人気ブログランキングに参加しています。


新展開・ハイノリーズ「井◯家の人々」|(55)井沢満・BB覚醒・ふぶきの部屋・カナダのわがまま親父、とは(総括編

  スポンサードリンク  

(54)からの続きです。

《ハイノリーズ「井◯家の人々」》

転職したほうがいいのではないのか。イザー。アリバイがボロボロだぞ。

 

 

スポンサードリンク



 

【新展開】イザーマンに自称弟出現「兄は脚本家で、代表作は「外科医有森冴子」の井沢満」

大分県で発行される新聞を見てみた。

http://www.hir-net.com/link/np/oita.html

いわゆる、地元紙系に絞ると、大分合同新聞と西日本新聞の2社となる。

本社を見ると、西日本新聞は福岡市なので、除外し、大分合同新聞という地方紙に絞って、イザーマンについて、報道した記事の記録があるか、問い合わせてみた。

https://web.archive.org/web/20180829062529/https://ja.wikipedia.org/wiki/大分合同新聞

 

担当者の男性は電話口で丁寧に対応してくれて、記事を検索してくれた。

最初は「ないですね~」と言いながらも「あ、これかな」といって、ピックアップしてくれたのが、東京支社が取材した「県出身の著名人」というコーナーでの「井澤勇治」という人物だった。

記事は2008年のもので、肩書は、当時東京都庁の秘書事務部長。

その当時、56歳だから、現在66歳で、定年を迎えていれば、東京にいるか、大分に戻っているかはわからないという。

インタビュー記事を担当者は口頭で読んでくれた。

「別府市出身で小学校2年の時に、大分市に転居、大分大学付属小学校に転入、大学は慶応大学卒で、東京都庁に入庁」だと。

インタビュー時の「本人の自己申告」だった。随分と端折った経歴だが。

その、インタビュー時に「兄は脚本家で、代表作は「外科医有森冴子」の井沢満です」と言ったそうだ。

★何のことは無い、大分県の地元主要紙が取材のターゲットに絞ったのは、弟の方で、付録のように兄がついてきたわけだ。 新聞社の担当者も、井沢満については、全く知らなかった。

 ★付け加えるように教えてくれたのは、「井沢満氏は2005年に半年間だけ朝刊に小説を連載していた」ということ。

 半年で打ち切りになったのは、余程評判が悪かったのだろうか?

 

《銀蠅トド子のブログが「イザーマン人格」に変わっている》

話は、方向転換するが、読者は気づかれただろうか?トド子の「銀蠅ブログ」が「イザーマン人格」に変わっているのを。

あえて死について考察してみる。

https://web.archive.org/web/20181117114531/https://blog.goo.ne.jp/todokotodoko/e/54b111971fd8fbb62ec950d8bd3d171e

あの、感じの悪い「ニダ♪ニカ♪」調が消えて、タイトルも「あえて死について考えてみる」と急に謙虚になり、しおらしい文体になっている。

★これは、書き手が変わったのではなく、「醜悪なトド子人格」が消えて、「弱気の時のイザー人格」にすり替わったのだ。

まさに、多重人格者の日本のビリー・ミリガンならぬ、イザー・ミリガンである。

 

《サイコパスブロガーの特徴である「死ぬ死ぬ詐欺」》

イザーマンの特徴も「死ぬ死ぬ詐欺」である。

https://web.archive.org/web/20181022083107/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/b4b391622f5c234ffa33ff5ac6e1dc08

この世を去る日を楽しみにしている私としては日が経つ速度が
速いのは歓迎なのですが、物理的に済ませねばならぬことはあるので
その点では、もうちょっとゆったり目に流れて欲しかったりもします。
日々、いよいよ浮世のあれこれに執着が薄くなり
どうでもいいような気分で生きていますが、仕事を含めて
最小限の義務はあります。

2012年12月から、こんなことを言っている。

その割には、今でも貪欲に「食欲」や「健康法」を追及している(爆)。

かつて、我々と抗争を繰り広げた「余命三年自自日記」の「余命カズ」も「死ぬ死ぬ詐欺」だった。

「カナダの足立区に住む親父」も、「余命が短いから」といって、高齢女性ブロガーを「ナンパ」しまくっていた。

 

《gooのブログにIPアドレスを抜く機能はない》

トド子がよく「IPアドレスを抜いてやる」と威嚇しているが、嘘である。

Gooにブログを持っている私が、言うのだから事実である。

かつて、運営のNTTレゾナント社に問い合わせた。

「IPアドレスを抜く機能は有りますか?」

「ありません。」

「IPアドレスを抜く機能を付けてもらえますか?」

「できません」ということだった。

 

《BBの覚醒記録=銀蠅トド子ブログを見に行くときの注意事項》

★無数に張っている、リンクやツィッターのURLは絶対に踏まぬこと。

 イザーマンは、そこに「トラップ」を仕掛けているので、不用意に踏むと、飛ばされた先でIPアドレスを抜かれる恐れがある。

私も無駄に、ツィッターのURLを貼っているコメントは「工作員認定」して弾いている。

 

《最近「工作員認定」した投稿者》

キャラ設定;高齢女性、自称低学歴、農業従事者、九州北部在住。

この投稿者は、随分と長く投稿していて、こちらも承認していたが、投稿する内容がレベルが高くて、どう考えても「高学歴者」だった。

正体は「イザーマン関係者の「ネカマ」だった(爆)

★「工作員」はこの様に非常に長い時間をかけて、浸透してくるので、「ブログ持ち」の読者は注意してほしい。

さて、話を「イザーの弟」「井澤勇治」氏に戻そう。

次号へ続きます

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

2 件のコメント

  • ○澤氏のことを詳細に検証していただきありがとうございます。氏もグルだったのですね(@_@)言葉もありません(@_@)
    都庁にも工作員が入り込んでいる!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。