井沢満の研究⑱四柱推命鑑定命式

⑰からの続きです。

【イザーマンその呪われた命式と自業自得の未来】

※本文とは関係のない画像です

それでは、イザーマンの命式を見ていきましょう。

 

【総合評価】多病でバランスを欠いた、多くの「地雷」を抱える「トンデモ命式」

・日中の干支が丁未で十二運が冠帯のタイプは、著名人が多く、超有名な凶悪犯も多く見受けられます。

・「殺気の星」の羊刃が3個もあります。

以下は、四柱推命の公式です。

・① 羊刃が2個以上・・・・「非業の死」を遂げることが多い。

・② 羊刃が1個・・・行運(大運、年運、月運、日運、時運)によって、暴漢に襲われるなど、不慮の事故にあいやすい。

それが3個もありますからね~今後は推して知るべきですね。

詳しくは知りませんが「ちょん吉のブログ」の作者の熊子(男性らしい)という人が、イザーマンに深い怨恨を抱いているようです。

偏印は、偏印倒食といって、食神を潰します。従って、消化器系、特に胃が弱いでしょう。

 

《食傷過多の成立》

・食神が3個もあります。食傷過多です。病弱であったり、不慮の事故にあいやすいです。

・人に疎んじられやすい隔角が有ります。

・特定の宿命星が多すぎる(3個以上)場合は、その「裏」の宿命星に近くなります。神の「裏」は傷官ですから、ぎゃあぎゃあうるさくなります。

台本屋としての能力もないのに、撮影中に監督を差し置いて、演技に口を挟むので、出演者やスタッフに嫌われます。

結果を視聴率という「数字」で示せれば皆我慢しますが、50年もやってる割には、結果らしいものを出していないので、結局、芸能業界から「総スカン」を食らって、今は、ネット空間で、ブログを「盗作」「捏造」し、日当2万円で、創価朝鮮工作員として、「非正規労働」を続けているのです。

・宗教と孤独の星の華蓋(かがい)が2個もあります。

・阿含宗を長く続け、利用するだけ利用して今は、創価の「末端工作員」です。

・生意気に天乙貴人を持っていますが、確定死刑囚や、凶悪殺人犯にも天乙貴人を持っている者はいます。悪事をはたらきつづけても逃れられるので、この星をもつことが、かえってアダになるケースがあります。

・囚獄がある。刑務所に入るかもしれません。あるいは長期入院。

・不慮の事故に注意の白虎殺が有ります。

 

《印星殺の成立》

偏印が4個もあります。

 

《雅子も真っ青の「病気の総合商社」》

かかりやすい病気を見てみましょう。

四柱を五元素に変換してみましょう。

 
年柱
月柱
日柱
時柱

 

多い5元素から並べてみましょう。

火・・・5個
土・・・3個
金・・・2個
水・・・1個
木・・・1個

★極端に少ない元素が持病やかかりやすい病気を示します。

① 「木」・・・脳の病気、

やっぱりでましたね。「解離性同一性障害(多重人格)」、「日本のビリー・ミリガン」です。

② 「水」・・・水は、血液、循環器ですから、腎臓病です。

宿命のようですね。

③ 「火」と「土」が混ざっています。

これを火土躁雑(かどそうざつ)といいます。皮膚病やアレルギー、アトピーなどに罹りやすいです。

★日柱の上干は丁(蝋燭の火)で月令を見ると、8月初旬、真夏生まれです。

暑すぎます。これを火の大過(たいか=強すぎることによる悪影響)といいます。

腎臓だけでなく、肝臓もやられているでしょう。

この状態で、水の行運(大運、年運、月運、日運、時運)が巡ってくると、神経がおかしくなります。

丁度今の10月は、壬戌、11月は癸亥で「水」の月運ですから、皇室掲示板での「発狂状態」が半端なくなるでしょう(爆)

④ 「ガン」の恐れ

「木」が1個に対して「土」が3個もあります。

通常は、木が土から、栄養を奪うので、木が土を剋すと言いますが、土が多過ぎると、「木土半剋」といって、癌になりやすくなります。

「雅子」のケースと一緒です。

小和田家再鑑定④|雅子妃|サイコパスと癌の命式

 

《DNA検査》

誰も聞いてないのに自分が日本人だととうとうと語り始めましたね。よほど、皇室掲示板で「チョーセンジン」といわれるのが、悔しいのだろう。いっそのこと正直に認めちゃえば楽になるのに(笑)

https://web.archive.org/web/20181018214306/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/1dd1df64c93eda1cf5928e39d931902b

どうせ、アマゾンかなんかでキットでやったいい加減なやつでしょう(爆)

DNA検査企業が犬のDNAを分析して「先祖はカナダ先住民」という検査結果を出してしまう

https://gigazine.net/news/20180615-dogs-dna-ancestry-testing-stupid/

DNAを検査して先祖のルーツを分析してくれるDNA検査企業に「ペットの犬のDNA」を分析させたところ、「ルーツの20%はカナダの先住民である」という検査結果が出てしまったと報じられています。

※詳細はこちらから

 

2018年

今年、2018年が、戊戌・・・傷官、けじめをつけられる厳しい年です。

2019年

来年は己亥―食神ですが、2年続けて、戊、己と「土」の年運です。

癌になりやすくなるし、土は水(血液)を濁すので、腎臓も更に悪化するでしょう。

★現在の大運は、70歳~80歳 丙子―劫財―絶で、丙(太陽)で火が大過しています。

命式中のただでさえ弱い、「水」を痛めつけるので、ひたすら、腎不全が悪化する10年です。しかも、劫財なので疲労困憊となります。

十二運も「絶」と最弱です。いいところなしです。

また巡ってくる凶星も、「血刃&駅馬の魔のペア」と、外部からの攻撃の劫殺。

病死か、大怪我か、恨みを買った人に襲われる10年です。

不慮の事故の白虎殺も来ます。囚獄も来るので収監される恐れが有ります。

★本人は根拠なく90過ぎまで生きると吠えていますが、生きて80歳を迎えることができるでしょうか。

 

次の大運は、80歳~90歳 乙亥―偏印―胎です。

偏印の大運なので、「偏印倒食」で命式の食神(生命の源)を潰してしまうので、長命も難しい。

更に、乙亥の乙(草花)は、命式中の過剰な火に焼かれるので、今以上に精神がおかしくなる。

生きているとしたら、大阪にいる「雅子の従妹」の様に、鉄格子付きの精神病院ではないか。

 

イザーマンの密教宿曜経の二十八宿は柳宿です。

 

この宿のひとの、性格的特徴をまとめると

① 一般に知性や教養がなく、悪の道に走ると徹底した悪人になる。

具体例を挙げると、「元祖少年犯罪」の永山則夫(死刑執行済み)

過去記事で扱った、1982年、藤沢母娘殺人事件の藤間清波(同上)。

四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|ベトナム戦争史⑬藤沢・母娘ら5人殺害事件

 

光母子殺人事件の大月(福田)孝行がいます。(再審請求中)

ベトナム戦争の負の遺産・慰安婦像⑤光母子殺人事件の福田孝行の命式

いずれも、残虐度、凶悪度が半端ないですね。

 

② 女性の場合

※本文とは関係のない画像です。

外見は美人でおとなしそうでも、シンはきつくしおらしさがない。口が悪く、底意地が悪い。とかく才女が多く、晩婚か後家運。

★共通するのは男女とも、人に頭を下げるのが嫌いで、人望がないことです(爆)

 

《女性の人格に憑依しても「柳宿」の性格から逃れられない》

柳宿のオカマのイザーマンが、「憑依した女性人格」が「BBの覚醒記録」だということがよくわかるでしょう(笑)

「銀蠅トド子」のキャラは、言わば、イザーマンが上記の「凶悪犯」に憑依したのと同じです。

自分では、うまく化けたつもりでも、「頭隠して尻隠さず」で見え見えなんですよ。

BBのコメ欄に、定住し「言論リンチ」を分業している「イザーミリガン」達も、みな、「柳宿的」な性格であることはもうお分かりだと思います。

 

柳宿の女性の著名人といえば、私が小学校の頃既に、主役級の女優だった若尾文子がいます。

30代の読者の人はあまり知らないかもしれません。

美人で、スタイルもよく賢そうで、ちょっとエロティックで、勿論演技も上手でした。

ただ、子供心に直感的に「性格悪いオーラ」は感じていました。

もう84歳なんですね。戦前の宮城県の第二高女といえば、相当優秀なんではないでしょうか?

ただ、かなりきわどい役柄もやったので、最初はそのイメージが付きまとい、ロケ中に、酔っ払いにからかわれて、「キィー」となって、ハンドバッグでぶん殴ったという、伝説が残っています。

また、最初の夫と離婚したとき、帰国した飛行場でとうとうと、前夫の悪口を演説したそうで、そのシーンをテレビで見た私の父は、一遍で嫌いになったと言っていました。

それにしても、再婚相手の黒川紀章は「危宿」で最悪の破壊縁なのによく添い遂げましたね。驚きです。

夫が妻を破壊する側だから持ったのかもしれません。

 

昔NHKの連想ゲームという番組に華道の先生の安達瞳子という人が出演していました。

口数は少なかったけど「性格きついオーラ」がむんむんと出ていました。

 

俳優では仲代達也ですかね。

柳宿の人は「正義の道」を行けば、よく勉強し、努力するので、自分の境地を開きますが、男女とも「孤高感」は抜けきれません。

人望に欠けがちなので、政治家や財界人に見受けないのが残念です。

ただ、全員がそうというわけではなく、先輩や同僚で穏やかで人格円満な人もいました。

いずれにせよ、柳宿の人は、「正義の道」を選び、孤高を代償として、精進するしかないと思います。

イザーマンの様に「悪と不正の道」を選べば、最後は「自滅」の道を選ぶと宿曜の原典に書いてある通りです。

続きます。

 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

※人気ブログランキングに参加しています。


無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

5 件のコメント

  • 出たーーっ!柳宿ーーっ!福田少年とお・ん・な・じ!13/5/14のブログは、イザーしか書けない内容wフィールドワークも含んだ文化人類学的内容ですw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です