人気ブログランキングに参加しています。


井沢勇治氏の履歴書③|(90)井沢満・BB覚醒・ふぶきの部屋・カナダのわがまま親父、とは(総括編

  スポンサードリンク  

89からの続きです

《沖縄の極左新聞が大々的に報道する井沢勇治》

沖縄タイムズとは・・・Wikiより

https://web.archive.org/web/20181130010510/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B9

論調

反米軍基地、平和主義、非武装中立の立場をとる。安倍晋三政権の憲法改正案や集団的自衛権の解釈変更に反対している

『新南島風土記』などを著した新川明、川満信一ら戦後、沖縄の文化を牽引した記者を擁し、1990年代には、由井晶子が全国紙、地方紙を通じ、初めて女性として編集局長に就任した。基本的な論調は起源である朝日新聞に近い

以上

 

琉球新報とともに県内シェア98%を占める、有名な極左新聞です。

2016年7月吉日 沖縄タイムズ

公財)東京都中小企業振興公社

「日タイ優良企業 製品・技術発表会」開催!

日タイ企業10社へのマッチングにトライすることができます

日時:2016年7月28日(木)13:00 ~ 17:40(開場12:30~)

会場:東京都立産業貿易センター 台東館8階第2会議室

講師には、タイ王国からピチェット科学技術大臣をお迎えし

◆当日スケジュール

13:00~ 開会挨拶

・公益財団法人 東京都中小企業振興公社 理事長 井澤 勇治

13:10~ ビジネスセミナー/タイにおけるフードイノポリスについて

・タイ科学技術省 ピチェット科学技術大臣(予定)

以上

沖縄のみならず、全国的にも有名な、この極左新聞が、大々的に名前を報道するということは、イザーマンと自称弟の井沢勇治はやはり、中国人民解放軍の総参謀部の派遣した中国朝鮮族工作員と、在日土台人の「ハイノリーズ」疑似家族だと言わざるを得ない。

★究極の目的は「佐伯徳仁と小和田雅子の即位」、「女系天皇の容認」による「皇統の断絶」と中国人民解放軍の軍事侵攻の手引きなのだ(怒)

 

 

スポンサードリンク



 

 

《イザーマンの全くリアリティーの無い家族の話》

向田邦子風のホームドラマを書いてもヒットしないのは、向田氏と違い、イザーは、まともな家族に属したことがないからではないか。

2012年9月14日の記事

https://web.archive.org/web/20181021122429/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/f4567b874c413170d588b5a84e304b58

果物を食べないほうだったのですが・・・・

喫煙を止めてから味覚が激変してかなり口にするようになりました。

八百屋にブドウを買いに行ったら、ふとスイカが目に入り「これが最後」とふとひらめいたのでw (たまに微弱な霊感が働く)買ったら案の定で、おばさんが「これが最後なんですよ、仕入れに行ったら価格が3倍になっていたので、もう入れないの」

美輪明宏さんに比べれば赤ん坊みたいな霊感ですが、まあ役には立ったかも。

それで思い出したのですが、予知映像を美輪さんがらみで見たことがあります。

ある日脈絡もなく、かなりクリアな映像で私の母が美輪さんのコンサートに出かけているのが見えたのです。
なんだろう? と思いながらも放っておいたのです。母は九州在住で車椅子の要介護の身で、身動きもままなりません。

ところが翌日、母のお世話をしてくださっている方から電話で、「切符がとれたのでお母さんを美輪さんのコンサートにお連れします」さすがに驚きました。美輪さんが大分市でコンサートをなさることすら知らなかったのですから。まして母が車椅子でコンサートに出かけるということなど思いつきません。

美輪さんのチケットは入手困難なので、その場で美輪さんのオフィスに電話して1枚押さえていただき、私も大分に飛んだのです。

開幕前と終演後に母やそのお友達の方々と共に楽屋を訪れ、美輪さんは基本的に写真撮影禁止なのですが、特別に写真を一緒に撮っていただきました。母にはいい記念になったと思います。美輪さんが歌っていらっしゃる間母は号泣状態でしたが、後に美輪さんから別件でお電話を頂いた時、「お母様は」*******?」と本人と身内しか知らないことをズバリと言われたのでした。

以上

★これは、自分の霊感を誇り、「カルト宗教」を創設する目的の「下手くそな台本」に過ぎません。その「狂言回し」として大分に住むという「キャラ設定」の存在しない母親を登場人物に引っ張り出しただけです(爆)

この話で、車いす生活を強いられる実母という悲壮感が感じられたでしょうか?

「大分」というのは「背乗り相手」が大分出身というキャラ設定だからに過ぎません。

この一話なら「仙台」でも、「新潟」でも何も影響は有りません。

イザーマンの両親も兄弟も親類縁者、一族に至るまで、皆、中国の朝鮮族自治区にいるのですから、「郷里大分」と「存在しない両親」のことを書いても笑えるほど全く「生活感」が感じられないのです。

 

《井沢(井澤)姓の全国分布を調査する》

https://web.archive.org/web/20181129140536/https://name.sijisuru.com/Area/map/%E4%BA%95%E6%BE%A4

井澤姓は

神奈川、東京が突出して多く、大分は極端に少ないです。

井沢姓は

東京、神奈川、長野、兵庫が突出して多く、やはり、大分は少ないです。

井沢姓は大分は約110名です。

★大分県の民団関係者に聞くと「大分県の在日韓国人で、井沢姓、または井澤姓の通名は多い」そうです。「チョンザワ」といったところでしょうか?

ということは、「大分県立舞鶴高校を卒業したことになっている井沢満なるひと」は、実在したが、現在、存命なのかは別にして背乗りされた「土台人」だった可能性が高いです。

何故なら、現在のイザーマンに、「郷里大分の痕跡」が皆無だからです(爆)

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

2 件のコメント

  • 年老いた飼い犬について書かれたブログの方が気持ちがこもっていますよね。母親については、実に薄っぺらいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。