人気ブログランキングに参加しています。


井沢満(130)鳩山幸③「鳩山幸の母は朝鮮人・韓国の施設にいる」

  スポンサードリンク  

続きです。

《井沢の「BB覚醒記録人格」による鳩山幸攻撃は既に始まっていた(驚)》

BB・鳩山幸の秘密を暴露「鳩山幸と初代アマンド社長は同朋」

BBの覚醒記録の過去記事の魚拓 2010年4月23日の削除記事

タイトル  鳩山幸さん近況

http://archive.fo/uEiOa

(前段略)

「さすがの鳩山総理も最近日中は元気がない。
しかし夜、幸夫人と一緒に食事をすると・・・」(官邸スタッフ談)

「頑張れ、頑張れ、ハ・ト・ヤ・マ!」と彼女に真顔で
励まされ、

「不思議なことに翌朝には本当に元気になっている」 (官邸スタッフ)

(中略)

不思議といえば今更ながらなんですけど、
最初の夫、田浦さんを幸夫人に引きあわせたのが、初代
「アマンド」社長らしいのですが、この存在が
どう調べても現れないのです。
通常、創立者って麗々しく述べられますよね。それが
情報皆無。終戦直後(昭和21年)の日本で、洋菓子を扱えるというのは
米軍と何らかの形(横流し含めて)で関わっていられた人?
ということは日本人ではない可能性があるかも。

夫人の宝塚時代のタニマチもこのアマンド初代社長さんらしいんですね。
端役も端役の宝塚の生徒さんのタニマチを社長が
つとめる・・・?
そこには何らかの強い“同胞意識”(のごときもの)が
あったのかも?

パリ公演にもこの方の口利きで、という未確認情報。
ただ舞台には立たず英語ができるので通訳代わりだとか。
背景として盆踊りを踊ってらした方ですから、確かにパリ公演の
舞台に抜擢、はちょっと考えづらくはありますね・・・。

あと、謎なのは鳩山首相のお母さん、安子さん。
息子の不倫の尻拭いにわざわざ渡米なさった割には
幸さんの前夫である田浦さんに慰謝料も払わないどころか
侘びの言葉すらなかったそう。

ん? お金も謝罪もなしに、なにゆえ前夫が離婚を
承諾したのか・・・。残る手段は、何と言うか・・・
“強硬な発言”?
当時のアメリカにおける日本料理やって営業権とか
ヴィザの問題で弱い立場にあったかも。一方
鳩山家はいまだ鳩山一郎さんの威光が外交にまで
及んでいた時期であろうかと想像します。
ずいぶん、上品な口ぶりながら? じんわりと
「ここはお考えになった方がよろしいのでは
ございませんか?」とか・・・・ま、妄想ですけど。

(中略)

それはさておき、探れば探るほど記述が二転三転、矛盾もあり
も夫人の略歴、こちらの頭がルーピーになりそうなのですが・・・

そもそも日本での暮らしのスタート地点から
はっきり分からないってか、デタラメっぽいんですよね。

中華民国(現:中華人民共和国)・上海にアメリカの市民権をもつ楠瀬幸雄、
秀子の二女として生まれた[1]。戦況の悪化で、昭和19年(1944年)、
秀子と二人の娘は、幸雄を残して一足先に上海を脱出した。

だが、この引揚げ船で、幸たちは死の淵に追い込まれる。

深夜、上海から日本に向けて数隻の船団で航行中敵側から
次々と魚雷の攻撃を受けた。月のない暗い空に炎が上がり、
船が一隻、また一隻と音をたてて沈んでいった。
赤ん坊の幸を抱えた母秀子は、轟音に震えながら、
ひたすら祈り続けたという。

そして、奇跡的に母娘をのせた一隻だけが日本に辿り着いた。なんという苦難をくぐり抜けてきた母娘なのでしょう!

こういう生い立ちをかいくぐってきたら、そりゃあ
多少はクセのある人になるのかも・・・といくらかは
共感を覚え始めた途端・・・

(中略)

赤ん坊の幸夫人をかき抱き魚雷の砲撃を受けながら祈ったという
お母さまは今いずこに?
お見舞いに現れた幸夫人、とか普通、写真撮られません?
それなりの病院なり施設なりにいらっしゃると思うのですが。
ハングル語を母から教わることもあります、という
お母さまなら、それなりの気配が言動ににじみ出ませんか?
普段の夫人の会話に、お母さまの動向が。
それが皆無。まったく気配すら感じないんですよね。
・・・日本にいらっしゃるのかな、とふと思ってしまいます。
今回、プライベートな用件で韓国へ、というのも
お見舞いがてらだったのでは、と想像してみたり。
解りませんけどね。

 

 

Sponsored Link



 

 

「驚天動地」の記事ですね。結論から言うと

★この「秘密暴露」は、井沢満が鳩山幸と未だ良好な関係の時期に「あなたにだけ話すんだから、絶対他言しないでね」と約束した幸本人しか知らない情報だということです。

「最初の夫、田浦さん」・・・・これは、雑誌、新聞等のメディアが漏らした情報ではありません。

「鳩山幸の過去」が週刊誌に書かれたことは過去2度ありました。

一度は鳩山由紀夫が民主党の代表となったとき。

次は、鳩山が総理大臣になったときです。

文春か、新潮かは記憶していませんが、2誌のいずれかだったと思います。

記事の趣旨は2度とも鳩山のことを「ワイフ・スティーラー(他人の妻を盗む男)」として、非難するアメリカ、カリフォルニア州の日系人たちの怒りでした。

要は、スタンフォード大学に留学した由紀夫を親切に下宿させてやったのに、息子の嫁を奪われたという、元夫とその父、周囲の日系人コミュニティの怒りでした。

鳩山由紀夫が強引に迫ったのか、幸が誘惑したのかは、芥川ではないけどまさに「藪の中」で分かりません。

しかし、被害者の「元夫」の姓まで記者が漏らすことは絶対にありません。

記者には「取材源の秘匿」という義務があり、ばらしたら、信用を失って、業界から排除されるからです。

ですから、元夫の姓を幸本人から聞いたのは井沢満であり、自分のブログで書くと、訴えられるか、政治的圧力をかけられて「芸能業界」で仕事がなくなるので

「BBの覚醒記録人格」という、多重人格者の井沢満の24の人格の一つに「匿名ブログ」として書かせたのです。

「夫人の宝塚時代のタニマチもこのアマンド初代社長さんらしいんですね。端役も端役の宝塚の生徒さんのタニマチを社長がつとめる・・・?そこには何らかの強い“同胞意識”(のごときもの」

鳩山幸の宝塚時代の「タニマチ」が六本木のアマンドの初代社長?

初耳ですね~

私は、仕事柄サラリーマン時代は、週刊文春、新潮、現代、ポスト、週刊朝日、サンデー毎日、SAPIO 写真誌全て読んでいた人間ですが、記憶にないですね。

★ということは、鳩山幸本人が井沢に「他言無用」で喋った内容以外ありえません(怒)

「強い“同胞意識”」・・・・・鳩山幸と初代アマンド社長が在日韓国朝鮮人か、中国の朝鮮族、と認定していることです。

 

BB・暴露「鳩山幸の母は朝鮮人」

「ハングル語を母から教わることもあります、という
お母さまなら、それなりの気配が言動ににじみ出ませんか?
普段の夫人の会話に、お母さまの動向が。
それが皆無。まったく気配すら感じないんですよね。
・・・日本にいらっしゃるのかな、とふと思ってしまいます。
今回、プライベートな用件で韓国へ、というのも
お見舞いがてらだったのでは、と想像してみたり。」

・・・・・・「ハングルをしゃべる母親」「日本にいらっしゃるのかな」「プライベートな用件で韓国」

井沢満=BBの覚醒記録人格は、全て知っていてぼかして書いてあるだけですね(怒)

★鳩山幸の実母は、朝鮮系で韓国の立派な病院に入院している。と言いたいのでしょう。

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋の正体

➀「同窓会」井沢満の研究と中国工作員疑惑・・☞最初から一覧

➁高知出身・岡林秀和・バランス工房の謎・・☞最初から一覧

➂復刻・銀蠅トド子とBB覚醒の正体・・☞最初から一覧

 
※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

2 件のコメント

  • s経新聞の家庭欄に認知症についての連載があるのですが、異国で結婚して何十年も暮らして言葉がペラペラになっても認知症になると異国の言葉を忘れてしまい、母国語しかわからなくなるそうです。もしかすると幸さんのお母様もそのような状況のために韓国にいるのかもしれません。それにしてもイザーは口が軽いですね。鳩山家の逆鱗に触れて旧ブログを削除せざるを得なくなったのかも。鳩山家を甘く見ていたのかもしれませんね。民主党から自民党にすりよっても当時は邦夫氏も存命でしたし、イザーの居場所なんてあるわけないのにww

    • きなこさんへ

      貴重な情報有難うございました。
      井沢は「盗作」と「裏切り」の二つの言葉で伝記(爆)を書ける中国朝鮮族です。
      まさに、民族のアイデンティティーですな(笑)
      井沢満=BBの覚醒記録人格では、民放地上波のフジテレビと、TBSに対して、根拠なき誹謗中傷を
      繰り返していますが、何故か「テロ朝」の批判だけは一切やらない。
      理由は明々白々です。昨年年頭の糞ドラマ「明日の君がもっと好き」で、台本の仕事をストーカーの様に
      要求して、やっと仕事にありつけたからです。
      テロ朝の「報ステ」なんて、「反日報道番組」の元締めですよ。
      井沢満とBBの覚醒記録人格は、頻用する「死語」と「利害関係」があまりにも一致しすぎています。
      「同一人物説」は否定できませんね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です