している】

 

【総合鑑定】美人だが、浮気妻で「ダメンズ・ウォーカー」な女性

※リーとオナシス

干支が、月柱の寅と時柱の亥が支合を形成します。その為に、時柱の空亡が解空(空亡でなくなること)します。

日柱の辰と年柱の酉も支合します。これは「大吉」を意味します。

十二運を上から見ていくと、死、長生、冠帯、絶で、強いのは、長生と冠帯ですが、

日柱の十二運が、帝旺、建禄、冠帯は、強いとみるので、総合的には、身旺でも身弱でもない「中和」です。

日柱の天干は3月生まれの戊(山の土)ですが、3月3日は早春とは言えまだ寒いです。

戊の旬は、午の月(6月)なので、旬ではなく、月令は得ていません。戊は、暖かさと適度の水が必要ですから。

2個の戊と1個の癸が、二重に干合します。【冷血美人の干合】です。

結婚相手の「旬」と美味しい所を食べたら、更に美味しいセレブ男を求めながらステイタスアップする、ドライな「肉食系プレデター女」です。

1個の劫財と2個の偏官が二重に干合します。両凶星の意味が薄まり、思いがけぬ大発展をします。

これは、社会的な成功者によく見られるサインです。

正財と比肩が干合します。正財のケチ臭さと比肩の「我」の強さが消えます。

「華」と社交性の星の偏財が有ります。傷官があるので多少口は悪くとも、芸術的センスが有るでしょう。

 

筋金入りの浮気妻

1個の正官と2個の偏官が混在しています。「官殺混合」で「浮気妻」のサインです。

実際に、一度目の婚姻中に、スタニスラフ・ラジヴイルと不倫を始めています。

そして、ラジヴイルとの婚姻中にオナシスと不倫を始めています。

68歳でハーバート・ロスと離婚後も、絶えることなく愛人がいました。

アメリカの「ゴールデンエイジ(黄金時代)」と言われた、1950年代に青春を迎えた女性の「人生哲学」でしょうが、私は「この人にとって「結婚」とは何だったのだろう?」と理解に苦しみます。

咸池が有ります。美人ですが好色です。

周囲にフェロモンをまき散らす紅艶が有ります。

若いうちは、黙っていても、男が声をかけてくるし、周囲にいい男がいないと、自分から歩き回って、良い男を「捕食」するでしょう。

★「超肉食系女」、「愛のプレデター(英語の意味は捕食者です)」です。

薄情な星の亡神が有ります。

3度目の夫、ロスは離婚後ほどなくして、死亡しました。

孤独の星の孤辰が有ります。

時柱に孤辰が有ると、子供に縁がないか、老後は子供と離れて暮らします。

息子に先立たれ、可愛がっていた、甥のJFKジュニアは飛行機事故で死亡しました。

駅馬が有るので、住居を転々とします。

結婚相手を変えるたびに、アメリカ、ロンドン、パリ、ギリシャ、ニューヨークと引っ越ししています。

 

≪成功者によく見られる大運の推移≫

彼女の大運の推移を見てみましょう。

・10歳~20歳 丙辰―偏印―冠帯

・20歳~30歳 丁巳―印綬―建禄

・30歳~40歳 戊午―比肩―帝旺

・40歳~50歳 己未―劫財―衰

・10歳から、40歳が「最強」で、40歳がピークです。

41歳で離婚した後、55歳まで結婚できませんでした。

★「スタートダッシュ」に強い前半生。洋の東西を問わず、社会的な成功者に必須なパターンです。

 

≪ダメンズ・ウォーカー≫

もう死後でしょうか?一橋大での「高学歴女流漫画家」の倉田真由美のヒット作です。

「ダメ男」を渡り歩く女です。

彼女の二十八宿は参宿です。

参宿の女性は、「ダメンズ・ウォーカー」が多いです。

 

3度の結婚ですが、公平に見れば、3人とも、彼女の「理想の夫」としては何か欠けるものが有ったのかもしれません。

しかし、参宿の女性は、「男運」が悪くとも「生活力」が有ります。

現在、悠々自適な老後を送る、彼女が、典型的な「参宿の女性」です。

以上

 

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

9 件のコメント

  • 伏見様、リー・ラジウィルを鑑定していただきまして、ありがとうございました。抜け目ない女性という印象で、成る程肉食!だったのですね。ケネディシリーズ、堪能させていただきました。感謝です。
    ところで、初心者向けの四柱推命の本を紹介していただけないでしょうか?私はまだ冠帯など、それぞれの語彙がよくわかっておりません。宿曜占星術は、小峰有美子監修の本を買ってみました。宜しくお願い致します。

    • 読者さんへ

      高評価有難うございます。
      ご要望の件ですが、四柱推命の初心者向けの入門書は
      私の知りうる限りでは見当たりません。そこが四柱推命の普及しにくい
      理由でもあります。今後は読者様向けに、「用語解説シリーズ」
      を企画する予定です。

      • 恐れ入ります。あまりに悲劇的な末路で終わった方々が大当たりしているので、恐るべし、四柱推命と思いました。四柱推命の専門書は、プロ向けなのですね。何万もしそうです。

        • 読者さんへ

          四柱推命の専門書は、数千円で売っていますが、素人の方が
          一から、習得できるプロ向きの本は少ないですね。

          • 伏見様
            数千円なら買ってみたいですが、いきなりそれを見ても理解不能なのですね。
            残念。小山内彰氏の本はどうかな?と思ったのですが。

  • オナシスの愛人がギリシャ系米国人オペラ歌手マリア・カラスであったことは有名だと思いますが、ジャクリーンとの結婚に、青天の霹靂だったらしいマリアは大ショック。オナシスは結婚後ジャクリーンに冷たくされるようになり、自分が悪かった、とマリアに泣きついてよりを戻したらしいです。
    マリア・カラスも結構美人だったと思うので、オナシスもマリア・カラスと結婚した方が幸せになれたでしょうに。以下のマリア・カラスのインタビューを見ると、中々魅力的だと思いました。媚びたり策略を巡らすようには見えません。マリア・カラスは53歳でパリにて謎の死を遂げているのです。ジャクリーン、リー・ラジウィル、マリア・カラスを繋ぐ舞台はパリとNYですね。
    https://www.youtube.com/watch?v=hSb-7Tb2dmQ

  • 読者様へ

    私も勉強になりました。エリザベス・テイラー、シャロン・ストーン
    あたりも鑑定すると面白そうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。