人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|大英帝国の衰亡|ジョージ6世➃命式

  スポンサードリンク  

それでは命式を見てみましょう。

ジョージ6世

1895年12月14日生まれ~1952年2月6日(56歳没)

・・・上 中 下  宿命星   蔵干 十二運  吉凶星

年柱 乙 未 己  比肩 偏財    養

月柱 戊 子 癸  正財 偏印 印綬 病    天乙貴人 咸池

日柱 乙 未 己     偏財    養

時柱 壬 午 丁  印綬 食神    長生   月徳貴人 文昌貴人

【辰巳空亡】

 

 

スポンサードリンク



 

【総合鑑定】生まれつきの虚弱体質と癌体質

月令を見てみましょう。日柱の天干(てんかん)が乙(きのと)です。「木の弟」です。草花です。

12月14日生まれです。北国イギリスでは厳寒でしょう。

例えて言えば、真冬に土中から、間違って目を出してしまったチューリップの芽です。

気温が低すぎ、太陽の光も弱いので、すくすく芽を伸ばせません。

要するに「月令」を得ていないのです。基本的に弱い命式と言えます。彼の生涯を苦しめた、虚弱体質と多病はここに見てとれます。

命式中に食神と偏印が混在しています。食神は栄養を摂取すること、「生命の源」です。偏印は食神を潰すので偏印倒食と言います。

命式中に偏印倒食のある人は、基本的に「消化器系」の弱い人が多いです。「胃弱」とか。

命式中に正財と印綬が混在しています。故小林麻央さんのところでも説明しましたが、癌に成りやすい「地雷型の命式」です。

命式通り肺癌で亡くなりました。

時柱の午と年柱と日柱の未が二重に支合を形成します。午―未の支合で、火の勢いが強く、変動の予感の暗示です。

波乱万丈の人生を送る人で、心配事の無い晩年は送れない人が多いです。

吉凶星の欄は、さすがに、「貴種」の方らしく、すっきりしていて凶星が有りません。

この貴人星は日柱にあるのがベストだと言いますが、天乙貴人が有ります。月徳貴人や文昌貴人が有ります。

好色の星の咸池が有りますが、これは凶星ではありません。

★印綬が2個、偏印が1個あります。合わせて印星が3個以上あります。

このタイプの人は、業界No1となるか、位人臣を極める人が多いですが、常にリスクと背中合わせです。

そして、不運なことは、印星の行運(こううん;大運、年運、月運、日運、刻(一刻は2時間)の運)に起きることが多いです。

 

この王様の二十八宿は心宿です。

元々演技性の性格の人ですから、吃音さえ矯正すれば、演説は上手かったはずです。

 

2010年のアカデミー賞を取ったイギリス映画「英国王」のスピーチでは、ジョージ6世が吃音を克服する様子が描かれていました。

ジョージ6世の没年の大運を見てみましょう。56歳で亡くなりましたから、53歳~63歳の大運で、壬午―印綬―長生で、印綬ですから印星の大運です。

 

死亡日の運気

死亡日の運気と星の巡りを見てみましょう。

1952年 壬辰戊 印綬 正財―空亡

2月 壬寅甲 印綬 劫財

6日 壬午丁 印綬 食神

★年運は空亡です。長患いしている方は危ないです。しかも印綬が来ています。正財も来ていますから、命式中の印綬(生命の源の星)を潰しに行きます。癌を闘病中の方には致命的です。

2月も印綬が来ています。死亡日の6日も印綬が来ています。

命式中に印星が3個以上ある人の、行運、後天運が最悪となる日に亡くなられたようです。

 

ジョージ5世の2人の王子

さて、世界最高級の家柄に生まれ、両親も同じくする二人の兄弟の全く対照的で数奇な運命。

読者の皆様が、二択で究極の選択を迫られたら、どちらの人生を選びますか?

弟 ジョージ6世、

一歩間違えれば、チャラい兄のように、この人も逃げたのかもしれません。しかし、踏みとどまり、兄の失態で、「地に堕ちかけた」英国王室の威信を「極限までの自己犠牲と献身」で回復しました。しかも、イギリス史上最も「国難」な時期に、在位し続けました。「我欲」を断ち、遊びまわることもせず、「責任感」という「縄」で自分を玉座に縛り付け、最後は力尽き、燃え尽きて、還暦を待たずに「戦死」しました。

しかし、死後、国民から敬愛され、銅像は立つ、自分の名前を冠した地名や建物が多数できる。映画でも讃えられています。

 

兄:エドワード8世、

好きな女性と結婚し、自分には向かないと、父親も自分も自覚していた、イギリス王の地位を「責任感」とともにポイ捨て、本国からは即日追放されるが、「ウィンザー侯爵」の称号を貰い、依然として「王族扱い」、生活費も恐らく、多額に貰っていたと思われる。

好きな女性と「世界漫遊」の旅、「腐っても元イギリス王(但し未戴冠)」世界各地で「マンセー」で迎えられる。窮屈だったのは、バハマ総督に任じられカリブ海に閉じ込められた5年間だけ。

ただ、事実上の幽閉と言っても、旅行の自由は有ったらしく、夫婦でアメリカのフロリダに上陸した際は、「親ナチ」と言うことで、ルーズベルト大統領から警戒され、FBIに監視される。

大戦後は、フランスに渡り、フランス政府からは所得税を免除され、パリ、ブーローニュの森に豪邸をあてがわれる。味が不味くて有名な、イギリス料理より、本場のフレンチの方が美味しかろう。

悩みの種は、マスコミのインタビューで王冠を捨てた理由を毎回聞かれることぐらい。

本人曰く「例え、時計の針が戻っても同じ決断をしただろう」、後悔の念は無いらしい。

入国を許されたのは、弟のジョージ6世の葬儀だけ。

但し、本人の葬儀はイギリスでやってくれて、妻のシンプソンもともに英国王族の墓地に眠っている。

 

ジョージ五世の2人の王子の運勢

・先天的に弱弱しい命式、

・弱弱しい体質と、プレッシャーに弱い惰弱な精神、

・恋愛結婚で、格下の階級から妻を迎えた(兄は平民・弟は欧州の王族ではなく、自国の貴族)

でした。命式を見るに、どちらが即位しても、大英帝国は解体したでしょう。

2人の王位継承者の命式を見るに、大運的には、大英帝国の解体は決定していたように見えます。

しかし、英国王室が滅亡せずに、英国も、大帝国から連合王国へ格下げしたとはいえ継続できたのは、国家元首であったジョージ6世の、死ぬほどの努力と忍耐、実を粉にしてまでも尽くしぬいた国家への献身、に、天の運が添ったゆえだと思います。

こういう君主は、天も見捨てないでしょう。ジョージ6世は、英雄ではないにせよ、名君だったと思います。

この人によって、王族や国のトップの本気と死ぬ気の努力と献身によって、王家や国の運も変わることがわかります。

以上

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

7 件のコメント

  • こんにちは ふしみさま。ジョージ6世には弟が二人いましたよ。娘しかいないヨーク公より男子がいるケント公が推されましたが、思考が親ナチスでエドワード8世寄りだったため外されたようです。もう一人の弟グロスター公はジョージ6世からエリザベス王女の後見を頼まれています。自分の寿命が長くない事を見越していたのでしょう。エリザベス王女が未成年で王位継承することを心配してました。

  • お久しぶりです。備後山田村の巫女です。ジョージ6世のお写真を見ると、王族としての威厳のある整ったイケメンな顔立ちでありますが、すごく苦労と悩みを抱えていたように見えますね。歳を取ると出自って顔に出てしまうものですね。そう思うと、ちょっと嫌なことがあって不貞腐れている自分が、ものすごくばかばかしく思えてきますね。私も日ごろから、周りの人に迷惑を掛けない、親切にするように心掛けて生活するようにしたいものです。ジョージ6世のご冥福をお祈りします。あちらの世界でエリザベス皇太后と平穏に過ごされますように。

    • 備後山田村の巫女さんへ

      お久しぶりです。この王様の威厳は、古き良きイギリス貴族がよく口にする「ノブレス・オブリージュ(高貴な者の義務)ですね。還暦になる前に燃え尽きるように亡くなって、幸福な時期は本当に短かったかもしれないけど、生前から死後、今も英国民の心の中に生き続けて、敬愛される王様は、「永遠の生」を受けているように私には思えます。いい話ですね。

  • ジョージ六世、個人的に興味深かったのでとりあげて下さって
    嬉しかったです。
    生き方の派手なお兄さんのエドワード八世の方がイケメン扱い
    されるけど、ジョージ六世もれ十二分にイケメンだなぁと思ってました。そして、「のび太くん」の例えが上手いと思いました。
    できればですが、「しずかちゃん」こと、エリザベス皇太后の鑑定もして欲しいです。
    ジョージ六世が寿命を縮めたとはいえ、ここまで頑張れたのは、エリザベス皇太后の助けも大きかったでしょうし、運命の数奇さからして、興味深い結果が出そうな気がします。

  • シンプソン夫人にはスパイ疑惑がありますね。夫をナチスに接触させたとか…。あまり美人ではないので傾国の美女ではなく傾国の女スパイですね。

    • きなこさんんへ

      スパイ疑惑はうかつにも知りませんでした。勉強不足でした。
      それにしても、王冠を捨てる価値のある女性だったのか?
      「床上手」だったのかもしれませんね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。