人気ブログランキングに参加しています。


(158)岡林秀和氏・出張整体・バランス工房②

スポンサードリンク

続きです。

《井沢満は恐らく同じマンションに住んでいるだろう》

前の記事では、あらゆる「傍証」を積み上げて、「直感」でもって推断したが、今回は、それが「確信」に変わった。

何故なら、同じマンションに井沢が住んでいなければ、速攻で部屋番号を削除する必要はないからだ。

「井沢を間接的ながらよく知る読者」さんのリーク通り、井沢が岡林と同居しているのなら、502号室に住んでいるのだろう。

レジディア神田岩本町の公式HPを見ると

・井沢満

このマンションの玄関の内側の背景写真が酷似する。

https://web.archive.org/web/20190327055601/https://www.residia.jp/housing/top/131

間取りは1R、1K、1DK、1LDK、2LDKまでで

家賃は9万2千円~23万円。

賃貸のみ。

 

スポンサードリンク



 

 

前にも書いたが、私が勤めていた証券会社の日本橋の本社ビルから十分歩いていける距離。

銀座や秋葉原にアクセスは良いが、如何せん、オフィスビル街で住宅地とは言えない。

マンションの窓を開ければ、車の排気ガスが流れ込むし、空気清浄機を回しても、フィルターは3か月で真っ黒になるだろう。

プラスマイナスを斟酌(しんしゃく;あれこれ照らし合わせて取捨すること。)すれば、月家賃MAX23万円でもリーズナブルな賃料だと思う。

しかし、井沢自身が、自分の過疎ブログで豪語していた、世田谷野沢の閑静な住宅街の一戸建て、六本木ミッドタウンのリッツカールトンのレジデンス、熱海の別荘等々が事実だとすれば、随分な落ちぶれようというしかないだろう(爆)

このマンションの間取りは最大で2LDK、井沢が岡林と同居しようとすればできないこともないだろうが、502号室が2LDKかどうかはわからない。

まして、井沢はチビで短足だが、顔がデカイ。

顔がかなりのスペースを食うだろうし、自称弟の井澤勇治氏が最高顧問を務める東京都中小企業振興公社の経費で買い漁ったであろう着物が大量にあるはずだから、収納スペースが必要なので、恐らく同居ではないと思う。

★同じフロア―にいることは間違いないだろう。

501号室か503号室かはわからないが・・・・・

こんな「奇妙」な行動もとっている(笑)

井沢満ブログ 2016年7月31日の記事

投票に行ってわかった白髪の効用

https://web.archive.org/web/20190327063303/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/7fbb4345998d23d3d520b9defcd4085a

投票所に行き、マニュアル通りの受付を済ませたのですが、
リストから読み上げられた名前がまさかの別人名。

ゆえあって人のを預かってたのですが、それを持参したのです。
無論、そのむね受付では説明し自分の投票券を取りに帰ったのですが、
しかし、預かった人の年齢は37歳です。
・・・・・・・・受付の複数の人達、私の姿をチェックなさっていたのに、
疑いませんでした?
と、実は少々自慢も入っているわけで。

こういう時ワックスで白髪を入れていたら、「ご本人ですか」と
言ってもらえたのでしょう。
あと白髪の効用は、ふだん電車の優先席に座るのが
どうも、ためらわれるのです・・・・明らかに私より
年下らしいのに、老人ぽくよろよろと前に立たれたりすると
「どうぞ」と譲らざるを得なかった私。

白髪を入れていると堂々と掛けていられます。

自宅で家族のと間違えて持ってくる人は結構いると、受付で
聞きました。

とくだらない前置きでしたが、今回ほど一文字ずつに心をこめて
お名前を書いたことがありません。

「ゆえあって人のを預かってたのですが、それを持参した」

★他人の投票券でもってその時の都知事選(小池百合子が当選)に投票しようとしたのが、選管委委員に「見破られて」赤っ恥書いて退散したのが事実でしょう。

正式には「投票所入場券」と言います・・・Wikiより

選挙の投票所における事務処理のために事前に選挙人に交付される文書(入場券)。「投票所入場整理券」とも呼ばれる。

入場券には、対象となる選挙の名称、投票日時、投票所、選挙人の住所・氏名・名簿番号・選挙人の受付番号などがあらかじめ記されている。投票(期日前投票を含む)をする前に、投票しようとする本人の氏名が印字された投票所入場券だけを切り取ったあと、それを投票所に持参し係員に渡すことで投票用紙へと引き換えるためのものである。入場券は氏名が記された本人以外は使用できず拒否されることになる。

★「選挙権」を有する年齢に達したのち、その直後で、選挙が有れば、自宅宛て「投票所入場券」が郵送されてくる。

という、「公職選挙」の仕組みは、私も中学の時に「公民(今の教科名は不明)」の授業で習ったし、日本の「義務教育(中学まで)」を終えていれば常識です。

ここで、井沢満が、日本で「基礎教育」を受けていない、早くとも、20歳以降、日本に「密入国」した中国朝鮮族の工作員であることの「証左」でしょう(怒)

「日本の常識」と「日本の最低限の法律知識」がないから、他人(岡林か?)の投票券でも投票できると思い込んだのでしょう(笑)

HP上の生年月日から見ると、岡林は当時37歳。

https://web.archive.org/web/20160428154102/http://yurumin.com/oka.html

生年月日;1979年3月31日生まれ→2016年7月時点で37歳

「ゆえあって」と書いている以上「確信犯」であることは自分で雄弁に語っています。

★最近になって、やっと井沢満が住んでいることは間違いない岩本町のマンションを探し当てるまでは、私や、大学同窓の知人、ボランティアで協力してくれた読者様のチームで調査した限りは、 世田谷野沢→六本木→赤坂某所以降は、ようとして足取りがつかめませんでした。

何故なら、赤坂以降、「転出届」を出していなかったからです。

ですから、現在は「住所不定」で、住民税はおろか、所得税も払っているかどうかも怪しいです。

そんな人間に、選挙管理委員会から、投票券が本人宛に郵送されるはずはないでしょう(爆)

そして、前の記事でも書いたように、「運転免許証」が更新期限を切れて「失効」するはずです(怒)

続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋の正体

➀「同窓会」井沢満の研究と中国工作員疑惑‥☞最初から一覧

➁高知出身・岡林秀和・バランス工房の謎‥☞最初から一覧

➂復刻・銀蠅トド子とBB覚醒の正体‥☞最初から一覧

 
※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

4 件のコメント

  • 投票所の受付にいる人は、30代と70代の区別ぐらいつくでしょうし、『ヤマダさん』と『サトウさん』のように苗字が違えば、叩き出されてもおかしくないのでは?

    選挙権まで背乗りですか(白目)!

  • 非公開希望Aさんへ

    私も偶々見つけてびっくりしました(爆)
    少なくとも、日本で義務教育を受けた社会人にあるまじき行為です(怒)
    御推察通り、生まれて初めての投票だったのでしょうね。
    その後、小池百合子から、相手にされず、自分を正当化して、トド子の口も使って
    小池の誹謗中傷を繰り広げたのは周知の事実です。
    小池も「同胞のネットワーク」で、予め井沢の「悪評」は十分知っていたのでしょう(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です