人気ブログランキングに参加しています。


生前退位による恩赦②|吉田茂―麻生家―犬養家―大原家は「悪の枢軸」|拡散希望|

  スポンサードリンク  

続きです。

来年の生前退位による「恩赦」で殺人鬼たちがあなたの近所に戻ってくる恐怖

さて、本題に戻りますが、記事のタイトルのソースとなったニュースです。

記事執筆者は、「恩赦と死刑囚」などの著書のあるノンフィクション作家の斎藤充功氏です。

確実視される「恩赦」 過去に8人殺害死刑囚も仮釈放された

https://www.news-postseven.com/archives/20180314_659063.html?PAGE=1#container

※画像はこちらから

2019年4月30日、今上天皇が生前退位し、翌5月1日に、皇太子が新天皇に即位する。この慶事に際し、実施が確実視されるのが「恩赦(*)」だ。毎日新聞(2017年8月13日付)はすでに法務省が検討に入ったことを報じている。

【*/恩赦法で大赦、特赦、減刑、刑の執行免除、復権の5つが規定されている。国家的慶事などの際には、政令で恩赦の対象となる刑の種類などの要件を定め、実施される】

「過去の皇室関連の慶事の例を踏まえれば今回も恩赦は行なわれるでしょう。法務省所管の中央更生保護審査会が検討を行ないますが、対象者が誰になるかの審議過程ならびに審査基準は非公開で、厚いヴェールに包まれています」

そう語るのは、今年1月に『恩赦と死刑囚』を上梓したノンフィクション作家・斎藤充功氏だ。

恩赦は戦後12回実施され、そのうち5回が皇室関係の慶事のタイミングである。直近となる1993年の徳仁皇太子の成婚時には、1277人(うち7割が公職選挙法違反者)が対象となった。

 実は過去に「死刑囚」がこうした恩赦の対象になったことがある。

1993年のケースではなかったが、恩赦によって無期懲役に減刑され、仮釈放によって“生還”した死刑囚は確かに存在するのだ。

以上

 

スポンサードリンク



 

確定死刑囚が大手を振って娑婆に戻ってくる法理論

斎藤氏は、大量殺人犯などが多く死刑を逃れ、密かに人知れず、娑婆にもどっと例として、サンフランシスコ講和条約締結に伴う「大量恩赦」をあげています。「恩赦の根拠」は「国家的慶事」です。

サンフランシスコ講和条約は、戦後日本が「占領軍」の間接統治から「解放」され、「日本国」として、独立したということで「形式的」には「喜ばしいこと」といえるでしょう。

★しかし、どうでしょうか?日本は、その後現在に至るまで、依然として「事実上のアメリカの属国」のままです。

国土のあらゆる個所に、「在日米軍」という名称で、外国の軍隊が、基地を設営し、駐留しているわけですから。

 

在日米軍の「中国」「ロシア」「韓国」からの軍事的侵略に対する「抑止力効果」を否定するものではない

★現行憲法下では、自衛隊員は「国家公務員」ですから、有事の時、日本本土に上陸した例えば、中国の人民解放軍を射殺したら「殺人」となります。合法的に「戦争」を行える「軍人」ではないからです。

従って、その「矛盾」の解消には、来年にも期待される「憲法改正」を待つしかありません。

サンフランシスコ講和条約を締結したのは、ご存知、吉田茂総理です。

「漢字検定一級保持者」の麻生太郎坊ちゃんの自慢の「爺ちゃん」です。

 

吉田茂が「大量恩赦」を敢行したのは、自分の実績を称えたいためだった

ノーベル平和賞でも狙っていたのでしょうか(笑)残念でした。

吉田茂は、死刑や自殺を禁止するカトリック教徒だったので、大量の恩赦に踏み切った可能性もあります。

麻生や美智子もカトリックなので、政権や皇室に食い込んでいるカトリック教徒たちと組んで、大量恩赦を働きかける可能性もあります。

要注意です。

 

「大量恩赦」を敢行した法務大臣が「ミチコ」とご親戚の犬養健

犬養健(たける)・・・Wikiより

1896年(明治29年)7月28日 – 1960年(昭和35年)8月28日)

日本の政治家、小説家。正三位勲一等。

首相在任中に暗殺された犬養毅の三男にあたる。法務大臣(第2代・第3代)。

 

家族・親族

仲子夫人との間に1男1女をもうけた。長女・道子は評論家、長男・康彦は共同通信社の社長を務めた。

 

康彦の後妻は大原総一郎の娘(美智子の弟の妻とは姉妹の関係)

また、健が妾で芸妓の荻野昌子に生ませた非嫡出子が安藤和津(のち認知)で、俳優の奥田瑛二は健の娘婿にあたる。

以上

 

拙ブログの古い読者様なら、すぐにピンと来たはずです。

長男、犬養康彦は共同通信の社長。

犬養は改名前は犬飼でした。旧同和系に多い苗字で、かつカトリックです。正田家もそうですが、旧同和系の人々は、苦渋の多かった家系の歴史から解放されるために、キリスト教に改宗するケースが多いです。

犬飼康彦の後妻は大原総一郎の娘の大原麗子、

麗子の妹が「千代田パレス」の女帝で、上皇后候補の「ミチコ」の実弟、正田製粉名誉会長の正田修に嫁いだ、大原泰子です。

英国のウイリアム王子が来日したとき、英国側は、ウイリアム王子と秋篠宮悠仁親王との会談を望んでいました。

が、美智子は拒否。

悠仁様の父・秋篠宮文仁親王を、親族の岡山で開催されていた大原家のどうでもいいイベントに追い払い、2人の皇位継承権をもつ王子の会談をつぶしました。英国側は怒ってましたね。

 

共同通信とは

➀共同通信は「日本の情報社会の支配者」、報道してよい情報と、「都合の悪い情報」を選別して、抹殺する言わば「水道の栓」です。

➁「ミチコ」が、義妹を通じて、「皇室」情報を自在にコントロールしてきたことは、過去記事に書き尽くしました。

四柱推命鑑定|美智子の権力を斬る|大原れいこ、共同通信を支配する未亡人、転載フリー

吉田茂―麻生家―犬養家―大原家は「悪の枢軸」です。

★「安倍三選」までは、支持しましたが、三選確定後は「太郎坊ちゃん」には病気入院でもして、世襲無しで政界引退してもらいたいです。

娘の嫁ぎ先が「水道民営化」参入のフランス企業ですからね(怒)

続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。