人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|ベトナム戦争史㉓周恩来

  スポンサードリンク  

次は周恩来の命式です。

四柱推命鑑定命式|周恩来

1898年3月5日生まれ~1976年1月8日(77歳没)

・・・上 中 下 宿命星 十二運 吉凶星

年柱 戊 戌 戊 傷官 傷官 養 華蓋

月柱 甲 寅 甲 印綬 印綬 死 亡神

日柱 丁 卯 乙    偏印 病 天徳貴人 咸池

時柱 己 酉 辛 食神 偏財 長生 天乙貴人 文昌貴人 囚獄 白虎殺

【戌亥空亡】年柱に戌があるが、日柱の卯と支合を形成するので解空となる。

 

スポンサードリンク




 

【総合鑑定】No2に徹して、毛の粛清から逃れた男。

十二運を見ると、養、死、病、長生で、身弱です。

月令を見ると、春まだ浅き3月初旬の丁(蝋燭の火)です。丁の旬は夏ですから、月令は得ていません。

日柱の卯と時柱の酉が冲「ちゅう」を形成します。そのために天乙貴人が死んでしまいました。

八路軍以来の毛の同士で粛清されず、天寿を全うしたのは、この人だけといっても過言ではないでしょう。

毛沢東が存命時代は、毛を追い越した同士は全員、文化大革命で粛清されました。

毛は「大躍進政策」で失敗し、中国人3千万人を餓死させました。責任を取る形で、一時逼塞しましたが、

代わりに、劉少奇が政治を行い、実績を出したら、過激な青年共産党員を「紅衛兵」として指揮し、劉少奇らに「走資派」(資本主義に逃げる裏切り者)というレッテルを貼って

多くの共産党員や、人民を吊し上げ粛清しました。

周恩来という人は若いころ、日本の明治大学に留学経験もあり、「親日家」でした。

後の実力者の鄧小平も文革で、追放されましたが、周がかばったお陰で粛清されずに済みました。

 

《印星殺の成立》

印綬が2個、偏印が1個あるので印星殺の成立です。

周の死亡日を見てみましょう。

76年 乙卯乙 偏印 偏印

01月 己丑己 食神 食神

8日 己未己 食神 食神

1976年は偏印の年となっています。お迎えが来たのでしょう。

ちなみに亡くなった年の77歳の大運は、70歳~80歳 壬戌―正官―養―空亡で、大運空亡でした。

天寿を全うした形でしょうか。同じ年の9月9日に毛も亡くなっています。

 

周恩来の日柱は、丁卯―病で性格分類でいうと「感情型」です。非常に感受性が強く潔癖な性格です。稀にこのタイプの人から「人格者」が見受けられます。

暴君の毛に比べ、慈悲深い老爺タイプの周は国民に人気がありました。

周が亡くなったとき、毛は喜んだといいます。自分より人望のある周に嫉妬していたのだと思います。

★周の生涯は、絶対毛より、前に出ないように細心の注意を取り続けた人生でした。

生前の、周をよく知る人から言えば、中国の皇帝に使える、典型的な「宰相タイプ」だったそうです。もちろん皇帝は毛です。

 

《北ベトナムから中ソを分断し、本格的な「戦略爆撃」を行ったニクソン》

米中が和解し、中ソが対立して軍事的に対峙するようになって、ニクソンは「聖域なき北爆」を行えるようになりました。

アメリカ軍による空爆は、北ベトナム国民に大量の死傷者を出し、併せて只でさえ貧弱な北ベトナムのインフラストラクチャーにも大打撃を与えたことから、北ベトナム軍と国民にも少なからず厭戦気分を植え付けた。

北ベトナム軍にとって幸いなことに、クリスマス休暇中による再度の北爆は、国際社会の轟々たる批難と反発を受け、短期間で中止された。

アメリカ合衆国連邦政府の目論見通り、この空爆の成功は、北ベトナム軍を戦闘不能な状態に持ち込み、北ベトナム政府をパリ会談に出席させ、停戦に持ち込まざるを得ない立場に追い込む事に成功した。

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

2 件のコメント

  • 毛沢東は、周恩来の癌の手術をする許可を出さなかったそうですね。江青も入院妨害をしたとか。相当末期になってから、手遅れだが手術したとか。
    毛沢東は、なぜ死ぬまで権力を維持し、現職にいることができたのでしょうか。周恩来の方が人望があったのに。文革は中産知識階級を根絶やしにするため?だったようですが、なぜ被害が甚大になるまで10年も止まらなかったのでしょうか。
    林彪は毛沢東の乗った列車爆破を計画したが失敗。劉少奇はあっさり紅衛兵に殺されてしまい、鄧小平も失脚。軍を掌握していたのが毛だけだったのでしょうか。
    もう1度日本の桜を見たい、と言って亡くなった周恩来にはもっと生きて欲しかったです。

    • 読者さんへ

      毛沢東は、国共内戦を勝ち抜き、朝鮮戦争も、引き分けに持ち込み、軍幹部には
      自分のお気に入りを将軍にして、ポストを与えて軍を完全に掌握しました。
      周恩来も劉少奇も林彪も、最終的に軍を掌握できなかったのが粛清された原因です。
      死ぬまで軍を掌握し続けた「革命は「銃口」から生まれる」毛沢東の名言です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。