人気ブログランキングに参加しています。


ブレクジット(7)|近代ヨーロッパ史におけるイギリス外交の原則

  スポンサードリンク  

続きです。

ブレクジット(7)|近代ヨーロッパ史におけるイギリス外交の原則

《近代ヨーロッパ史におけるイギリス外交の原則》

「欧州大陸に「イギリスに敵意を持つ統一国家」の成立を阻止する」

上記の目的を達成する手段は「外交」です。

巧みに、欧州大陸の各国を仲違いさせて、欧州に「巨大統一国家」を作らせない。

これを「勢力均衡(バランスオブパワー)」といいます。

 

《イギリスが開戦に踏み切るポイントは》

これは「地政学」という、戦後、平和ボケの中で日本で教えなくなった学問が有効です。

地政学とは・・・・Wikiより

https://web.archive.org/web/20190610074110/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%94%BF%E5%AD%A6

地理的な環境が国家に与える政治的(主に国際政治)、軍事的、経済的な影響を、巨視的な視点で研究するものである。イギリス、ドイツ、アメリカ合衆国などで国家戦略に科学的根拠と正当性を与えることを目的として発達した。「地政学的」のように言葉として政治談議の中で聞かれることがある。

歴史学、政治学、地理学、経済学、軍事学、文化学、文明、宗教学、哲学などの様々な見地から研究を行う為、広範にわたる知識が不可欠となる。また、政治地理学とも関係がある。

以上

奥が深いので、詳しい説明は別の機会に譲ります。

イギリスの「地政学上のクリティカルポイント(致命的な場所)とは

★ドーバー海峡をはさんだロウ・カントリーズ(海抜の低い国々)。ずばり、オランダとベルギーです。

①対スペイン・ハプスブルグ帝国

エリザベス1世の頃、スペイン領のネーデルランド(オランダ)では、海運や商業で豊かになった、オランダ市民たちが、「自治」を求めて、スペインのフェリペ2世に反抗していました。

そして、遂にオレンジ公ウィリアムが独立戦争を始めると、エリザベス女王はイングランド陸軍を派遣して、独立を支援します。

独立軍に手を焼いたフェリペ2世が、無敵艦隊(アルマダ)をイギリス遠征に向かわせて、大敗北し、それ以降スペインの脅威はなくなります。

 

②対フランス・ブルボン王朝

太陽王ルイ13世が、欧州制覇を目指して、オランダに侵攻すると、オランダに堤防を決壊させて、フランス軍の侵攻を阻止しました。

 

➂対ナポレオン戦争

ワーテルローの戦い

エルバ島から帰国したナポレオンの復活を阻止するために、ベルギーのワーテルローで、会戦が行われました。

イギリスは本格的にウェリントン将軍率いるイギリス陸軍を派遣して、辛勝し、ロー・カントリーを守り抜きました。

 

⑤失敗したケース;第2次大戦の対ナチスドイツ

ドイツ軍の電撃作戦に英仏軍は撃破され、イギリス軍40万は、ダンケルク(ベルギー国境までたった10kmのフランス領)から這う這うの体で、イギリス本土に逃げ帰りました。

この後、アメリカの参戦まで、イギリスはドイツ空軍による本土空襲(バトル・オブ・ブリテン)もうけ、非常な苦戦を強いられます。

 

《日本にとっての地政学上のクリティカルポイントはどこか?》

ずばり、朝鮮半島です。

明治の日本は、大日本帝国の安全保障のため、清国と日清戦争を行い、勝利し、清国軍の朝鮮半島撤退と朝鮮の清からの独立を認めさせました。

その後は、ご存知の日露戦争です。

若き「大日本帝国」は、帝政ロシアの陸軍が朝鮮半島を支配し、ロシア海軍が「不凍港」の釜山に海軍基地を作られたら終りなので、莫大な戦費と夥しい戦死者を出してまで、ロシアを破りました。

 

《韓国の釜山に「赤旗」が立ったら日本はオワコン》

確率は低いと思いますが、朝鮮半島が北朝鮮主導で統一され、釜山に「赤旗」「北朝鮮旗」が立てば、日本の安全保障の最前線は38度線から、対馬になるわけで、極めて危機的な状態になることは言うまでもないでしょう。

続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋の正体

➀「同窓会」井沢満の研究と中国工作員疑惑‥☞最初から一覧

➁高知出身・岡林秀和・バランス工房の謎‥☞最初から一覧

➂復刻・銀蠅トド子とBB覚醒の正体‥☞最初から一覧

 
※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

2 件のコメント

  • こんばんは。備後山田村の巫女です。
    なるほど、英国と日本は島国という共通点があるので、英国の外交は参考になりますね。
    私は広島県民なので、やたら平和が大事だ、平和が大事だと言われて学生時代を過ごしてまいりました。
    原爆の悲惨さをやたら感情的に訴える広島の左翼的な平和教育なんかより、国際政治学・地政学の方がよっぽど役に立つのにと思います。

    • 備後山田村の巫女さんへ

      お久しぶりです。おっしゃる通りです。高校の地理の授業は眠気覚ましに、地政学も一緒に教えたらいいんですよ。
      地政学は、戦前は常識でした。国際政治学も私が学生の頃は、ただの評論でした。
      教えていたのは舛添要一レベルですから(笑)
      今は、理論もモデルも発展し、優秀な若い学者が沢山育っていますから面白く役に立ちます。
      今後も記事で扱っていこうと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です