人気ブログランキングに参加しています。


ベトナム戦争の負の遺産・慰安婦像⑥|「ロス暴動」勃発

  スポンサードリンク  

アメリカで嫌われる韓国系移民②

1992年「ロス暴動」勃発

韓国人による度を超した黒人蔑視、差別に対する不満などが重なり、重層的な怒りがサウスセントラル地区の黒人社会に渦巻いていた。

そこにロドニー・キング事件のLA市警警官に対して無罪評決、

ラターシャ・ハーリンズ射殺事件における韓国人店主への異例の軽罪判決が引き金となり、

黒人社会の怒りが一気に噴出して起きた事件であるといえる。

 

「サウスセントラル地区の人口比率の変動と人種間の緊張」

事件の重要な要件として、暴動がはじまったサウスセントラル地区の人口比率の変化が挙げられる。

サウスセントラルはかつて黒人地区であったが、ヒスパニック系が居住者として取って代わるようになり、一方では韓国系アメリカ人がそれまで黒人の所有していた酒屋や雑貨店などを買い取って商売をはじめていた。

国勢調査によれば、歴史的に黒人居住地区であった場所におけるヒスパニック系住民の増加率は119%に達していたという。

こういった地区では商店などの経済競争が人種間の憎悪を高めていった。それまで黒人が一手に引き受けていた単純労働は、半分の賃金で働くラテン系移民へと移っていった。また、韓国人(コリアンアメリカン)による極端とも言える黒人蔑視などもあり、韓国人商店と客である黒人住人との関係のみならず、黒人社会と韓国人社会全体が明確に断絶していた。

黒人住民たちは韓国人商店の客扱いが酷く商品が値上がりしているとの不満を持っていた。

主たる襲撃目標となったのが韓国人商店である。襲撃による被害額の半分弱が韓国人商店のものであるともされる。

韓国人商店主らが防衛のために拳銃を水平発射しているシーンも幾度となくテレビにおいて放映された。

ちなみに彼ら韓国人店主らの多くはベトナム戦争の帰還兵だった。ベトナム戦争に参加した韓国人帰還兵に米国政府が移住許可を与えたため、70年代に韓国系移民が4倍も増えた。

以上

 

スポンサードリンク




 

★ベトナム戦争で、残虐行為をほしいままにした元韓国兵の、黒人市民に向けた実戦さながらの射撃を御覧ください

 

 

 

日系人店主の商店だけは狙われなかった驚きの事実

このロス暴動以降も、人種差別による黒人の暴動は、何度か起きましたが、韓国系商店が軒並み、略奪、放火された後、まるで、陸の孤島の様に残った無事な店舗が有りました。そのほとんどが、日系人の経営する商店です。

そのオーナーが、暴動鎮圧後、インタビューに答えると

「何故、うちの店が狙われなかったって?黒人たちは俺が日本人だと普段からよく知っているからさ」

という話をよく聞きます。

日系人店主は、全米どこでも、貧しい客には、商品を値引きしたりしているから、普段から他の人種に敵を作っていなかったのです。

 

全米で期待を裏切らずに嫌われる、韓国人達

★白人の「ガタイ」のいいオネーチャンが、韓国系の老婆を、突き飛ばし雄叫びを上げる。

このお婆ちゃん、小泉純一郎に似てますね(笑)

しかし、凄いです。日本でこんなことをやったら、シバキ隊が黙っていないでしょう。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

7 件のコメント

  • 新生ブログ、復活1周年、誠におめでとうございます。

    貴ブログの益々のご発展、並びに、貴殿のご活躍を、そして、皆様方のご健勝を
    祈念いたしまして、乾杯!

    ㊟二十歳未満の飲酒、飲酒運転はNGです(笑)。

    • こすけさんへ

      祝って頂いてありがとうございます。あなたをはじめ、前のブログからの定住読者様たちの「応援」で
      ここまで来れました。私も、デレデレ草さんも、ダヤン氏もこれからも一層精進して、読者が時間を割く
      価値のある記事を精選してアップしたいと思います。ROM専の人もこれからは気楽にコメントしてね。
      ★但し、最近目立つ、「羽生ディスリ」「デニス・テン上げ」「浅田真央下げ」や、「視聴率の取れない「人生負け犬脚本家イザーマン」のコメントは承認しません。

      • 非常に強い台風20号が四国に上陸する確率が高くなってきました。今後の台風情報に
        注意しつつ、ご用心下さい。
        観測設備とスパコンの性能を強化しても、カオス理論の為に、天気予報には不確実性が
        伴います。詳しくは、ダヤン塾長の記事、②熱くロックを語ろうⅢ、をご覧下さい。

        確認するまでもなく、新生ブログ復活1周年への祝辞のコメントを贈りたい読者の方々は
        大勢いらっしゃることと思います。ですが、はてさて、記念日が正式にはいつなのかは、
        実の所良くわかっていません。

        新生ブログが立ち上がった日とするのか、あるいは、美しく幻想的な鳳凰が吉報と共に現れた時とするのか、それとも、伏見先生から「引っ越しました」との通知があった日とする
        のか、と言った具合です。いっその事、記念週にするのもアリかも(笑)。

        ご多忙とは思いますが、正式な記念日の制定と、加えて、今回に限り特設コーナーを設けて
        いただくことを、どうか、ご検討下さるよう、宜しくお願い申し上げます。

        • こすけさんへ

          ご祝意、深甚に感謝します。さて、新生ブログがスタートしてお陰様で、ようやく一年
          巡航軌道に乗ったところです。今後もまだまだ、「使命感」をもってひたすら前に進むのみで
          後ろを振り返る余裕が有りません。折角のご提案ですので、有難く検討させていただきます。

  • 柳宿の人は要注意なんですね。生年月日さえ分かれば簡単に判明するので役にたちそうです。例の脚本家も柳宿とは(笑)。別々の人格で幾つもブログを書いていてコメント欄も自作自演ですから柳宿といえば柳宿なんでしょうね。TBSは問題が多いですね。特にサンモニと報道特集が酷いです。ソフトバンクにも朝鮮学校枠があるそうですし、そんな会社では絶対に働きたくないです(笑)。元韓国兵って怖いですね。元寇のときも残虐行為があったというし、警官の拳銃を奪って二人殺した島津慧大も在日でしょうね。

    • きなこさんへ

      オカマは基本的に、「本物の女性に対する憎悪」が例外なくあるそうです。だから、イザーマンの様にオカマで柳宿は最悪です(爆)富山交番襲撃事件も、名家の通名を使っている時点でアウトです。

      • 例の脚本家はどーしよもないですが、オカマは基本的に女性に対する憎悪があるんですね。普通の女性は、生まれつき女性だからかもしれませんが、そこを妬まれても・・。怖いですね(@_@)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。