人気ブログランキングに参加しています。


変態性欲|(113)井沢満・BB覚醒・ふぶきの部屋・カナダのわがまま親父、とは(総括編

  スポンサードリンク  

112からの続きです。

《ホモ、ゲイを超えた犯罪的な「変態性欲」と女性に対する憎悪》

女優に「排尿シーン」の演技を求める

2017年7月24日の記事

https://web.archive.org/web/20181118072649/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/ceeb723cad492496b2d898e095b36491

タイトル;草むらのおしっこシーン

尿意が切迫したヒロインが、草むらにしゃがんで用を足すというシーンを昔から書きたいのですが、どの女優さんも承知してくれません。

むろん、リアルにしゃがむ姿を映すわけではないのですが、排尿というイメージが、嫌なようです。

ベテラン女優さんですが、失禁したシーツを夜中にひっそり風呂場で洗うシーンに難色を示し、引き受けていただけなかったこともあります。

性的シーンで驚くほど放恣な演技をする女優さんが、なぜ人間の生理的側面に抵抗を示すのか、よく解らないでいます。

草むらや、失禁に生理的抵抗感がおありなのか。

失禁は映すわけではなく、シーツをひっそり洗うだけでそれが自ら老人ホーム行きの動機になるシーンなので、そこは書き換えるわけには行かず、他のベテラン女優さんに演って頂きましたが。

ちなみに、便器に座っているシーンは岸恵子さん、三田佳子さん、なんの抵抗感もなく、すらっとやってくださいました。

こういうことを書いたのは女性だと、抵抗感の正体が解るかな、と思ったからです。

どうなのか、教えてください。

以上

イザー「どうなのか、教えてください」←井沢満、お前馬鹿だろ(爆)

★イザーは、「頭狂ってますね」はっきり言って(爆)

 

 

スポンサードリンク



 

 

イザーの根底にあるのは

  • 「本物の女性」に対する憎悪
  • 「人格破綻者」特有の女性蔑視
  • 犯罪的な変態性欲

「草むらや、失禁に生理的抵抗感がおありなのか。」

こんなこと、痴れっとよく言えますね。

★イザー、日本の女優さんをお前と一緒にするな(怒)

自分が平気で「糞」を食い、公衆の面前で、朝鮮風着付けの尻を端折いで、脱糞できる「排泄フェチ」の中国朝鮮族だからと言って、日本で育ったまともな女性を自分のレベルと一緒に考えるな(怒)

お前が猫かわいがりしている在日の京都のタクシー運転手の娘の三田寛子と違うんだよ。

 

《未だにベッドシーンを嫌がる女優もいる中でよく言うよ、馬鹿朝鮮カマ爺》

私が聞いている範囲では、大胆な「濡れ場」も厭わなかった名取裕子。

「血と骨」で、ビートたけしとのベッドシーンを拒否した鈴木京香。

★「性的表現の限度」を超えた演技をする女優が、単純に「プロ根性」の座った女優ではないと思う。

女優という職業の「職業倫理感」「使命感」は見るものに感動を与える「演技力」であって、「性的表現」が不可欠ではないと思う。

世界のクロサワこと、黒澤明監督が頼んだら、不承不承やる女優もいるかもしれないけど、そもそも、クロサワがそんなシーンのある映画を撮らないよ。

それが、1億2千万人の人口の日本で、最大でも20人知ってるかどうかすら疑問の、「視聴率をとれない八流脚本家」の井沢満なんかの要請を聞く女優なんかいるもんか(怒)しかも監督が竹園元レベルではな(爆)

三田寛子か藤真理子か大林雅美にでもやってもらえよ(爆)

 

 

《イザーマンの「本物の女性」に対する本音》

2018年1月15日の記事

https://web.archive.org/web/20180118211044/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/bafef71d4747c70b38a58deb17457e86

「朝まで生テレビ」を私は、見ません。

討論自体が、人の意見を食い気味の罵り合いレベルに堕しがちで、こちらの血も荒れるので。
実は私は報道番組に対しては、時に画面に「この嘘つきアマ、くたばりやがれ!!」などと怒鳴っているたぐいの、良くも悪しくも「熱い」人間なんです。

以上

イザー「この嘘つきアマ、くたばりやがれ!!」

・・・・これが「負け組脚本家」井沢満の低級人格の本質です。

★オカマとしての「本物の女性に対する憎悪」と「女性蔑視」が救いようもなく混濁しているのです。

「皇室掲示板」にも日当2万円の工作員として老骨に鞭打って、書き込んでいますが「このアマ」だの「糞アマ」だのと言うイザー独特の表現をよく見ます。

何回か引用しましたが、韓国の保守掲示板「イルベ」の翻訳サイト「カイカイ反応通信」。韓国の保守系ネチズンの書き込みに一貫しているのは、韓国に出稼ぎに来ている中国朝鮮族に対する強烈な「嫌悪感」です。

あの「犯罪性向」の高い韓国人が、朝鮮族の「凶悪さ」を蛇蝎の如く嫌ってますからね。

 

《韓国人にとって「中国朝鮮族」のイメージは日本統治時代の「馬賊」そのもの》

戦前の日本統治時代、日本領だった朝鮮半島北部の朝鮮人たちは、「満州国」ができると、耕地を持たない貧農や、犯罪者、ならず者たちが、続々中国東北部に移住していきました。

真面目に「荒地」を耕して、自分の耕地を持ち「良民」として、満州国民になったものとそうでないものがいました。

そうでないものは、広大な満州国で馬術に慣れ、略奪、強盗を生業とする「馬賊」になり、もう一派は、満州を拠点にして、朝鮮独立武装闘争を続ける「抗日パルチザン」となりました。

「馬賊」も「抗日パルチザン」もやることは一緒です。

徒党を組んで、朝鮮北部の農村を襲い、男を殺し、家に火をつけ、その妻と娘を拉致し、金目の物を盗んでまた国境を越えて、満州国の「工作拠点」に戻るのです。

犠牲者は主に朝鮮北部の「農民」でしたが、時には北部に住んでいた日本人家族も犠牲者になったようです。

拉致された妻と娘は当然レイプされ、慰み者にされ、馬賊や抗日パルチザンの男の子供を産まされて、家事労働や、農作業をやらされるのです。

この様な「朝鮮族馬賊」の犯罪が日本で起きたのが、30年前、日本中を震撼させた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」です。

4人とも朝鮮人で、主犯はニューカマー韓国人の息子と言われていましたから「中国朝鮮族」の可能性が有りました。

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)
 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です