夢の宮~開運のツボ~の犯罪現場⑥

スポンサードリンク

夢の宮~開運のツボ~=アネザイチカの正体

日本語が不自由な理由

※⑤からの続きです。

アネザイチカのブログ「あんたたちもっと驚きなさいよ」最初の投稿記事です。

あんたたちもっと驚きなさいよ

https://archive.is/K8Awk

あたしが書いてるわ!

なんかさー、もうやってられないわよね。

フィギュアスケートの女子シングルの恣意的な得点操作のおぞましさ、世間じゃもっと騒がれてもいいハズなのよね。

あんたたちもっと驚きなさいよ!これだけの不正がなされているのよ!ってのがブログのタイトル。

あたしはスピスケはちょっとかじったことがあるのよ。ざっと9年くらいかしら?

だから氷の上で滑る感覚はわかるつもりよ。ネット上で寒いことを書いてスベる感覚もよくわかるわwわかりたくもなかったけどね!

あたしは都内在住の謎の占い師、生まれつきそういう方面に鼻が利くから職業霊能者をやってるわ。

「あたしはスピスケはちょっとかじったことがあるのよ。ざっと9年くらいかしら?」

スピスケとは、スピードスケートの事だと思うが、韓国では、アーチェリーと並んで、韓国がメダルが取れる競技の一つで、冬の五輪のメダルは、金妍児のメダルを除いては、スピードスケートによるものである。

wiki オリンピックの韓国選手団

スピスケは、韓国人にとっては、国技的な種目だと思われる。

コンスタンスにメダルが取れるということは、スピスケの競技人口が他国より多く、層が厚いのではないだろうか。

 

 

スポンサードリンク



 

起源は古いスピスケ|オリンピックの種目となったのは1924年シャモニーオリンピック。

スピードスケート

発祥の地はオランダと言われ、古くから冬の間凍った運河や川を行き来するための交通手段として発達し、13世紀頃には、木靴の底に鉄製のブレード(刃)を取り付けた現在のスケートシューズの原型が出現した。

1892年に国際スケート連盟 (ISU) が発足。

翌1893年にアムステルダムで世界選手権が開催され、これが今に残る最古の世界大会となっている。

日本には19世紀末に北海道に伝わり、その後、東北や長野など環境に恵まれた地方で競技が普及し、1929年、大日本スケート競技連盟が発足した。

オリンピックの種目となったのは1924年シャモニーオリンピックから。

1988年カルガリーオリンピックでは初めて室内リンクが使用され、以降、1992年アルベールビルオリンピックを除き、各大会で新設の室内リンクが使用されている。

1892年に国際スケート連盟が発足、五輪競技になったのは、1924年からというから古くからある競技のようです。

アネザイチカが、「スピスケを9年やっていた」とあるが、案外、本当のことを漏らしているのかもしれない。

仮に、スピードスケートを、9年やっていた、となると、小学生、遅くとも中学生、のころから始めていたというのが自然だろう。アネザイチカ=夢の宮の世代だと、その親が選手でもない限り、日本では、むつかしいのではないか。

しかし、旧共産国なら別だ。旧共産圏にとって、五輪でメダルを取るのは、数少ない結果が出しやすい国策政策だったので、国民は幼少時より、マイナーな競技でもトレーニングする環境は整っていたはずだ。

韓国のほかに、スピードスケートに関して熱心な国が、旧共産国のカザフスタンだったはずだ。この国のWiki などをみても、スポーツの欄に、フィギュアスケートの記載はないが、スピードスケートの記載はあった。

※過去記事から転載します。

《デニス・テンについて、現地カザフスタン+日本以外の世界VS日本の「認知度の絶望的なギャップ」》

例えば、ネットでカザフスタンについての「世界標準の認識」をチェックすると

カザフスタン・・・Wikiより

https://web.archive.org/web/20190710162011/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3

 

詳細は転載しませんが、スポーツの欄を見てほしい。

★スポーツの欄にフィギュアスケートの種目すらない。

従って、デニステンの「デ」の字もないのである。

Wikiの編集の最終履歴は2019年の6月15日。

編集担当者は、常に編集ノートで議論し、コンセンサス(合意)を形成しているが、現時点で、デニステンについて、特段記述する必要が無いという「合意」ができているということだ。

カザフスタンのスポーツについては、英語版もあるというので見に行ったが、

英語版

https://web.archive.org/web/20190513055404/https://en.wikipedia.org/wiki/Sport_in_Kazakhstan

親切に自動翻訳機能があったので、翻訳してくれたものに目を通したが、

ウィンタースポーツではスピードスケートがあるのみ。

こちらにもデニステンの「デ」の字もない。

無限拡散|デニス・テン(19)殺害理由 ③「英雄」は嘘

アネザイチカ一派に共通する、「デニス・テン」信仰を考えると、韓国から来たニューカマー説のほかに、カザフスタンなどの旧共産圏の高麗人の可能性もあると思っています。その場合は、ニューカマーより、日本語や漢字が不得手なのも、納得がいく。

アネザイチカが、韓国で9年やっていたのか、カザフスタンなどの旧共産国で9年やっていたのかは、わからないが、今までの言動からみて、日本で生まれ育った在日ではなさそうなところをみると、日本で生まれ育った在日ではなく、共産圏か韓国から来日の可能性が高いと思われる。

続く

アネザイチカ研究①盗作セミナー屋疑惑

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか


狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です