人気ブログランキングに参加しています。


工作員疑惑|⑤ イザーマン・BB覚醒・ふぶきの部屋・創価朝鮮チームとの戦い(総括編)

  スポンサードリンク  

➃からの続きです。

《昔からあった、同一人物説》

これも、中卒婆さん「これでいいのだ2」のコメ欄で知ったのですが、2012年ぐらいから、イザーマン=トド子=BBの覚醒記録の同一人物説はあったようです。

「2chで、同一人物説が、囁かれ始めたら、イザーマンが慌てて文体を変えた」そうです。

それにしても、この婆さん本当に役に立つわ。

 

スポンサードリンク



 

なるほど、今、現在は姑息にも、イザーマン自身のブログは、更新した日にちは入っても、「時刻は非表示」になっています。

井沢満のブログ

https://blog.goo.ne.jp/mannizawa

BBの覚醒記録

https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa

銀蠅ブンブン日本の危機ニダ(トド子のブログ)

https://blog.goo.ne.jp/todokotodoko

ブログサービスは皆、同じgooです。

★頭、悪いな~、「頭隠して尻隠さず」これでは、自分で同一人物だと言ってるのと同じですよ。

イザーマン本人は、「同一人物であってもそれが悪いんですか?」とブログで開き直っていますが、それなら、「準公人」の矜持(きょうじ=プライド)があるならば、過激なブログには、実名のタイトルで書きなさい(怒)ということです。トド子のキャラクターで、デレデレ草さんのブログに「非公開指定」で書き込み、「皇室関連」の「危険なガセネタ」を書かせようとするな(怒)

この時、トド子は、自分で「男」だと言っている(笑)

 

《イザーマンが書いているダミーブログ一覧》

・BBの覚醒記録→井沢満の覚醒記録

・銀蠅ブンブン日本の危機ニダ→銀蠅ブンブン井沢満の危機ニダ

・ギラの日本を護りたい→井沢満の日本を護りたい

・クリスタルピープル→クリスタル井沢満

・ナルズさんの皇室掲示板が復活するまで→井沢満の皇室掲示板が復活するまで

・わがまま親父の独り言カナダで生きています→わがまま井沢満の独り言、足立区綾瀬で生きてます

・進撃の庶民→進撃の井沢満

上記の様に、ブログタイトルに実名を入れて、自分でリスクをとれ(怒)

他人のブログを盗作したり、「オフ会」に呼び寄せて、脅迫し、ブログを乗っ取ろうとするな、このチョンカマ加齢臭爺

 

《BB=イザーマンはブログで広告収入を得ている》

自分以外のブロガーを「広告料稼ぎ」と非難するが上記の様に、7個ものブログで、しっかり広告料を稼いでいる。しかも、自分のブログもだ。

井沢満のブログ

https://ameblo.jp/izamann/

https://web.archive.org/web/20181019090527/https://ameblo.jp/izamann/

アメブロで、しっかり、広告を張っているではないか(怒)

 

《BB=イザーマンは電子書籍出版なら無料で出版せよ》

「BBの覚醒記録は商売ではない、国のためにやっている」と常々連呼しているのだから、電子出版といえども、0円=無料で配布すべきだろう。

「恥を知りなさい」と連呼しているのなら、「筋」を通すべきだ。本当に日本人で朝鮮人でないのなら、「言行一致」を見せてみろ。

 

《「無問題」という、「中国語」を日本語として使うイザーマン》

「無問題」(wikiより)

無問題(モウマンタイ)は、1999年公開の香港映画、ただし実際は日本主導で制作された。主演は日本のお笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史。「無問題」とは字の通り「問題ない」と言う意味の広東語だ。北京語では「沒問題。

イザーマンは自分のブログで、「無問題」を使い、BBは、拙ブログのコメ欄で、この中国語を使用している。

※イザーブログの魚拓です

https://web.archive.org/web/20180822143417/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/141275c7b2d5951a32851825e7704048

「交番の老巡査さんがちらっとその欄を見て、「無問題です」と。」

 

【BBファイルの開封】朝鮮オカマ「江戸娘」に突如変身、大爆笑の「エアー謝罪」、「無問題」という中国語に注目

https://web.archive.org/web/20180930225320/https://blog.goo.ne.jp/duque21/e/8544fd74424424a74c52c7094b72b1a4

以下「靖国エアーデート」で壮絶な「炎上劇」を起こし周囲や、他のブロガーに迷惑をかけたBB覚醒オカマ=イザーマンの

「どっちらけ謝罪コメント」です。

日本で、BBとイザーマンしか使わない「無問題」という「中国語」に注目してください。

「モーマンタイ」と発音します。よく香港映画でジャッキー・チェンが言っています。


また、最終行の「意気がった」は「粋がった」の間違いでしょう(爆)ほんっとうに日本語が苦手ですね。

これでよく、脚本家が名乗れますね(怒)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様へお願いです

2017.07.18.19:29

詳しくはBBの小室氏に関する最新記事のコメ欄に記してありますが、「わがまま親父の独り言,カナダで生きてます」さまの

記述は事前にここまで書いていいかという問い合わせの上でのことなので、無問題です。

匿名で、言いたい放題を無責任に書き散らしているとよく言われるので、何度か弁護士経由で警告と脅しを受けている身、

どうせ訴えられりゃ身バレ覚悟の記述、その程度ならどうぞばらしてくださんせ、と江戸娘風啖呵で「どうぞお書きになって」

と返事したBBに責任の所在はあります。おやじ様に何が跳ね返ってくるか考慮して差し上げなかったのは、BBの落ち度です。

この件で、伏見様にもご迷惑が及んでいるようで、心苦しくお詫び申し上げます。

読者の皆様のご心配を頂いてこんなにも支持を頂いていたのかと、改めて思いを噛み締めています。

以上

 

★「電光影裏」がこの言葉を使用したので、イザー本人であると判断し、「工作員認定」した。

 

《イギリスのロンドンに住むイザーマンのカマ友達「鉢物園芸愛好家」》

http://megalodon.jp/2018-0711-0428-02/tvmania.livedoor.biz/archives/52249458.html

「時を斬るブログ」以来、いつも意味不明のやたら長文のコメントを書き込んでいた。

こちらを誹謗する内容ではなかったので、承認していたが、「意味不明の長文」を認可していたら、管理人の見識を問われると思って、追跡したら、いつも、ロンドン市の郊外から書き込んでいた。

工作員は「海外のサーバー」を経由して、書き込むことが多いので、注視していたら、こいつも「無問題」と言い出したので、過去に承認したコメントを全て、削除したら、逆切れして文句を言ってきた。

「私は、ロンドン在住ですが、何が悪いんですか?」と。

トド子=イザーマンは、ブログでイギリス在住の友人がいると書いていた。

★結論から言うと、複数のブログに、書き込むコメントの原稿をイザーマンが、このカマ友達に、メールで送り、ロンドンから書き込ませていたのだ。

 

《ダヤン氏の陰謀論系ネタや英語ネタを盗作するつもりと思われる工作員》

この「鉢物園芸愛好家」という、H/Nにはちょっとした因縁がある。

前のハンドルネームを「サンジェルマン」と言い、その前が「Aloha」と名乗っていた。

ここからは、ちょっと古い話になるのだが、2015年当時「なでしこりん」という「過激な共産党批判」を売りにしていたブログが有った。

そこそこ人気が有り、自分の読者を今、社会問題になり、刑事事件化が目前に迫っている「余命三年自自日記」というカルトサイトに誘導していた。

ところが、「炎上商法」でアメブロで「自作自演の削除劇」をやらかし、読者にばれて、一気に信用を失った。

その後、「なでしこりん」は、BBの覚醒記録に絡み「皇室不敬ブログ」として、噛みついていた。

BB=イザーマンは、論戦で劣勢となり、苦戦していた。

その時、「時を斬るブログ」に「反なでしこりん」として転がり込んできた。

しかし、このAlohaは「余命真理教」にも書き込んでいたので、「工作員認定」して、アク禁にしたら、今度は「サンジェルマン」というH/Nで侵入してきた。

次は、我が盟友のダヤン氏に、絡み始めたので、追跡したらイギリスのロンドン郊外から書き込んでいたので、アク禁にした。

次は「鉢物園芸愛好家」として、アクセスしてきたが、誹謗のコメントは無かったので、承認放置してきた。

そうしたら、今年になって馬脚を現したのだ。

ロンドン在住の「朝鮮人オカマ」だと推定される。

 

《ネットストーカーは朝鮮人オカマの民族芸》

その執拗さに呆れ、怒りを感じる。

しかし、DNA、ヒトゲノムレベルでそうなのだから、本人たちは、「罪の意識」はない。本能でやっているだけだ。

現在は、当然「アク禁」にしている。

ちなみに、「ナデシコリン」は2017年2月に「リウマチ」を理由に、ブログを休載しているが、真相、及び正体は依然として不明である。

 

《「草もち」一派》

「草もち」「菓子パン」「匿名希望(本名記載あり)」

偶に、レアなネタを持ち込むので、承認してきたが、創価学会員のKUONのことを「神道の由緒ある家柄」と誤誘導してみたり、

他のH/Nで誹謗したり、してきたので、追跡したら、常に、練馬区の豊玉小学校の隣の区画の、昭和風の土地、庭付きの一軒家を指していた。

是非、現地に訪れて確認したいものだが、交通費が無駄なので止めた。

「イザーオフ会」の常連の、創価婦人部の工作員部隊と認定してコメントを全て、削除の上、「アク禁」とした。

推測だが、既に所有者の住んでいない一軒家を創価学会が借り上げて、複数の工作員が出入りする「工作拠点」となっていると思う。

★気になったのは、この「草もち」がダヤン氏に、執拗に質問し、知識を引き出していたことだ。また、イザーマン本人の「電光影裏」も、ダヤン氏に、執拗に質問してきたことだ。

「生涯盗作一筋」のイザーマンが、次は「英語ブログ」の盗作とダヤン氏得意の「陰謀論」関係の盗作を狙っているのは明らかだ。

実は、ここでは明かせないが、イザーマンが既に「盗作用の受け皿ブログ」を準備しているのを確認済みである。

この件に関しては、早急な対策を打つべく、現在ダヤン氏と協議中なので、その対策については、近じか、「定住読者様」にブログ上で、告知する予定です。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

5 件のコメント

  • 非公開指定さんへ

    いつも、貴重な情報有難うございます。

    これから、もっと面白くなるので、可笑しすぎて「笑い死に」しないようにね。
    私も、最近、一日中、思い出し笑いが止まらずに、脇腹と腹筋が痛いです。
    次回以降の記事を読むときは、笑いが止まらなくなった時のために、すぐ救急車が呼べるように
    ケータイを握りしめて読んでね(笑)

  • 伏見先生

    志村けんさん、柄本明さんの愉快な画像を ありがとうございました。大爆笑させていただきました。

    そのうちに、志村けんさんの、命式も鑑定していただけたら 嬉しく思います。
    ………………………………
    それと、以前に、私も先生のブログに書かせていただきましたが、小和田恆は、既に消されていると思います。
    情報が出てきませんので、あくまで推測ですが、現在もジュネーブで軟禁されているなら、それは偽者でしょう。
    公金の横領のみならず、ヤフオク事件、その他 数えきれないほどの事件の内情を知っている張本人を、「あの連中」が そのまま生かしておくハズが無いからです。

    「息をするように嘘を吐く」のが、朝鮮人なら、「紙を破るように、約束を破る」 のも、朝鮮人です。

    取り調べで、軟禁から解放してやる代わりに、真実を話せと言われれば、口止めされてても、簡単にベラベラと白状すると思います。

    • 蒼猫さんへ

      志村けんの鑑定の件、検討しておきます。私も小和田缶切り爺は、消されていると思います。
      必ず、帰ってくると言っている、井沢満=BBは、偽物が帰ってきたら、読者に「謝罪記事」を書いて
      ブログを閉鎖すべきですね。

  • 伏見様。
    記事の更新有難うございます。
    昨年夏からの戦い、一気に読ませていただきました。

    記事中の文章にもありましたが、私も伏見様のブログは
    「背乗りされてらっしゃるか、或いは非常に不利な状況にさらされてないしら?」と不安に思っておりました。
    今回の記事で、伏見様は本当に本当に健在でらっしゃる、、と安堵致しました。

    ダヤン様の「耳学問」と「脳学問」は、私には耳の痛い話で‥‥、高卒→専門学校卒 の私は、経験値だけで二つ目の事業を始め、現場担当者教育もそこそこだった為、
    マジに一日16時間の肉体労働を10日間続行、
    アラフィフおばさんは、
    昨夜心臓が止まるかと思う疲労感でやっと今日の休みを迎えました。 (主人からの注意を素直に聞いておけばよかった‥‥⤵) 
    もう少し早く、、出来れば今年の春くらいにダヤン様の記事を読みたかったです。

    思うに、耳学問組は、
    お金をいただく=何かしらの労働対価
    です。 よくお解りになってらっしゃる。
    投資は投資として利益を出しても、
    実業(私にとっては、何かしらの労働)で利益を出さないと世間様に申し訳なく感じるのは、実質高卒だからかもですね。
    あー、、主人に大迷惑をかけてしまいました。。
    いえ、スタートを切ったばかりなので、これからテコ入れして頑張りますけれど。。

    ある社長さんから、
    「自分のコピーは求めるな。
     目なら目、手なら手、足なら足、その分野で頑張れる人材を、選びなさい。 
     人件費削減で少数精鋭化したいだろうけど、本当に頭の良いグループのみにしか通用しないから、地方では無理だからね。」
    と助言を貰ってましたが、、その通りでした。

    これからも伏見様、ダヤン様の記事を楽しみにしております。

    追伸。
    出来たら、第三次世界大戦はポシャって欲しいですね。。

    • アラモードさんへ

      お久しぶりです。御心配ありがとうございます。正真正銘の本物だし、

      全く不利ではありません(笑)寧ろ、連中の方が来るしいでしょう。

      ダヤン氏の寄稿も増えるので、これからも、コメントお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。